« 大東チェアマンに会う | トップページ | チャリティマッチ・ノーサイド »

チャリティマッチへ行こう!&旅立ち

土曜日の午前中は、秩父宮ラグビー場で日本代表の練習を取材。まずは、オールブラックスのマーア・ノヌーがいて驚く。日本チーム入りか、はたまた日本代表の偵察か。報道陣の間でもいろんな憶測が飛び交ったが、どうやら前日、都内のホテルで行われたNZ大震災のチャリティディナーに出席するために来日し、表敬訪問となったようだ。JK(ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ)とも談笑していた。明日も来るかな?

日本代表は大型ビジョンにサモアの試合の映像を流しながら、ディフェンスのチェック。「その都度、確認しながらできるのは選手としてはやりやすい」とは畠山健介選手。明日のチャリティーマッチでいい試合をして、PNCの第1戦のサモアに勝利する。そんなイメージでの練習だった。

Conf

12時からは、日曜日(26日)のチャリティーマッチの両監督、両主将、そして、トップリーグフィフティーンの箕内拓郎選手が出席しての記者会見が行われた。最初にコメントしたのは、日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチ(JK)だった。「エディー・ジョーンズ監督、そして集まってくれたトップリーグの選手に感謝したい。明日の試合はチャリティが目標であり、東日本大震災で被災された方々を思ってプレーすることが大切です。選手同士は友人だし、私とエディーも友人ですが、80分間は真剣に戦う。両方がベストなパフォーマンスをすることが東日本の皆さんへのメッセージにつながると思っています」

トップリーグXVのエディー・ジョーンズ監督(サントリーサンゴリアスGM兼監督)は次のようにコメント。「明日は、東日本の皆さんを思ってラグビーをしたいと思います。また、JK、および日本代表に対しては我々の方からタフな試合を提供したい。なぜなら、日本代表は、ワールドカップに向けた重要な時期だからです。あと、もう一つお見せしたいのは、トップリーグの強み。集合してから練習を2回行い、それから、お酒を酌み交わしましたが(笑)、もうみんな打ち解けています。今回の合宿を通して、お互い知り合っていく中で様々なことを学びあっています。良い試合ができると思います」

今回のトップリーグXVチームのキャプテンに指名された廣瀬俊朗選手は、「僕自身は怪我もあって、出場時間は短いと思いますが、一生懸命やりたい。震災が起こった後、今は、スポーツの価値が問われている。スポーツができることは何かということを、色々な人が関心を持っていると思います。ラグビーでは何ができるのかを見せることが、今回の目的の一つですし、ワールドカップに繋がると思います」といつも通りに冷静に語り、箕内拓郎選手は、「この2日間、高い質のよい練習ができているので、良い試合ができるのではないでしょうか。その仲間たちとエンジョイしたいと思いますし、ジャパンとやれることも非常に楽しみです」とコメントした。

メンバーは、日本協会のホームページをご覧にただくとして、平浩二と仙波智裕の同志社大学同期のCTB対決や、WTB遠藤幸佑と山田章仁のマッチアップなど、楽しみな対決が多いメンバーだ。JKは、「扉は閉ざしていない」と発言しており、いいパフォーマンスをすれば、ワールドカップ出場に可能性を残す選手もいる。それぞれに思い切ったプレーを期待したい。観戦可能のみなさんは、ぜひ秩父宮ラグビー場へ。募金のほうも、お願いします!

追記◎25日夜、元女子日本代表で、京都ウィメンズに所属する鎌多春香さん(30)が、オーストラリアへのラグビー留学に旅立った。現地で、プレーもし、コーチングを学び、京都の女子ラグビー、そして日本の女子ラグビーを盛り上げていこうという目的である。鎌多さんとは、同じ京都ということもあり、何度か話す機会もあって、いろんな思いを聞かせてもらった。今年1月に交通事故で亡くなった田中智絵さんとは女子日本代表でともにプレーし、京都ウィメンズでもずっと一緒に練習した親友だった。教員である田中さんが京都の中学ラグビーの基盤を築き、鎌多さんが海外でコーチングを学ぶ。そして2人で京都の女子ラグビーを発展させていく。その約束が突然の事故で引き裂かれた。田中さん亡き後、鎌多さんを引き留める声もあったが、親友との約束を果たすため自費で2年間の留学を決めた。パスで勝負できる選手を育てるのが目標だ。
たくさんいろんなこと吸収して帰ってきてください。ラグビー仲間たちと京都で待ってます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大東チェアマンに会う | トップページ | チャリティマッチ・ノーサイド »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ノヌーいたんですか!
    今日もいてくれたらいいなぁ。
    昨日はサントリーのオープン戦を見てきました。
    今年もアグレッシブアタッキングラグビーは健在でした。
    選手との距離も近くてとても迫力満点で楽しかったです。
    選抜の選手達のサインも貰えたし、今日は思いっ切り楽しみたいです。

    投稿: 田舎のプロップ | 2011年6月26日 08:01

    明日はキャップ対象なんですか?

    投稿: その辺の人 | 2011年6月26日 00:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52040703

    この記事へのトラックバック一覧です: チャリティマッチへ行こう!&旅立ち:

    « 大東チェアマンに会う | トップページ | チャリティマッチ・ノーサイド »