« ヒーローズ銀座最終日&後藤翔太トークライブのお知らせ | トップページ | 宇薄選手UAEへ&新潟大&御所実業 »

カザフスタン戦結果

アジア五カ国対抗に参加する日本代表は、5月7日、タイのバンコクでカザフスタン代表と戦い、61-0(前半28-0)で勝利。通算成績を2戦2勝とした。

バンコクのナショナルスタジアム。キックオフ前には東日本大震災の犠牲者への黙祷が行われ、日本代表選手は左腕に喪章をつけて臨んだ。4月30日の香港代表戦では不甲斐ない戦いぶりだった日本代表は10名のメンバーを変更。ただし、ジョン・カーワンヘッドコーチは、この大会では多くの選手に出場機会を与えると公言しており、予定通りのメンバー編成だろう。

前半2分、日本代表はFB田邉が先制トライ。LOトンプソン、FL谷口、NO8菊谷らがよく前に出ながら、テンポ素速く攻めたもの。ラックでいいボールが出せなかった香港戦から、この部分を修正したところが見て取れた。しかし、その後は、高温多湿で汗が出やすいこともあってハンドリングエラーが多くなり、ドライビングモールからのHO木津のトライなどで前半は28-0というリードに留まった。

後半に入ると、木津のこの日4トライという活躍や、途中出場のLOアイブスの好プレーもあり、徐々に点差は広げたが、ラインアウト、キックオフディフェンスの乱れなど、ミスは減らなかった。W杯イヤーの最初の段階なので、ある程度上手くいかないことがあるのは仕方ないのだが、W杯で勝つために一戦一戦課題を減らしていってもらいたい。

ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ
「畠山のキャプテンシーは大変良かったです。木津に関してもテンポよく攻撃できていました。今日の試合の成果はラックとスクラムが香港戦よりも良かった点です。ボールをもう少しオープンに回していけば、もっと点が取れていました。今日の試合はラインをうまく生かすことができなかったので、修正し、次の試合に臨みたいと思います」

畠山健介ゲームキャプテン
「今回のゲームキャプテンに指名してくれたジョン・カーワンヘッドコーチに感謝します。キャプテンとして、負けられないプレッシャーがありましたが、思い切った充実した試合ができ、満足しています。自分以上にチームのみんなが80分間我慢して、勇気あるプレーを見せてくれたと思います。東北にはまだまだ助けが必要です。今後も日本代表選手として、日本だけではなく、全世界の人たちにこのたびの東日本大震災のことを伝えていきたいと思います」

追記1◎カザフスタン戦で、日本代表のCTB平浩二選手(サントリーサンゴリアス所属)が右足首関節捻挫のため、8日に帰国することとなった。

追記2◎タイの競技場には1000人以上の日本人のみなさんが応援に行ったそうだ。現地の知人が連絡をくれたのだが、日本人会ラグビー部でポスターを出し集めたらしい。日本代表選手を勇気づけたことだろう。

Japanbank

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ヒーローズ銀座最終日&後藤翔太トークライブのお知らせ | トップページ | 宇薄選手UAEへ&新潟大&御所実業 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51610794

    この記事へのトラックバック一覧です: カザフスタン戦結果:

    « ヒーローズ銀座最終日&後藤翔太トークライブのお知らせ | トップページ | 宇薄選手UAEへ&新潟大&御所実業 »