« 激闘史ほか | トップページ | 大西&金トークライブ »

フィジー戦結果&お知らせ

パシフィックネーションズカップの最終戦が、フィジーのスバで行われ、第1試合でトンガがサモアに勝利。第2試合では、日本がフィジーを破り、最終的に、トンガと日本が勝ち点で並んだが、大会規定により、当該チーム間で勝利している日本が初優勝ということになった。

トンガ戦から先発で9名を入れ替えた日本代表は、立ち上がりからスクラム、ラインアウトが上手くいかず、ディフェンスも前に出られない苦しい戦いとなった。フィジーに先制トライを許したシーンも、ミスタックルが連鎖したもの。ただ、フィジーが日本選手の首に入るスティフアームタックルや、下半身を持ち上げるリフトタックルで、レッドカードが2枚に、イエローカードが3枚と次々に退場処分になり、終始1名ないし2名少ない時間が続いた。

ハーフタイムに「ボールをキープすること。タックルに低くはいること」(カーワンHC)を確認した日本は、後半に入ると攻勢に出る。後半開始早々には、CTBニコラスが自らのパントをキャッチしてCTB平、NO8菊谷とわたり、ゴール前に攻め込んだラックからSH日和佐がフラットにパスを出し、FB有賀が右中間に飛び込んだ。1本トライを返されたものの、14分には、FLリーチがゴールに迫り、SOウィリアムスとCTBニコラスのシザースでトライ。続いて、フィジー陣ラインアウトからの右オープン攻撃で、WTB小野澤とCTB平がシザースして抜け出し、菊谷起点のラックからの素速いボール出しで、HO堀江が右中間に飛び込んだ。相手の人数が少ないとはいえ、前に出たラックからの素速いボール出しで2つのトライがとれたのは収穫だろう。最後は、交代出場のCTB今村が決勝トライを決め、優勝が決まった。

不安定だったセットプレー、タックルの高さ、ハンドリングエラーなど課題は多いし、17-13と逆転したあとのキックオフからの攻めをミスしたり、その後すぐのラックでオフサイドの反則をとられるなど、流れをつかまなくてはいけない時間帯に、ミスを繰り返していた。修正すべき点は多いが、勝利の中で明確に課題が出るのは悪いことではないだろう。SH日和佐はいいリズムでボールをさばいていたし、FLリーチは、相変わらず攻守に幅広い働き。HO堀江、FB有賀など、各選手がそれぞれに特徴ある動きで機能しているシーンも多かった。ワールドカップまであと2試合。本大会で勝つために周到な準備を。

◎PNC最終節結果
フィジー代表●13-24○日本代表(前半8-0)

お知らせ1◎J SPORTSが釜石シーウェイブスの復興を取材したVTRが、IRB(国際ラグビーボード)の週刊ラグビー情報番組「トータルラグビー」を通じて世界168の国と地域へ配信されることになりました。さらに2011年9月11日に秩父宮ラグビー場で行われるトップイーストの釜石シーウェイブスの開幕戦「釜石シーウェイブスvs日野自動車」を、スカパー!、スカパー!e2、スカパー!光などでノースクランブル無料生中継することも決定しています。
トータルラグビー#23の放送スケジュールは以下の通りです。
・7月22日(金) 
7:00~ J sports ESPN
8:00~ J sports 2ほか

お知らせ2◎ラグビーフェスティバル花盛りですが、7月16日(土)、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスが【ラグビーフェスタ2011】を開催します。
2011年7月16日(土)13:00~17:30 、NTT千葉総合運動場グラウンドにて。ラグビー体験コーナー、選手特製焼きそば・かき氷、○×クイズ大会など、盛りだくさんのイベントとなりそうです。
※詳しくは、公式ホームページをご覧ください。http://www.ntt.com/rugby/topics/110615.html※雨天の場合は、公式Twitterにて
当日8時までに最終判断のご連絡を致します。
場所:NTT千葉総合グラウンド(千葉県市川市二俣717)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 激闘史ほか | トップページ | 大西&金トークライブ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    先日、実家で、録画でみました。
    驚愕。常時、一人ないし二人足りないチームに互角。
    サモア戦の内容もひと息だし、まだまだぜんぜんなんだなあーと。
    正直、代表チームのことはどうでもよくなりました。早く、大学ラグビーが開幕してほしーなと。

    投稿: テルキー | 2011年7月31日 14:32

    録画に録っていた試合を見て狂喜してましたが。

    初戦のサモア戦に負けた時はGREEの記事にもなっていたのに。

    トンガ戦の勝利も初優勝も記事にならず??

    更にサンデーモーニングのスポーツでも取り上げられず??

