« U20日本代表、連勝 | トップページ | NZ、我孫子、釜石OB »

セブンズフェスティバル2011

日曜日の東京は雨だった。土曜日の深夜は、JSPORTSで朝4時までスーパー15の収録があった。ブルズ対チーターズ、必見です。チーターズ、面白い!

Leiarruga

というわけで眠い目をこすりつつ秩父宮ラグビー場へ。合間に、日本代表のマイケル・リーチ選手や畠山健介選手のインタビュー。上の写真は他の取材で来ていた有賀選手とリーチ選手。今シーズンは、サントリーと東芝で対決するだろう。そして、畠山選手は、JKの等身大パネルに恐縮中。アジア五カ国対抗でゲームキャプテンになったことについて、「僕はキャプテンのタイプではないのですが、被災地にメッセージを送れるならと引き受けました」とのこと。試合後の記者会見では、自ら撮影した気仙沼の映像も披露。「もっと、こういうことを紹介する機会があれば」と話していた。このインタビューは、日本ラグビー協会メンバーズクラブの会報誌に掲載される。6月下旬に送付予定。

Hatake

降りしきる雨の中、フィールドの戦いは熱かった。応援団の大漁旗も揺れていた釜石シーウェイブスは、1回戦は敗れたものの、ピエイ・マフィレオの活躍などでコンソレーショントーナメント決勝に進出。リコーブラックラムズに19-29で敗れたものの健闘してスタンドを沸かせた。

女子7人制日本代表は、決勝でPHOENIXを40-0で破って優勝。兼松由香がMVPに選ばれた。

Women

1回戦の勝者組のカップトーナメントでは、男子7人制日本代表は、福岡サニックスブルースらを下し、決勝でも7人制日本代表経験者の成田らを軸にしたサントリーサンゴリアスを24-15で破って優勝した。MVPは、ロテ・トゥキリ。今回の日本代表は、平均年齢23歳の若さ。ワールドカップの今年は15人制日本代表選手がプロテクトされているため、若い選手しか選べない背景もあたのだが、村田亙監督が将来を見据えた編成に切り換えて強化を続けてきた。それは、ワールドセブンズシリーズのラスベガス、香港、アデレードでの活躍につながった。

トップリーグ各チームは、7人制日本代表経験者に、外国人選手を含む強力な布陣だったが、それもはねのけた。「ヤングジャパンがチームの絆をひとつにして頑張ってくれた」と村田監督は満足げ。山内貴之キャプテンも、「桜のジャージを着たからには負けられない。トップリーグの精鋭を相手にプレッシャーがありましたが、個々で勝てないならチームで勝とうと、一人で止められないなら二人、三人で行こうと言って臨みました」とほっとした表情だった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « U20日本代表、連勝 | トップページ | NZ、我孫子、釜石OB »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    この日の最大のトピックは釜石の大健闘だと思うのですが、村上さんのコメントがないというのは驚きです。

    投稿: 岩切 | 2011年5月29日 19:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51800932

    この記事へのトラックバック一覧です: セブンズフェスティバル2011:

    « U20日本代表、連勝 | トップページ | NZ、我孫子、釜石OB »