« ラグマガ10月号 | トップページ | 今夜のマカウ予想 »

元町トークライブ

金曜日の夜は神戸の元町にいた。JR元町駅で下車し、少し歩くと海の薫りが。中華街の入り口を横目に正面に船が見えてきて、なんだかいつものトークライブに向かう感じと違うぞ~。会場となった、「ROUGH RARE ラフレア」は素敵なお店だった。

Moto1

午後6時、ゲストの横山剛さん(Kiss FM KOBE代表)、神戸製鋼コベルコスティーラーズのチームアドバイザー元木由記雄さん、このイベントを企画運営してくださっているホスピタリティコーディネーター永末春美さんと打ち合わせ。横山さんは滋賀県の高校でプレーされていたのだが、僕とは、どうやら高校時代に練習試合で対戦していたみたいで懐かしいお話もできた。Kiss FM KOBEでは、神戸製鋼の応援番組も放送している。

午後7時キックオフ。まずは、元木さんと僕でラグビーどっぷりのお話を。U20日本代表ヘッドコーチでの苦労話など聞いていったのだが、今の若い選手は「理不尽なことは耐えられない。その代わり、趣旨を理解するとどんなに厳しい練習もがんばれる」と話していて、若いうちから個人としても海外でのプレー経験を積めるように協会をあげて環境を作っていかなくてはいけないと話していた。

Moto2

そのあとは、横山さんと永末さんも入って4人でトーク。永末さんは「ラグビーを見て思いやりを感じた」と魅力を語り、元木さんも、「ラグビーは思いやりのスポーツ。そうしてもらうと、今度は仲間を裏切れなくなる」と共感した。横山さんは5つの会社を経営する。社員を採用するときに、「スターになりそうな人は採用しない」と、まとまり重視するコメントをすると、元木さんが、「僕は世界に勝つことを考えると、スターになるような選手ばかり集めてそれを一つにまとめるのが一番強いと思うんです」と話をつなぐなど、チームワークについて興味深い話が続いた。

Moto3

お客さんは、ラグビーに詳しい人は3分の1くらいで、あとは少し興味はあるけれど詳しくないという人が多かった。今後も、ラグビー外の人たちと、ラグビーをつなぐ、このイベントをこつこつ続けたい。次回の『ラグビートークライブ*プレミアム』は未定だが、今年中にできればいいと思う。

さあ、今夜は高田馬場で「ノーサイドプロジェクト2011夏 W杯直前パーティー」である。

訂正◎JSPORTSの放送で、オーストラリア代表のディグビー・イオアネ選手について、今春、呼称を「アイオネ」に変更しましたが、「イオアネ」に戻すことになりました。当初はチームメートを通じての確認で変更されたのですが、この読み方を巡って意見が分かれており、スタッフが本人と直接連絡をとり再変更となりました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ10月号 | トップページ | 今夜のマカウ予想 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52577580

    この記事へのトラックバック一覧です: 元町トークライブ:

    « ラグマガ10月号 | トップページ | 今夜のマカウ予想 »