« 日本代表メンバー&大畑宮古へ | トップページ | 吉本新喜劇がラグビーW杯スペシャル企画 »

サントリー、岩手へ

22日は、夕方から、オールブラックス対フィジー戦を見ていた。オールブラックス相手には、ボールをキープして攻めることの大切さを実感。それもボールを運びどころをしっかり整理しないといけない。スクラムを押し込まれるとしんどいなぁ。

サントリーサンゴリアスから、「東北応援ラグビークリニック in 岩手」が行われるという発表があった。7月29日、30日、岩手県の高校ラグビー部およびラグビースクール等を対象に、岩手県奥州市胆沢川桜つづみ多目的広場にて、ラグビークリニックを開催するとのこと。

当日は、エディー・ジョーンズ監督はじめ、真壁伸弥(宮城県仙台工業高校出身)、OBの北條純一(岩手県盛岡工業高校出身)、川村拓也(岩手県黒沢尻工業高校出身)など東北の出身者のほか、沢木敬介、大久保直弥、パトリック・バイロンのコーチ陣、ピーター・ヒューアット、佐々木隆道、スタッフから坂田正彰、浅田朗、田中澄憲、植田悠太が参加する。

会場までの交通手段確保のため、専用の送迎バスをご用意するほか、Tシャツ計500枚など(アディダス ジャパン協賛)が届けられる。なお、本活動は、東日本大震災の被災地復興のため、サントリーグループが義捐金として積み立てている計約40億円のうち、文化・芸術・スポーツを通じた支援活動の一環として行うものだという。

参加するのは、高校生(黒沢尻工業、黒沢尻北、水沢、水沢工業、釜石、釜石商工)、ラグビースクール(奥州RS、小佐野小学校、北上RS、紫波RS、鹿折RS、横浜RS、※横浜RSは北上RSと合同練習の参加)

7月29日 14:00~16:00 高校生
7月30日 10:00~12:00 ラグビースクール

追記◎最近は散歩が趣味になっている。京都はどこを歩いていても、石碑に遭遇し、そのたび歴史の勉強になる。下鴨神社近辺を歩いていたら、「鯖街道口」に遭遇。出町橋西詰にあって、側面に 「小浜からのいくつもの峠越えの道のうち若狭街道がいつしか鯖街道と呼ばれるようになりました~」と書いてあった。

Saba_2

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表メンバー&大畑宮古へ | トップページ | 吉本新喜劇がラグビーW杯スペシャル企画 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私も京都から東花園に移り住んでからも
    ちょくちょく京都に出没します。村上さんお薦めの
    定食屋や茶店があったら紹介してください。出町と言えば王将ですかね~

    投稿: TAKU | 2011年7月26日 20:28

     出町にきたはったんですね 鯖街道口石碑は平成13年に出町商店街が 商店街活性化の為に設置したもので わたしも関わってます。村上さん高校が鴨沂やし出町は庭みたいなもん ですかね。ワラビー対スプリングボクス 解説楽しみにしてます。

    投稿: 今出川口 | 2011年7月23日 18:26

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52278025

    この記事へのトラックバック一覧です: サントリー、岩手へ:

    « 日本代表メンバー&大畑宮古へ | トップページ | 吉本新喜劇がラグビーW杯スペシャル企画 »