« 日本A代表メンバー | トップページ | U20日本代表、決勝へ »

エディさん講演

6月になった。ワールドカップ2011まであと100日である。31日の火曜日は東京にいたので、赤坂で開催された第12回「みなとスポーツフォーラム」に行き、エディー・ジョーンズさん(サントリーサンゴリアスGM兼監督)の話を聞いてきた。

Edi1

エディさんは、まずこう切り出した。「私は2003年、2007年のワールドカップにコーチとして関わる幸運を得ました。14試合戦い、13勝しました。負けたのは、2003年の決勝戦だけです。その経験を皆さんと共有し、お話ししたいと思います」。いきなりお客さんを引き込む。エディさんは、2003年大会はオーストラリア代表監督として準優勝。2007年大会は南アフリカ代表のテクニカルアドバイザーとしてジェイク・ホワイト監督の右腕となり、優勝を飾っている。

Edi2

「ワールドカップで優勝しようとすれば、5名から6名のワールドクラスの選手が必要です。私がオーストラリア代表の監督を引き受けた2000年当時、ワールドクラスの選手はジョージ・グレーガン、スティーブン・ラーカムの2人しかいませんでした。まずは、ワールドクラスの選手を作るところから始めなければならなかったのです。2003年6月、ニュージーランド(NZ)に50-24で敗れました。私のコーチ経験のなかでも最悪の敗戦です。あらゆる側面から私はチームを一から見直しました。また、NZとは本大会の準決勝で当たると予測できたので、徹底的に分析しました」

興味深い話が次々に出てくる。NZ代表対策としては、3つのポイントをあげた。「一つは、彼らの得点の8割がキックリターンからのものだった。だから、キックリターンをさせないようにする。二つ目は、SOカーロス・スペンサー。彼は素晴らしいプレーヤーですが、普通のプレーを続けると変わったことがしたくなるところがある。プレッシャーをかければ崩れる。徹底的にプレッシャーをかけることにしました。そして、3つ目は彼らに考えさせることです。NZはフィジカルでスピードあるチーム。考えさせると自信をなくす傾向がある。彼らがワールドカップで勝てない理由です。これを軸にゲームプランを練り、2003年の準決勝ではキックオフから90秒、ボールを蹴らずにボールを動かし、NZのペナルティを誘いました。私はここで勝利を確信しました。心理戦で優位に立てたからです」

こんな感じで、ずっと世界トップレベルの経験を惜しげもなく語ってくれた。日本代表については、こんなふうに話した。「フィジカルは伸びている。外国人選手を選出することでプレーの深みも増し、サイズ面の問題もクリアしている。組織力も高い。ただ、ワールドカップで勝てるチームの15人の総キャップ数は600は必要です。これは平均すれば一人40キャップであり、4年間、代表でコンスタントにプレーしていることを指します。この部分で日本はキャップ数が少なく、世界の強豪とは差があります。日本ラグビーの目標は2019年のワールドカップ(日本開催)でしょう。この大会の成功には自国の代表が優れていなければいけない。日本のスタイルを作る上げることが必要です。リーダーを育てる必要もあります。2019年でベスト4に入るためには、2012年から始めなければなりません。その選手達が2019年になれば、トップ15人の総キャップ数は600を超えるはずです。NZ代表の15人は、880キャップほどになります。これを、グラハム・ヘンリー監督は8年間で作り上げました。日本も同じプロセスを踏まなくてはなりません」

ざっと覚えているだけでも、いくらでも書けてしまうが、スーパーラグビーで通用する日本人選手として堀江翔太と日和佐篤の名をあげていた。「2019年に向かって日本ラグビーをサポートしたいと思います」という力強い言葉で第一部は終了。質疑応答の時間では、お客さんから「日本協会からオファーがあったら日本代表の監督を引き受けますか」という質問が出た。エディさんは答えた。「日本協会はビジョンを持つべきです。人材も必要だし、そういったことが整えば魅力的な仕事です。しかし、整わないならば魅力的とは言えませんね」

6月26日にはトップリーグフィフティーンを率いて日本代表と対戦する。「東日本大震災の被災者への義援金が少しでも多く集まることを願っています。チームが集まって練習する時間は2日しかありませんが、それで十分です。魅力的なラグビーをお見せします」と笑顔で語った。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本A代表メンバー | トップページ | U20日本代表、決勝へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    フィジーがW杯ボイコットの話は現実になってしまうんですかね…

    投稿: ファイブエイス | 2011年6月 2日 00:10

    私も拝聴しました。エディさんの 2003年 2007年の結果 去年のサントリーの躍進は、必然であって 私達や協会は、彼が 今 日本にいる事の幸運さを もっと アピールする必要があると思いました。 いや 2019年を見据えて 準備の為に 今があると思いたいです。
    今までの講演で 最高の中身でした

    投稿: 横山 | 2011年6月 1日 12:57

    きのう、バースデイを迎えました。選手の大半は年下なんだろうな・・・と思われます。

     ちなみに、私は、NECの某選手と生年月日が一緒です。(あ、歳がばれる)

     ベテランも中堅も若手も、皆頑張れ!!
     あと、村上さんも頑張って下さいね。

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年6月 1日 11:26

    エディさんの講演会場でお見かけしましたよ。トップリーグの稲垣さん、サンゴリアスOBのSH田中さんなど現在のラグビー界を支えている皆さんが来場されていました。皆さんそれぞれの立場で明日を考えるヒントを求めているようで、エディさんの話が会場に吸い込まれていくような雰囲気でした。
    少し話題が逸れますが、ラグビージャーナリストの皆さんが日本代表の話題の中で使う「外国人」という言葉がとても気になります。
    実況中の村上さんは気を使って国籍取得の話題を入れて、暗に「彼は日本人になったんですよ」と伝えようとされているのだと思いますが、そういう気遣いを感じられない発言をする人が多いように思います。海外生活を経験していない人が多い日本では、若くして日本に留学して来た選手の気持ちが理解されにくいのだと思いますが、目の色や肌の色が少し個性的な新しい日本人を日本人として受け入れる心を持ちましょう。ホラニやトンプソンを外国人という人には、彼は日本人ですよと言ってもらえませんか?

    投稿: 茅ヶ崎より | 2011年6月 1日 10:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51822430

    この記事へのトラックバック一覧です: エディさん講演:

    « 日本A代表メンバー | トップページ | U20日本代表、決勝へ »