« 東京、カーディフ、7人制代表ほか | トップページ | ヒーローズ心斎橋チャリティイベント »

スリランカ戦結果

Japan4th

日本代表のアジア五カ国対抗最終戦が、5月21日(土)、スリランカ・コロンボの「セイロニーズラグビー&フットボールクラブ」にて行われ、日本代表が90-13で勝利した。最終スコアこそ開いたものの、序盤ではフラットなラインで攻撃したところをインターセプトされて逆転を許すなど、課題の多い試合だった。個々に前に出ているのに、ブレイクダウンからのテンポのいい攻撃ができなかったのも気になるところ。

6月は、宮崎、東京での合宿を経て、トップリーグ選抜とのチャリティマッチ、7月はパシフィックネーションズカップ(PNC)となる。PNCでのパフォーマンスが、ワールドカップでの飛躍を予感させるようなものにならなければ、ワールドカップキャンペーンはしぼんでしまう。大切な1カ月になる。

◎ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ
「最初の20分は日本代表のやりたいことができず、苦戦しました。しかしその後ようやくリズムをつかみ、やりたいことができました。今回のHSBCアジア五カ国対抗の目標は、まず連覇すること。加えて、日本で起こった大震災の被災者の皆さんに、チームが一丸となって、勇気を与えられるようなメッセージを、プレーを通じて届けることでした。そして、そのように戦うことができたと思います。アジア五カ国対抗では、非常に高い確率でボールを獲得することができましたが、この先、そしてワールドカップではそう簡単にはいきません。これからの合宿では、ボール獲得率のキープができるよう激しいディフェンスを、その他のプレーでは細かい精度を高めていきたいと思います」

◎菊谷崇キャプテン
「前半20分まではミスもありましたが、それ以降は、やりたいことがある程度できたとは思います。チームメイトの家族にも被災された方がいるなど、今回のアジア五カ国対抗に参加することに関して、多くの方々の協力やサポートをいただきました。今回の4試合、我々が勇気を持ってプレーすることで、被災者の方にも、勇気を届けることを常に意識して試合に臨みました。このシリーズで生まれたチームの結束力を財産として、パシフィックネーションズカップに向かっていきたいと思います」

◎A5N最終戦結果
日本代表○90-13●スリランカ代表(前半31‐7)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東京、カーディフ、7人制代表ほか | トップページ | ヒーローズ心斎橋チャリティイベント »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    上田選手は4試合全てに出ていましたが、彼のアタックセンスとディフェンスはどうですか?是非PNCでも上田選手をみてみたいです。

    投稿: ラガーマン | 2011年5月23日 11:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51744557

    この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ戦結果:

    « 東京、カーディフ、7人制代表ほか | トップページ | ヒーローズ心斎橋チャリティイベント »