« 立ち上がる北の鉄人 | トップページ | 高校ジャパン勝利&チャリティ交流会のお知らせ »

川原医師、被災地で活動&東京セブンズ中止

スーダンで医療活動にあたるNPO法人ロシナンテスの医師・川原尚行さんは、東日本大地震の際、講演活動などで東京にいた。講演は中止になり、川原さんはご自宅のある福岡には帰らず、すぐに救急車を手配して宮城に向かったという。そして、東北国際クリニックと連携して医療支援活動を開始している。ロシナンテスのホームページによれば、「今後は、被災地での巡回診療も視野に入れ、引き続き情報収集に努めながら活動を進めてまいります。皆様からのご支援をよろしくお願い申し上げます」とのこと。この行動力には頭が下がる。川原さんの活力はきっと被災者のみなさんに勇気を与えているだろう。

ロシナンテスのホームページで「東北地方太平洋沖地震支援金」を受け付けている。
http://www.rocinantes.org/2011/03/post-51.html

17日の夕方、日本ラグビー協会から、「東京セブンズ2011」の中止が発表された。日本を含め12カ国が集う7人制ラグビーの国際大会ということで、楽しみにしていたファンのみなさんも多いと思うが、現状では中止も致し方ないだろう。地震、津波に加えて原発の事故。来日予定のチームにも不安が広がっていた。プレスリリースには次のようにある。

「地震による被害が依然拡大している状況、また現在の関東地方、東京都内における電力事情、交通機関が不安定な状態の改善が、大会開催の時期までにまだ見通せないこと、さらに選手、観客の皆様の安全性などを考慮した上で、日本ラグビー協会内で協議し、中止を決定いたしました。本大会の試合の前売チケットの払い戻しに関しては、詳細が決定次第お知らせいたします。払い戻しの際には、各プレイガイドでご購入されたチケットが必要となりますので、大切に保管をお願いいたします」

来春はきっと開催されるはずだ。観客席が笑顔でいっぱいになる日を信じて、楽しみに待ちたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 立ち上がる北の鉄人 | トップページ | 高校ジャパン勝利&チャリティ交流会のお知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さんは現地にはいかれないんですか?ぜひいきましょう!
    あとラグビー界全体で募金活動を猛プッシュしましょう。麻生氏のご子息の募金だってあれだけ集めたんだから3億円くらいはかるくいくはずです。こういう本当の正念場でラグビー界が援助できれば大きなプラスです。

    投稿: 伯爵 | 2011年3月18日 15:22

    今さらシックスネーションズのウェールズ対アイルランド戦の話で恐縮なのですが、ウェールズのフィリップスのトライ、クイックスローインだとしたら、ボールが交換されているからダメなんじゃないでしょうか…?

    投稿: らぐじ~ | 2011年3月17日 22:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51145850

    この記事へのトラックバック一覧です: 川原医師、被災地で活動&東京セブンズ中止:

    « 立ち上がる北の鉄人 | トップページ | 高校ジャパン勝利&チャリティ交流会のお知らせ »