« ブラッド・ソーン、サニックス入団 | トップページ | U20日本代表最終戦結果 »

大体大・人工芝&NEC、NTTコム新体制

20日の午前中は、東京で取材があり、正午過ぎののぞみで新大阪に向かった。夕方、大阪体育大学で行われる、ミスト付き人工芝お披露目式&現役対OBの試合に駆けつけるためだった。東京駅から大体大の最寄り駅「熊取」まで、ほぼ4時間かかった。かなりの時間、爆睡。

Members

本来はNZU(ニュージーランド大学クラブ選抜)が来日して全大体大の試合するはずだったのだが、地震などの影響で来日が取りやめになったため現役とOBが戦うことになった。

Mist

前の人工芝は8年間、ノーメンテナンスで使用し、この春から新しい最新式の人工芝に張り替えられた。人工芝は日射しが強いと表面が熱くなるのが難点だったのだが、今回の人工芝は、ラグビー界では世界初のミスト付き。芝一面から霧が噴き出してくる仕掛けがある。この日は、浪商学園の野田理事長、株式会社アストロの木村社長による噴射式。試合前の選手に永吉学長からの激励式があり、お客さんも含めて、東日本大震災とクライストチャーチの震災の犠牲者に黙祷が捧げられ、試合開始となった。

OBチームは、来季からトップリーグ昇格が決まっているNTTドコモレッドハリケーンズから新キャプテン平瀬健志(WTB)、PR松川功、CTB大川政史、近鉄ライナーズからPR中村勇輔、LO松岡勇、SH金喆元ほか、ホンダヒート、大阪府警、豊田自動織機シャトルズなどから集まった選手達が現役の挑戦を受けた。内容は激しいタックルの応酬となり、現役が最後に追い上げたが、22-21でOBが勝利した。レフリーは原田隆司さんが務めたのだが、「天然芝のように走りやすい」と、芝の感触は上々だった。

話は変わって、トップリーグのNECグリーンロケッツが、2011年度の新体制と新加入選手、追加退部選手を発表した。

GM=相澤輝雄、ヘッドコーチ=岡村要、コーチングコーディネーター=グレッグ・クーパー、コーチ=秋廣秀一、網野正大は昨季と代わらず、新任コーチに岡野清紀、ベン・ヘーリング、コンディショニングコーチのキース・ロバーツがそれぞれ決まった。また、新加入選手では、南アフリカ代表、スーパーラグビー経験者など実力者が名を連ねた。

◎新加入選手
ホッティ・ロウ
1976年3月2日生まれ。35歳
身長・体重: 198cm・115kg
ポジション: ロック
主な経歴: 1999年~2003年 ストーマーズ(スーパー14)
2006年~2007年 ブルズ(カリーカップ)
2009年~2010年 リコー
2010年~ボランド(ボーダーコムカップ)
2002年南アフリカ代表(cap7)

ディーン・バッド
1986年7月31日生まれ。24歳
身長・体重: 196cm・106kg
ポジション: フランカー・ロック
主な経歴:2009年~ オークランドブルーズ(スーパー14)

キャメロン・マッキンタイアー
1981年6月3日生まれ。29歳
身長・体重: 181cm・91kg
ポジション: スタンドオフ・センター
経歴: 2004年,2006年 クルセーダーズ(スーパー14)
2005年 ハイランダーズ(スーパー14)
2006年~2011年 カストル・オリンピック(トップ14)
2006年 ジュニアオールブラックス

◎追加退部選手=ジュウペリ・ロコツイ

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスも、2011年度の新体制を発表。既報の通り、前慶大監督の林雅人氏がヘッドコーチに就任したが、新主将は、友井川拓、副将に木曽一、栗原徹、FWリーダー山口泰生、BKーダー君島良夫ら新首脳陣も明らかになった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ブラッド・ソーン、サニックス入団 | トップページ | U20日本代表最終戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51447520

    この記事へのトラックバック一覧です: 大体大・人工芝&NEC、NTTコム新体制:

    « ブラッド・ソーン、サニックス入団 | トップページ | U20日本代表最終戦結果 »