« UAE戦日本代表&7人制情報 | トップページ | 堀江選手帰国&第二次パートナークラブ »

激闘史&デフラグビー情報

水曜日は日本ラグビー激闘史の発売日だった。今回は、1996年度シーズンを特集した第17号。東芝がPKから積極的に仕掛ける「PからGO」で頂点に立ったシーズンだ。もっとも、チーム内では「PからGO」という言葉は使っていなかったみたいだけれど。第34回日本選手権の記事を読んでいると、「HO薫田真広が先制トライ」とか、「肋骨骨折により欠場した村田亙に代わり先発した瀬川智広がタイミングよくパスをさばき」など、歴代監督も登場する。

17

明治は、この年、北島忠治監督が逝去。黒い襟で戦い、大学の頂点に立った。斉藤祐也選手が1年生でLOで出場している。早稲田の監督は故人となった石塚武生さんである。懐かしいメンバーだ。ヒーローは、梶原宏之さん。この本、最初の見開きの写真がいい。元木由記雄、伊藤剛臣、桜庭吉彦の集中力を感じることができる。


日本聴覚障害者ラグビー連盟広報の柴谷晋さんから嬉しいメールが届いた。

【この秋、オーストラリアのデフラグビーチームが来日し、対戦することになりました。以前からお伝えしていたように、この夏フィジーにて予定されていた、パシフィック大会は、日本、およびNZでの地震の影響により、延期が決定。しかしながら、震災直後、オーストラリアから来日希望がありました。さらに、復興支援活動を手伝いたいとの提案もいただきました。日本のデフラグビーは、これまで二度海外遠征をしていますが、国内での国際試合は初めてです。地震に負けてたまるか、と準備を進め、日本ラグビー協会からもサポートを受け、このほどオーストラリアラグビー協会から、正式な遠征の通達がありましたので、今日のご報告となりました。記念すべき試合は、11月上旬。試合会場は未定です。決まり次第、お伝えします】

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « UAE戦日本代表&7人制情報 | トップページ | 堀江選手帰国&第二次パートナークラブ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    この年の東芝は本当に凄かったscissors
    No8とSHの小野&村田、ウィングの森田、そしてFBの松田と。

    そうこのころは、対抗戦よりもリーグ戦グループのチームが本当に充実していた時代でした。
    雑誌のナンバーでも、 東芝のBKのバック3をスピードスターズとして特集していたり、してました。本当に懐かしいです。

    ぜひ、ワールドカップまでに日本国内に幅広くラグビー人気を広げて欲しいですね…
    しかし、東芝の森田選手は本当に男前ですねhappy01

    投稿: リーグ戦ファン | 2011年5月14日 14:26

    レジェンドを見るのは凄く一ファンとして嬉しいです。
    ですが、比べてはいけないかもしれませんが
    リアルなスターがラグビー界には必要です
    必ず、必ず必要なんです。

    これを組織として是非生みだして欲しいです。

    投稿: ささき | 2011年5月13日 20:53

    96年の早明戦、入院中でした。病院のテレビで大声を張り上げて、明治を応援しました。他の患者さんから、何度苦情が来た事か。勝ったと思うのですが・・・。
      多分、この試合で、私は中竹さんと出会ってると思うのですが、全然記憶が無いです。
      まさか、10年前後たって、中竹さんがきっかけで早稲田を応援するようになろうとは・・・。

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年5月13日 20:37

    柴谷さんは一度お会いした事がありますが自身も聴覚障害を持ちながら(間違ってたらゴメンナサイ)前向きな精神でチームを牽引しています。サッカーや野球は障害者の選手が時よりメディアで拝見しますがデフラグビーも取り上げられるようにお願いしますsign03

    投稿: 北の果てなる16番 | 2011年5月13日 12:31

    オーストラリアのデフラグビーチーム来日、素晴らしいことですね。障害に負けない心の強さを持った勇士たちが海を渡ってやって来てくれることだけで支援活動になると思います。
    村上さんには、このような皆が知れば感動を共有できる話題をたくさん拾い上げ続けて頂きたいと思っています。そして、ラグビーファンの内輪話を、ラグビーに関心のない人の耳に届くようにジャーナリズムの世界で発信してください。
    ラグビーのエピソードには、人を感動させる話がたくさんありますね。ルールからではなく、感動からラグビーに関心を寄せる人が増えていくことを密かに期待しています。

    投稿: 茅ヶ崎のオールドボーイ | 2011年5月12日 15:16

    PからGOへ、やはり印象的戦術で挑んだのは
    同志社岡本組。東芝より早い時期に同志社が明治に挑んだ一戦。中道選手がフランカーで戦った姿も印象的でしたね。ルール改正に対応したものでしたよね。

    投稿: ひたっこ | 2011年5月12日 12:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51645103

    この記事へのトラックバック一覧です: 激闘史&デフラグビー情報:

    « UAE戦日本代表&7人制情報 | トップページ | 堀江選手帰国&第二次パートナークラブ »