« コベルコSフェスティバル内容 | トップページ | フィジー戦結果&お知らせ »

激闘史ほか

土曜日の夜、スーパー15の決勝戦(レッズ対クルセイダーズ)がJSPORTSで放送されたのだが、どうしても生放送では見ることができず、録画しておいたら、ほとんど野球になっていた。ずれたのか。というわけで、次の番組予約のほうにハイライトと表彰式だけ入っていた。だから、試合内容について詳しく言及できない。明日(13日)朝のリピート放送見て、そのあと、トンガ対サモア、日本対フィジーと、続けて見るしかないなぁ。

スーパー15決勝を戦ったレッズ(オーストラリア)、クルセイダーズ(ニュージーランド)両国が、これから始まるテストマッチシリーズに向けて代表スコッドをすでに発表している。ニュージーランド代表オールブラックスでは、ジョー・ロコゾコ、ルーク・マカリスター(ブルーズ)、ロビー・フルーエン、ショーン・マイトランドらが落選。シヴィヴァトゥ、コーリー・ジェーンもバックアップメンバー。競争激しい。

オーストラリア代表ワラビーズのほうは、レッズから大量に入った。FLボー・ロビンソン、WTBディグビー・イオアネ、ルーク・モラハン(レッズ)、このあたりは楽しみだ。日本から帰国してワラビーズ復帰を目指したマーク・ジェラードも入っている。ワールドカップの最終メンバーに残るかどうかは、今後の活躍次第。

21

さて、水曜日は「日本ラグビー激闘史」の発売日。今号は、2000年度シーズン。神戸製鋼とサントリーが、日本選手権で同点両者優勝となったシーズンだ。神戸製鋼のHB団は、苑田、ミラー、サントリーは永友、沢木だ。キャプテンは、増保輝則と大久保直弥である。
社会人大会は神戸製鋼。大学は久富雄一主将の関東学院大学。高校は、伏見工業3度目のVである。今号のヒーローは、伊藤剛臣。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « コベルコSフェスティバル内容 | トップページ | フィジー戦結果&お知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ブラウニーもいつか言ってましたが、個人的にカーターのバックアップはブレットかマカリスターしかいないと思うんだけどなあ。そのブレットもガラスを踏んだ大怪我でオールブラックス入りは絶望。一体誰が交代要員なんだろう。

    その点、ボクスもワラビーズもスタンドには才能豊かな選手ばかりで逆に困ってるほどなのに。

    投稿: マレー | 2011年7月14日 04:35

    村上さんはもうS15の決勝観た頃と思ってメールしますが、観てなかったらネタバレになるので読まないで下さい。


    僕も以前、野球で録画が殆ど移ってない時があり、番組プログラムを考えてるところと野球というスポーツ自体に腹が立ちました。スペース出来たと思うので本題に。決勝前はスタンドオフ対決が注目されましたがNZ好きとしてはクウェイドはシャットアウト出来ましたが、ゲニアにやられましたね。スタンドはクルセーダーズファンも居ましたが、両方、赤がチームカラーなので真っ赤で凄い盛り上がりでした。皆さんも感じてると思いますが、ワラビーズは若くて伸びしろがあるタレント揃いのバックスが脅威で、ワールドカップで優勝しても全く不思議じゃないと感じます。一方、大概世界ランキング1位でワールドカップに優勝出来ないことがトラウマになってる地元オールブラックス。この両国のどちらかが優勝しそうな感じ受けます。番狂わせも十分起こり得ると思いますが。この両国が決勝で当たったことはないですが、両チームともタイプは違いますがボールを動かすゲームが特徴で、そういうチームはワールドカップでは優勝出来ないとも言われてますが、実現したら今から「世紀の試合」とも、2000年のシドニーをも凌ぎ「ラグビー史上最高の試合」になりそうな予感がし、今から楽しみです。また、この試合が実現し、地上波で観戦した人がラグビーの虜になることを切に願います。以前、北京オリンピックで確かブラジル対アメリカの男子バレーボールの決勝を観て、その凄さに驚き、日本チームの試合ばかり放送し、世界最高峰の試合が観づらい日本の閉鎖性を感じたので、世界最高峰の魅力的なラグビーを、普段ラグビーを観ないお茶の間に届けて欲しいです。となるとライブなりゴールデンタイムが最高なんですがね。

    投稿: ドニントンパーク | 2011年7月13日 15:35

    レッズ対クルセイダーズ戦、若干、遠征疲れからか、クルセイダーズの持ち味が出なかったように思いましたが、スタジアムは真っ赤になり、声援のホームアドバンテージもあり、内容的には面白い試合でした。
    これで、益々、ワールドカップが楽しみになってきました。
    また、スコッドも発表されて、いよいよワールドカップモードになってきました。
    カーターの控えはやはり、不安がありますが、フィジー戦、トライネーションズでどんなパフォーマンスを出してくれるか楽しみです。
    私は順当?に行けば、ワラビーズとオールブラックスの決勝になると思いますが、今からチケットを眺めては楽しみにしています。

    投稿: 藤林 勲 | 2011年7月13日 09:28

    ディグビー・イオアネはクボタからオファーがきているようですね。来期は赤いジャージから青いジャージになるんでしょうか?
    何人か移籍する報道が出ているレッズですが、イオアネはかなり痛いですよね。

    投稿: Nightbaron69 | 2011年7月13日 07:49

    そうなんですよ! S15決勝戦、楽しみにテレビをつけたら、野球の中継をしていて、一瞬、チャンネル間違えたかと思いました。これ、録画予約してる人って驚くだろうなぁ、って思いました。
    結局、40分遅れでスタート。待ち遠しかったです。ダン・カーターのトライ、美しかったですよ。

    投稿: サファィヤ | 2011年7月13日 00:41

    スーパーラグビーの決勝について村上さんがブログで少しも触れてなかったので、どうしたのかな?と思っていたら、まだ観てなかったのですね。すごい試合でしたよ!ドラマのような最後の決勝トライはやはりあの人でした。今季のレッズのラグビー、本当に魅力的でした。

    投稿: sella | 2011年7月12日 22:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52188609

    この記事へのトラックバック一覧です: 激闘史ほか:

    « コベルコSフェスティバル内容 | トップページ | フィジー戦結果&お知らせ »