« W杯キャプテン(アンガス&箕内) | トップページ | TL選抜監督&プレミア神業動画 »

ラグマガ&激闘史

オールブラックスのキャプテンであり、世界最高のフランカーと言われるリッチー・マコウが、ニュージーランドラグビー協会と4年間の契約を更新した。これで、ダン・カーターに続いて、2015年のワールドカップまでオールブラックスでプレーできることになる。「選手としてオールブラックスとクルセイダーズで、まだ成し遂げたいことがある」。まだまだ勝ちたいし、成長したいということだろう。マコウは現在、94キャップ。ワールドカップの日本代表戦で100キャップの可能性も。出てきてほしいなぁ。

Cover_1107_2

25日は、「ラグビーマガジン7月号」と「日本ラグビー激闘史18号」の発売日だった。ラグビーマガジン7月号は、アジア五カ国対抗の現地レポートと上田泰平選手のインタビュー。新首脳インタビューでは、パナソニックワイルドナイツの新監督、中嶋則文さんと、ヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督が登場。

中嶋監督は大阪出身。淀川工業高校から日本体育大学に進んだが、淀川工業が三洋電機の本社前にあったことが縁で三洋に入ったのだという。現役時代からコーチ研修会に通い、若くしてコーチを志していた。影響を受けたコーチは、ロビー・ディーンズ(現オーストラリア代表監督)。「今までのいいものを残しながら進化しないと、衰退してしまう」と中嶋監督。「先手をとれるチームを作りたい」ようだ。

清宮監督は、外国人選手の補強が話題を呼ぶが、トップリーグの他チームの選手にはいっさい声をかけなかった。クラブチームのタマリバから、フォラウ愛世、遠藤広太を加入させ、早稲田大学卒業ながら2年のブランクがある田中渉太を迎え入れた。「チームにマイナスになるわけがない。彼らはやるしかないんですから」。長谷川慎コーチの「見てください、この宝の山を」という言葉もいい。選手も活気づいているだろう。

震災に関するものでは、5月15日の釜石シーウェイブス対関東学院大戦のレポート。本城和彦さん(サントリー)や、千田美智仁さん(新日鐵釜石)ら、駆けつけた往年の日本代表選手が楕円球を持つ姿も。大量の大漁旗に復興への意気込みがにじむ。

人物往来では、この春から中国電力の監督になる冨岡鉄平さんの笑顔が。「僕自身、一度チームを離れて、外から東芝を見てみたいなと思っていた。ちょうどそこへ、僕が引退したと聞いて中国電力が……。今は広島にある東芝中国支社の総務部に籍を置いています」。
これまであまり聞かなかった苦労話も明かしている。「僕がここでやるべきなのは、チームの文化を創ること」。相変わらず、リーダーのオーラ発していて、かっこいい。

18

日本ラグビー激闘史は、1997年度シーズンだ。表紙は、関東学院大の大学選手権初優勝。キャプテンとして真ん中で微笑むのは箕内拓郎選手だ。準決勝の相手は大畑大介率いる京都産業大。点数、けっこう競ってるなぁ。そうそう、このシーズンは、スーパー12のブランビーズが来日していたのだ。HOポール、LOフィネガン、FBモートロックら、ビッグネームが並ぶ。率いるはエディ・ジョーンズ監督。堀越、岩渕のHB団の日本選抜、大畑の先制トライなどで勝ってます。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « W杯キャプテン(アンガス&箕内) | トップページ | TL選抜監督&プレミア神業動画 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、いつも楽しい情報ありがとうございます。富岡新監督、楽しみですね!
    3月末の引退の時は社業専念と聞き寂しいと思いましたが、早々にラグビーに戻ってきてくれてうれしい限りです。東京ではなかなか試合を観る機会もありませんが、東芝を倒す日を楽しみにしております。
    …巻末インタビューは素晴らしいお話なのですが、つらすぎます…

    投稿: ヨカロウモン | 2011年5月26日 23:30

    えーーー???冨岡元選手、この前の東芝‐中電を見たときに確かにスタンドにいたけど、てっきり東芝のコーチだと・・・。トップキュウシュウが楽しみです。

    投稿: 広島人 | 2011年5月26日 08:59

    村上さん、こんにちは。
    いよいよラグビーマガジンの発売日ですね。こちらでは大体2日遅れですので自分が手に出来るのは明日でしょうか?とても楽しみです。
    ヤマハでは田中渉太選手に期待しています。彼にはとても思い入れがあります。私がはじめて花園ラグビー場で生で初めてラグビー観戦をした時当時佐賀工業3年の田中選手が第3グランドを疾走していました。小柄ながら抜群のスピードで走る姿がかっこいいと感激し、それ以来田中選手のことは気にしています。ぜひ活躍して欲しいです。
    サニックスユースの放映も間近ですね。あわせて楽しみです。

    投稿: キリンラガー | 2011年5月26日 07:19

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51767311

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ&激闘史:

    » 清宮 克幸 『勝算あり。』 on ラグビーマガジン7月号 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    ラグビーマガジン7月号にカラー3ページにわたって、ヤマハ発動機ジュビロというか、 [続きを読む]

    受信: 2011年5月26日 22:05

    » 週刊文春「新・家の履歴書」に大畑大介 [ココロミ]
    5月26日(木)発売(6月2日号)の週刊文春、『新・家の履歴書』に大畑大介が掲載されています。取材・構成は藤島大さん。    幼少のころから、引退した現在に至るまでのラグビー人生のストーリーが書かれていています。子どもの頃、幼稚園を脱走していたこと、家業のパン屋さんを手伝った話や、アンチ阪神ファン、ラグビーとの出会い。高校、大学、神戸製鋼入社、そして、フランスでの苦労話など、人間 大畑大介がどう成長してきたかが感じられ、興味深い内容です。海外で生活をしたことによって、つくづく日本は便利で恵まれている... [続きを読む]

    受信: 2011年5月27日 00:02

    « W杯キャプテン(アンガス&箕内) | トップページ | TL選抜監督&プレミア神業動画 »