    ひょっとして夢でも見たのかと段々不安に。

    しかし、村上さんの記事読んで優勝間違いなかった事を確信できてホッとしました。

    個人的には、ミスもありましたが、ワールドカップ前にパシフィックネイションズ優勝という結果で、やってきた事が最高の形に表れて代表チームとして更に士気が上がりそうで楽しみです。

    桜の戦士達、優勝おめでとうございます。

    投稿: 池田亜樹 | 2011年7月17日 09:28

    ドニントンパークさんへ
    つい熱くなってしまい、どうも申し訳ありませんでした。

    ここのコメントを読んでると『〜なので村上さん、どうかよろしく』と一方的に村上さん任せな発言が多い風潮が見られるので、つい『イラッannoy』ときました。人に頼む前に自分達は何をしてるの?と思ってしまった次第です。

    ドニントンパークさんが感じられてる焦燥感は心あるジャパンのファンであれば誰しもが持っているもの。今年W杯があるというのにラグビーを取り巻く現状は寂しい限りで、ジャパンの戦いぶりもスカッとしないものがありますよね。

    もしドニントンパークさんが真剣にそう思ってらっしゃるのであれば、ジャパンが宿泊するホテルに赴いて直談判するなり、試合後のアフターマッチファンクションに参加して選手に伝えるなり、やり方は様々だと思います。一番現実的なのは協会気付で手紙を書くことでしょうか。

    人を介すると相手に気持ちがよく伝わらないものです。ここのコメントで村上さんに頼むくらいであれば、健筆を奮い、ジャパンに檄文を書かれることをお勧めします。内容次第ではW杯初戦のロッカールームで、菊谷主将が士気を鼓舞するためにメンバーの前で読むかもしれませんよ?

    もし今回のW杯でジャパンが結果を残して大会を振り返った時、『一通のファンからの手紙がジャパンを奮い立たせた…』なんてあったら最高でしょうね。

    投稿: 永遠の9番 | 2011年7月17日 09:25

    永遠の9番さんの言うこともよく分からなくありませんが、ラグビーはサッカーよりフィジカルで、プロレラーのように強く、短距離選手のように速い選手とトップクラスな試合では対戦し、気後れして1オン1タックル外されたら直ぐ失点してしまいます。競技人口が少ないのも危険なスポーツだからというのもあると思います。NZでは怪我すれば、クール!血でも流そうものなら、ビューティフル!とラグビーのような危険なスポーツは格好いいという風潮で、サッカーは男のスポーツではないと何人もの人から聞いたくらいタフなゲームですが、サモア戦の後もフィジー戦の後も菊谷キャプテンは自分達の甘さを反省してるし、ソフトと感じるトライも献上してる。それを見て「大丈夫?」と感じるし、パシフィックネーションズカップ優勝の報道もテレビではやってたのかも知れないが見たことなく、ラグビー日本代表の試合と報道に危機感を覚えたからです。僕自身はプライベートなことなので詳しくは言えませんが代表に話せる状態ではないです。村上さんにお願いしたのは村上さんには失礼だったと反省しますが、ラグビー日本代表が飛躍するためにはあらゆる手段を尽くしたいと考えての行動で、代表の人もこのブログ見てるかも知れないと考えたからです。ワールドカップで日本はパシフィックアイランドの国々よりはるかに強いNZとNZで対戦しますが、大敗でもしたら大変と心配してるからです。

    投稿: ドニントンパーク | 2011年7月16日 08:25

    なでしこは体は小さくても世界トップクラスの確かな技術と運動量を備えています。それはテレビを見ていて一目瞭然。とはいえW杯を目前に控えた者として、なでしこの躍進に刺激を受けない者はいないでしょう。

    ジャパンのメンバーの中には実家が津波で流され、また実家の家業が原発の風評被害に悩まされる人もいると聞きます。春からの合宿で『我々は震災の被害に遭われた人達に対して何ができるのか?』といったミーティングをひとしきりやったと聞いてます。

    何が言いたいのかというと、改めて『なでしこを見習って…』『被災者の方々を思って…』などと口にするのは釈迦に説法だと言うことです。ましてそれを自分の口ではなく村上さんに言わせようとするのですか?村上さんの良識が疑われてしまいますよ。

    投稿するのは構わないと思いますが、ひとりよがりで著しく常識を欠いたものはやめませんか?村上さんはドラえもんじゃないんですよ。

    投稿: 永遠の9番 | 2011年7月16日 04:18

    世の中なでしこジャパン一色ですが、彼女達は苦しい時は「被災者のことを思い頑張ろう」が合言葉らしく、躍進の理由の一つと考えられます。ラグビーもチャリティーマッチをやり、パシフィックネーションズカップもなんとか勝ちましたが、パフォーマンスは抜群ではなかったと思うので、改めて被災者を想い戦い、日本に勇気と感動を伝えるパフォーマンスと結果をワールドカップで期待したいです。代表選手達に会う機会がある村上さんにはその旨を伝えて頂きたいです。宜しくお願い致します。

