« セブンズフェスティバル2011 | トップページ | 日本A代表メンバー »

NZ、我孫子、釜石OB

ニュージーランドの知人から、「昨日のレッズとクルセーダーズの試合凄かったねー!」とのメール。だが、僕はJSPORTSで月曜日に放送されるのを録画で見る。待ち遠しいけど、楽しみが増えた。

その知人によると、ワールドカップの準決勝、3位決定戦、決勝戦は、ニュージーランド国内で3Dでのパブリックビューイングが実施されるようだ。7箇所のアリーナ、20箇所以上のシネマで放送するとのこと。決勝戦は、シネマで50NZドル、アリーナのプレミアムシートは109NZドルとか。けっこうしますね、これは。

月曜日は我孫子に行って、NECグリーンロケッツの岡村要ヘッドコーチと岡野清紀コーチにインタビューしてきた。帰り道で写真を撮らなかったことに気付いた。男前の岡村コーチファンの皆さん、申し訳ありません。

岡村ヘッドコーチは、「今年のトップリーグはウインドウマンスがないので、準備が重要」と話していた。今年の開幕戦は10月29日でそこからは休止期間なくプレーオフまで突っ走る。いつもならリーグを前半と後半に分け、休止期間に前半の課題を修正するのだが、今年は開幕戦をうまく乗り切らないと、そのまま不調を引きずって修正できないということにもなりかねない。各チーム、事前の準備を入念にしなければならない。

岡野コーチは、引退以来8年ぶりの現場復帰でBKコーチを担当する。「シンプルに前に出るBKを作っていきたい」と話していた。岡野コーチの時代は、向山昌利、川合レオといった強いCTBが思い切りよくタテに出ていた。NECといえば、鉄壁のディフェンスと、シンプルに前に出るスタイルが伝統であり、そこは変えないで指導したいということだろう。ちなみに、岡野さんのお子さんは、4人ともラグビーをしているそう(男子3人、女子1人)。みんな、続けてね。

「スクラム釜石」の関係者の方に教えてもらったのだが、5月29日、桜とシダの会と群馬惑惑倶楽部が桐生市のさくら遊園で交流試合をした。その様子が上毛新聞に掲載されているとの情報。桜とシダの会は、1968年にNZ遠征した日本代表選手を軸に結成されたチームで、毎年、各地の惑チームと対戦している。この桜とシダの会に、新日鉄釜石で主将を務めた桜庭吉彦さんやOBの谷藤尚之さんらがプレーしたとの記事だ。

上毛新聞
http://www.jomo-news.co.jp/news/a/2011/05/30/news06.htm

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « セブンズフェスティバル2011 | トップページ | 日本A代表メンバー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51810044

    この記事へのトラックバック一覧です: NZ、我孫子、釜石OB:

    « セブンズフェスティバル2011 | トップページ | 日本A代表メンバー »