« ウェブ将武イタリアへ&NZ対SA | トップページ | サントリー東北応援クリニック »

修ちゃん手術&NZ対SA結果

Sarusuberi

昼間、家の近くで目にした百日紅(さるすべり)。蜂と花を一緒に撮りたかったのだが、わかりにくいか。

このブログでも何度かご紹介していた麻生修希(しゅうき)くんの心臓移植手術だが、7月29日、日本時間の午後10時に無事終了したようだ。その後の経過については、またお知らせしたい。まずは、良かった。

土曜日の夜は、トライネーションズ第2戦のニュージーランド代表オールブラックス対南アフリカ代表スプリングボクス戦があった。主力がごっそりいないスプリングボクスだが、シンプルな攻撃で対抗した。ただ、オールブラックスのスピードに翻弄されてミスタックルが多すぎた。オールブラックスはどこからでも点がとれる。8番をつけたのは、トムソンだったが、アタックのスクラムでは7番をつけたマコウがNO8に入って攻撃を仕掛けた。ギルフォード、ジェーンの両WTBもいい。2人ともタックラーをうまくずらして確実に前に出ると、サポートのコースもいい。ポジション争い、熾烈だ。

オールブラックスの新ジャージは襟のところが白くなっていた。うん? 前のほうがかっこよかった気がする。登場した瞬間はものすごく違和感があったが、昔懐かしい感じですぐに見慣れた。強いチームが着ればなんでもかっこよく見えるということか。

きょうは試合を見ながら、ワールドカップ直前の試合はほんとうに難しいと実感した。特に、両チームは優勝を狙う実力は十分にある。いま、この試合で心身ともにピークに持って行くことはできない。しかし、力を抜けば強化に悪影響を及ぼす。選手を上手く入れ替えながら、ワールドカップの決勝トーナメントにコンディションがベストになるように整えていくため、コーチは細心の注意を払っている。スプリングボクスは負傷者が多いとはいえ、このまま主力を休ませて、ワールドカップで爆発させるつもりだろう。きょうは、キャプテンのHOスミットが意地の1トライ。メンバーが揃えばそう簡単にはいかないと見せつけた感じ。

オールブラックス○40-7●スプリングボクス

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ウェブ将武イタリアへ&NZ対SA | トップページ | サントリー東北応援クリニック »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    NZファンの方々には申し訳ありませんが、95年以来、親の仇同様にNZを敵視し続け、今まで優勝候補の最有力と目されながら敗退してきた姿に悲しい溜飲を下げてきました。

    しかし、今後の世界のラグビー界の発展を願うのであれば今大会はNZが優勝するのが望ましいと思っています。何が何でも栄冠を勝ち取ってもらいたい。

    今大会前半戦のヤマ場は予選プールのフランス戦になると思いますが、NZ国内は『今までのお礼参りだsign03』と俄然盛り上がるのでしょうね。

    投稿: 永遠の9番 | 2011年8月 1日 21:35

    私も前の方がよかったですね
    襟の部分を白にするという案に反対はしませんが白い部分が中途半端に切れてるのがちょっと……
    対照的にかっこよくなったのはRSAですかね
    スポンサーロゴもABSAになったし短パンのBMWのロゴがかっこいい!!

    投稿: ラグビーフリーク | 2011年8月 1日 11:04

    我々は襟のついたジャージを着てプレイしているのだ!
    と、先輩たちにフェアについて教えられて育った私には、やはりどうしても今のジャージは受け入れがたいと思ってしまいます。
    ラグビーは、襟と一緒に大切なものも失いつつあるのではないでしょうか?

    投稿: 道楽者 | 2011年8月 1日 07:22

    すいません。
    村上さんに一つ質問があります。
    ラグビーのエナメルバッグだけなぜ正方形なのでしょうか?他競技は長方形のモノが多く見受けられます。
    お忙しい中お手数かけますが、回答お願いします。

    投稿: スペンサー | 2011年8月 1日 04:18

    村上さま

    書き込み、大変失礼致します。
    私は都内のクラブチーム(No Side Club)でラグビーをやっている竹内と申します。
    去る7/22に高田馬場にてラグビー観戦専門のダイニングバーをオープン致しました!

    お店は2年前に閉店した「高田馬場No Side Club」を復活させた形となります。

    昨夜のトライネーションズ第二戦も大画面で放映し、ファンの皆さんと観戦致しました。
    微力ながら9月のW杯はもちろん、2019年のW杯日本開催に向けて、ラグビー界を盛り上げていく力になれたらと強く思っております。

    お忙しいことと思いますがお時間がございましたら是非、一度足をお運び頂けたら幸いです。

    いつも村上さまの分かりやすい解説を楽しみにしております。

    いつかお店で村上さまをお招きし、トークライブをお願いするのが夢です。

    突然の書き込みを大変失礼致しますが、お見知りおきの程何卒、宜しくお願い申し上げます。

    RUGBY Dinner
    No Side Club
    店主 竹内 方和
    〒171-0033 豊島区高田3-10-23 キャッスル安斎ビル2F
    03-3209-0723

    投稿: RUGBY Dinner No Side Club 竹内 | 2011年7月31日 13:48

    修希ちゃんの手術が無事行われてよかったです。これからの経過も良好であることを祈ります。
    グレーガン選手が募金活動をされていたので協力させていただきました。世界的な名選手でも地道な活動に協力して行うのが、人に対して愛情をもてるラグビーの素晴らしい所だと思いました。

    投稿: スペンサー | 2011年7月31日 11:37

    襟の白はともかく、背番号のデザインはかなりオシャレになりましたね!

    個人的には今のユニフォームのほうがかっこいいです。


    投稿: マレー | 2011年7月31日 03:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52349790

    この記事へのトラックバック一覧です: 修ちゃん手術&NZ対SA結果:

    « ウェブ将武イタリアへ&NZ対SA | トップページ | サントリー東北応援クリニック »