    投稿: ドニントンパーク | 2011年7月15日 08:23

    プレースキックは誰が担う?
    2003年大会以降、つまり広瀬、ミラー、栗原以降、キッカーがいない。ゆゆしきこと。
    そう、答えは五郎丸じゃないですか、JKさん。

    投稿: エリス少年 | 2011年7月14日 20:58

    フィジーの自滅に助けられた感は否めないので手放しには喜べませんが…
    ただ村上さんがおっしゃるように勝って反省できるのはいいかもしれませんね。

    見て思ったのは
    ①やっぱりタックルが高い。システムの問題もあるでしょうが、体格で劣る日本が待ってディフェンスしても確実にゲインされますしね。もっと前に出れば相手のミスも誘発できると思うんですが。相手も日本が低く前にディフェンスしてくるのが一番嫌なんじゃないでしょうか?

    ②プレースキックは確実に決めて欲しい。2点、3点で勝敗が決まることも十分考えられますから、難しい角度のキックでも決めていかないと。本番はアレジが蹴るんかな?今さらだけど田邊とかいいと思うんだけどなぁ。

    なんやかんや言いましたが、とにかく頑張って欲しい!なでしこジャパンのように世界を驚かせてください!

    投稿: おちょこ | 2011年7月14日 13:10

    後半、菊谷選手の気合の入った、ディフェンスを蹴散らすようなランが印象に残りました。
    もしぼくが同じフィールドに立っていたら
    おっしゃー! と気合いが入るだろう(笑)
    見てて気分良かったです。

    投稿: けんじ | 2011年7月14日 11:31

    今現在、スカパーe2,見られません。雨降ってるもので。秋冬、雪が降ったら、どうなるのでしょう?どうすれば、悪天候でも見られるのか・・・謎です。

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年7月14日 11:20

    けして内容はけして満足のいく内容ではありませんでしたが、勝ったこと。優勝したこと。この価値は大きいと思います。

    セット、タックル、パススピード、まだまだ課題がいっぱいですが、JAPANおめでとう。

    日和佐のタックルはいいですね。パスは??がいくつかありましたが・・・。

    ワールドカップまで残り2試合。いい内容で戦ってほしいと思います。

    これからもJAPAN応援します。

    PS:ノーサイドプロジェクトの開催はいつかな?

    投稿: 元 単身赴任パパ | 2011年7月14日 09:56

    結果を知っていても、ノーサイドまでハラハラしてしまいました。フィジーにカードが連発、日本にもミスがあり、まだ修正点は多いですが、それでもPNC初優勝は嬉しいでね! 選手たちにとっても、良い経験、大きな収穫になったことでしょう。

    投稿: サファイヤ | 2011年7月14日 01:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52195839

    この記事へのトラックバック一覧です: フィジー戦結果&お知らせ:

    » おめでとうラグビー日本代表!パシフィックネーションズカップ初優勝!! [IXY-nob]
    昨日、最終戦でフィジーを下し、勝点・対戦成績によりラグビー日本代表がパシフィックネーションズカップ大海で初優勝しました。 この大会は日本・サモア・トンガ・フィジーの4か国のリーグ戦を行うもので、6回目の大会で初めてトップに立ちました。大会前は3連勝をもくろんでいたものの、ワールドカップイヤーの今年は各国とも強化に力を入れていて、日本が強くなったとはいえそう簡単には勝たせてくれません。 その中で2勝1敗とはいえ優勝したのですから、選手・関係者の努力は大いに称賛に値します。ただ、3戦目の昨日の試合ははっ... [続きを読む]

    受信: 2011年7月14日 21:09

    » PNC 日本代表 対 フィジー代表 結果 [ココロミ]
    祝 PNC初優勝!! やったぞ、日本代表! 粘り、我慢が実を結んだね。前半の戦いぶりからだと、よくこれで勝てたなぁ、なんて思ったけど、最後は、CTB今村が優勝に向かって突っ走った!! トンガに粘り勝ったこと、フィジーは自滅したというのもあるけれど、勝利は勝利。初優勝は、やはり嬉しい。菊谷キャプテンの『運玉』が効いたか(笑)。... [続きを読む]

    受信: 2011年7月18日 17:24

    « 激闘史ほか | トップページ | 大西&金トークライブ »