« ダン・カーター決断ほか。追記 | トップページ | 東京、カーディフ、7人制代表ほか »

スリランカ戦メンバー

Skyt

19日は東京で昔からお世話になっている人に会った。仕事にプライドを持ち、真摯に取り組んでいる人たちに会うと、気持ちがいい。スカイツリーの近くを通りかかったので、写真撮影。

5月21日の対スリランカ代表戦の日本代表出場予定メンバーが発表になった。スリランカのコロンボといえば、僕は2度行っている。1990年だったかなぁ。ラグビーのアジア大会で訪れて、すごくいい国だと思って、もう一度旅行で行った。アジア大会で行ったとき、キャンディという日本でいう京都みたいな街のラグビーチームのクラブハウスに、昔の日本代表の集合写真を発見したときは、すごく嬉しかった。スリランカの子供達とランパスもした。ラグビー文化のある国なのである。夕日が綺麗だったなぁ。

◎対スリランカ代表戦日本代表出場予定メンバー
1畠山健介、2木津武士、3藤田望、4大野均、5トンプソンルーク、6菊谷崇、7タウファ統悦、8谷口到、9田中史朗、10ショーン・ウェブ、11小野澤宏時、12今村雄太、13アリシ・トゥプアイレイ、14宇薄岳央、15立川剛士/16湯原祐希、17川俣直樹、18ジャスティン・アイブス、19マイケル・リーチ、20日和佐篤、21ジェームス・アレジ、22田邉淳

ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ「前回のUAE戦は、チームが目指す、良いパフォーマンスで勝利することができました。アジア五カ国対抗最終戦であるスリランカ戦では、ラグビーワールドカップに向けて大切な選考対象となる試合ですので、選手にはしっかりと結果を出してもらいたいと思います。今年、スリランカ代表は、下部リーグからトップ5に昇格したチームであり注目しています。最終戦では、小さなテクニカルの部分、特にレッグドライブ、ボディポジション、ユニットを重点的に常に意識して、激しいパフォーマンスを見せて欲しいと考えています」

菊谷崇キャプテン「アジア五カ国対抗優勝、4連覇が決まった後の試合なので、チャンピオンとして恥ずかしくない試合を、日本代表としてのプライドを持って、戦いたいと思います。ラグビーワールドカップに向けて、勝ち残るためにも、代表メンバー、一人ひとりが高い意識のもとに、またチームの勝利に貢献できるよう全力でプレーしたいと思います」

5月29日(日)、秩父宮ラグビー場にて開催される「セブンズ フェスティバル 2011」の試合スケジュール及び組み合わせが、決定した。詳細はコチラ。釜石シーウェイブスもやってくる。観戦可能のみなさんは、ぜひ秩父宮ラグビー場へ。

コカ・コーラウエストレッドスパークスが、「山口県招待ラグビーで、ちびっ子ラグビー教室を開催する。

■日時2011年5月22日(日)10:00~11:30
※14:00から早稲田大学対明治大学
■場所 下関市営陸上競技場
■対象 山口県内 小学1年生~中学3年生の少年・少女ラグビー選手約140名
■講師 コカ・コーラウエストレッドスパークス ラグビー部コーチ・選手など9名

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ダン・カーター決断ほか。追記 | トップページ | 東京、カーディフ、7人制代表ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    22人中6~7人を占める外国人勢。本当に日本代表かと、我が目を疑っております。
     外国人枠は不要と思っていましたが、ここまで来ると・・・。
     日本人プレーヤーたちの、素材と頑張りに期待したいですが、そんなプレーヤー出てきてくれるかなー?

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年5月21日 06:37

    リオデジャネイロ・オリンピックからの7人制ラグビーについての質問なんですけど、現在IRBセブンズワールドシリーズでイングランドが好調ですが、IRBが主催のこのシリーズは各ユニオン毎にチームを派遣してますが、オリンピックは国籍になると思うのですが、そうすると3文字表記はGBRのもとにイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの連合チームを派遣すると考えていいのでしょうか?アイルランドラグビーユニオンはアイルランド共和国と北アイルランドのアイルランド島を構成する人々の代表チームを普段は派遣してますが、オリンピックになると北アイルランドの人を除いたアイルランド共和国のチームを派遣するのでしょうか?スケジュール上、オリンピック直前までIRBセブンズワールドシリーズを戦いながら、終わり次第、国籍でチーム訳するとチームを初めから作ることになるので厳しい感じします。確かサッカーは4つの協会がワールドカッブにはそれぞれ出場しますが、オリンピックはイギリスとして連合チームは作らないのでチームを派遣してなかったですが、ロンドンオリンピックは地元だから連合チームを作ろうとしましたが、イングランド意外の3協会が「独自性が失われる」と参加せず、イングランド単独チームが出るようです。15人制は4年に一度、ホームユニオンの4協会が国籍で言えばイギリス代表とアイルランド共和国代表の連合チームをブリティッシュ・アイリッシュ・ライオンズを南のトライネーションズに派遣してますが、7人制と15人制、サッカーとラグビー、ユニオンと国籍と違いがあるなか、リオデジャネイロ・オリンピックではオリンピックのルールにのっとり、イギリス代表とアイルランド共和国代表を派遣すると思いますが、北アイルランドにジョナ・ロムーみたいなスーパースターが出現したら、普段はアイルランド代表としてプレーし、オリンピックではイギリス代表として、アイルランド共和国代表とも戦う可能性もありますが、うまくいくのでしょうか?また、オリンピックに採用されるならセブンズワールドカップをオリンピックにしてもいいようなことを言い、正式種目に採用されましたけど、ワールドカップはユニオン、オリンピックは国籍と出場資格が違いますが、4年に一度の最高峰の大会はどちらになるのでしょうか?代表に外国籍の人が居る日本も他人事ではないので、村上さんの見解をお聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

    投稿: ドニントンパーク | 2011年5月20日 14:47

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51717077

    この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ戦メンバー:

    » ラグビーW杯イメージソングをflumpoolが担当 [ココロミ]
    ラグビー日本代表の応援歌か。いいんじゃないか、いいんじゃないか、そういう動き。「flumpoolがカーワンジャパンに応援歌」(sanspo.com 2011.5.22)ってあります。ラグビー日本代表の「応援歌」を、人気グループのflumpool(フランプール)が作詞、作曲することが21日、わかった。9月のW杯を放映する地上波の日本テレビとCS放送のJスポーツが中継時に使用する。flumpoolは、20代4人組によるグループで最近2年連続でNHK紅白歌合戦に出場している。fiumpool公式サイト に... [続きを読む]

    受信: 2011年5月22日 15:48

    « ダン・カーター決断ほか。追記 | トップページ | 東京、カーディフ、7人制代表ほか »