« リコーにイングランド代表選手加入 | トップページ | 日和佐新人賞&トンガ戦メンバー »

好調・天理大学ラグビー部

6日の水曜日は、天理大学ラグビー部の取材だった。まずは、天理教庁に小松節夫監督を訪ねる。あまりの施設の大きさに取材とは関係ないことをたくさんうかがってしまった。小松監督のインタビューは、今月発売の「ラグビークリニック」の「コーチングマイウェイ」に掲載されるものだ。

小松さんは天理高校で、平尾誠二さん(伏見工業高校)らと同期の高校日本代表なのだが、卒業後、フランスに留学し、パリのラシンクラブのジュニア(20歳以下)チームで2シーズンプレー。帰国後、同志社大学に進学し、その後日新製鋼で活躍したCTBだ。天理大学が関西大学Cリーグに転落したときに再建を託されて監督に就任した。近年の天理の躍進は小松監督の手腕によるところが大きい。毎度のことながら、ソフトな語り口で理論的に説明してくれるのでとても楽しいインタビューだった。

小松さんのコーチングの「肝」については、誌面をお読みいただくとして、ラシンクラブ時代は、元フランス代表キャプテンのジャン・ピエール・リーブとも同じグラウンドで練習していたという。もっとも、当時はアマチュア時代で、ジュニアの練習は週に1回、シニアでも週に2回だった。試合は毎週あったが、「試合前のロッカールームでは、FWは燃えたぎって、闘牛の牛みたいに今すぐにでもグラウンドに飛び出しそうでした。その横でBKは静かに座っている。FWとBKの違いは面白かったですね。練習は週1回だったから、何か教わったということもない。サインプレーも3つしかありませんでした(笑)」

たっぷりお話しをうかがったあとは、グラウンドへ移動。バイスキャプテンのLO田村玲一選手に、今季のチームについて聞いた。こちらは、「ラグビーマガジン」の取材である。この春の天理大学は大学相手には無敗で、6月26日には、筑波大学との定期戦にも勝っている。筑波は今季、関東の大学勢の中で評価が高い。打倒・関東に燃える関西勢の中で、天理は頭一つ抜けた存在である。「無口で身体で引っ張るタイプ」(小松監督)という田村選手は、ときどき愛好日記ものぞいてくれているみたいだ。ブログ用にこんな笑顔で写真に収まってくれた。

Tramura1

キャプテンの立川理道選手とは、高校時代もキャプテン、バイスの間柄。「理道がSOにいると、ボールを前に出してくれるから楽なんです」と、信頼感も抜群のようだった。田村選手はこの春、膝や肩を痛めて満足なプレーができていないが、シーズンには十分に間に合うようだし、立川選手も日本A代表のニュージーランド遠征から帰国したばかり。立川キャプテン抜きで筑波に勝ったのだから、天理の地力アップは確かなところ。立川選手に遠征のことを聞いてみると、「すごくいい経験だったのですが、小野晃征さんが良くて、あまり試合に出られなかったのは、ちょっと残念でした。小野さん、ゲームの作り方とか、上手いですよ」と、小野晃征選手のプレーも勉強になったようだった。写真は、田村&立川コンビ。

Tamura2

ラグビー祭のお知らせ◎
7月9日、「パナソニックワイルドナイツラグビー祭2011」が開催されます。群馬県太田市運動公園陸上競技場にて。13:30からは、東日本大震災復興祈念試合として、三洋電機ラグビー部OBチームと、新日鐵釜石ラグビー部OB戦が、そして、15:30から、パナソニックワイルドナイツ対神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦が行われます。チャリティーマッチ終了後は、選手愛用ラグビー用品のチャリティーオークションあり。詳細は、ワイルドナイツのホームページにて。

続いて、7月18日には、「コベルコラグビーフェスティバル2011」が神戸製鋼灘浜グラウンドにて開催されます。「Smile Again 神戸から笑顔を届けよう! 」ということで、人気のガレージセールや、チャリティオークション、またフードコートでは選手プロデュースのメニューや東北の名産を集めた物産展など、様々なものが楽しめる内容になっています。さらに選手と交流ができるイベントも盛だくさん! また、2大トークショー&オークションと題して、「ワールドカップ直前トークショー」で日本代表の選手達が登場。また、「スペシャルトークショー」では、スクラム釜石より松尾雄治さん他数名が来場。神戸製鋼の平尾誠二GM兼総監督とトーク。松尾さんと平尾さんって、いったい何を話すんだ? 僕が司会する予定です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « リコーにイングランド代表選手加入 | トップページ | 日和佐新人賞&トンガ戦メンバー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    天理大学には、奇跡の弱視のラガー・神谷と日新高校で同期だった笹川昌志(3回生)がいます。
    FWの大型化が進む中、身長160cmそこそこながら2回生からFLとしてレギュラーで全試合に出場しています。恐らく、1部リーグの大学では、全国最小でしょう。
    地味で寡黙な男ですが、とにかくひたむきに体を張り続けるヤツですので、見てやってください!

    投稿: つるつる | 2011年7月 7日 20:42

    今回はどうもありがとうございました。発売日を楽しみにしてます。また機会があればよろしくお願いします。

    投稿: 天理・田村です | 2011年7月 7日 06:25

    天理大に後輩がいます。

    先日 母校に教育実習で戻ってきて指導している姿に 憧れを抱きました。

    筑波大戦にも 出場したらしいとのこと。


    頑張れ後輩!!
    応援してるぞ!!

    南高の先輩より


    この場を借りて 応援させていただきます。

    村上さん すみません。

    投稿: ケンG | 2011年7月 6日 23:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52139244

    この記事へのトラックバック一覧です: 好調・天理大学ラグビー部:

    « リコーにイングランド代表選手加入 | トップページ | 日和佐新人賞&トンガ戦メンバー »