« 高校ジャパン勝利 | トップページ | 香港の箕内&退部選手ほか »

香港での支援イベント

香港から温かい心を感じる知らせが届いた。香港フットボールクラブでプレーする日本人、矢澤豊さんからのメールだった。矢澤さんは、英国の大学時代にロンドンジャパニーズでもプレーされていた。今は香港に住み、東日本大震災への寄付金アピールの実現に一役買った。21日、香港フットボール・クラブから次のようなプレスリリースが流れたという。

◎3月25日、 香港フットボール・クラブにおける東北地方太平洋沖地震・被災地支援イベント
《香港フットボール・クラブ(Hong Kong Football Club: http://www.hkfc.com.hk/)ラグビー・セクションは、3月25日(金)に同クラブ、メイン・ピッチで開催される国際女子ラグビー・セブンズ大会において、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震被災地への支援を目的とした義援金募金アピールを行うことを決定した。
 アピールは、3月25日午後1時より、同クラブ、メイン・ピッチ上で参加者による犠牲者への黙祷、記念撮影、また同日1時20分より試合開始となる「バリ・メモリアル・マッチ」において、元イングランド代表ローレンス・ダラリオなどをはじめとした往年のスター選手多数が参加。募金アピールへの協力をする。当日集められた義援金は香港赤十字社(香港紅十字會)を通じて日本の被災者救済の目的で寄付される予定》

バリ・メモリアル・マッチとは、2002年10月12日、インドネシア、バリ島における爆弾テロにより亡くなった香港ラグビーコミュニティーの犠牲者(内11人は香港フットボール・クラブのメンバー)の追悼を目的として、毎年行われている記念試合。香港フットボール・クラブのラグビー・チームと、「ポット・ベリー・ピッグス(ビール腹の豚ども)」という名の遠征チームの間で行われる。

今年のバリ・メモリアル・マッチ参加予定の著名選手は次の通り。ローレンス・ダラリオ(元イングランド代表主将)、ジョージ・グレーガン(元オーストラリア代表主将)、ガレス・チルコット(元イングランド代表・主将)、ジェイソン・レナード(元イングランド代表)、マーク・エラ(元オーストラリア代表主将)、デヴィッド・キャンピージ(元オーストラリア代表)ほか。

香港フットボール・クラブは、1886年に創立され、今年創立125年を迎える香港のスポーツクラブ。正メンバー約3000人を数え、ラグビーの他にサッカー、フィールド・ホッケー、スカッシュ、ゴルフ、テニス、ローン・ボウル、ネットボールなどのセクションがあり、それらのスポーツ施設を有する。

国際女子ラグビー・セブンズ大会2011は、香港ラグビー協会が主催する女子7人制ラグビーの国際大会で、女子日本代表も参加する。ほかの参加チームは以下の通り。中華人民共和国、フランス、香港、オランダ、フィリピン、アメリカ合衆国、カナダ、ロシア、台湾

この件に関する問い合わせ先=矢澤豊
Foundation Advisers Limited (基石咨詢顧問有限公司)
2008 One IFC, 1 Harbour View Street
Central, Hong Kong
yutakayazawa@foundationadvisers.com


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校ジャパン勝利 | トップページ | 香港の箕内&退部選手ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    日本のみならず、世界で支援の輪が広がっていてすばらしいことですね。東北の方々も心強くなると思います。

    投稿: 白い歯大好き | 2011年3月22日 19:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51184622

    この記事へのトラックバック一覧です: 香港での支援イベント:

    « 高校ジャパン勝利 | トップページ | 香港の箕内&退部選手ほか »