« ギネスに挑戦&日本代表OBラグビークリニック | トップページ | 7人制ラグビーに朗報 »

ラガーとは?

きのうの日記で、甲子園のバックネット裏でラガーシャツを着ている方のことを書いたら、知人から次々にメールが入った。有名な人だったのだ。コメント欄にも情報いただいているが、メディアにも取り上げられているし、僕の知人からも数通のメールが届いた。

それらの情報を総合すると、彼は「ラガーさん」の愛称で高校野球ファンには親しまれており、いつも蛍光色のキャップと、ラガーシャツという出で立ち。甲子園での高校野球開催中は、ネット裏に近い8号門の前で寝泊まりしている。ここ10年くらい、春夏の全試合をご覧になっているという。東京の人みたいだ。しかし、彼がラグビーファンかどうかは出てこないので、それも知人が調べてくれそう。

ちなみに、「ラガー」は、「ラグビー」そのものを表す言葉で、ラグビー選手という意味ではない。ラグビー選手を表す言葉としては、日本ではラガーマンがよく知られているが、これも海外では使われない。ラガーという言葉もあまり使われない。ラグビーマガジンは、数年前からラガーマンは使わず、ラグビーマンとしている。女子は今のところ、「女子ラグビー選手」としているのがほとんどだが、メディアによって、ラグビーガール、ラグビーウーマン、ラグビーレディなどさまざまだ。

性別に関係なくラグビー選手を言う場合は、ラグビープレーヤー、ラグビーフットボーラーなどと表現したい。昭和5年に、初代日本代表監督の香山蕃さんが著した「ラグビー・フットボール」には、「ラガー・プレイヤー」という表現が出てくる。試合のことは、「ラガー・マッチ」、ラグビー精神のことは「ラガー・スピリット」と表現している。これがラガーの正しい使い方だろう。

香山さんは、明治27年京都生まれ。京都一中、三高から東京帝国大学に進み、東大ラグビー部を創設した人だ。英国から原書を集めて、日本で初めて、エイトFWを確立するなど、日本の近代ラグビー育ての親とも言える。大正14年には、秩父宮殿下に同行して英国留学し、オックスフォード大学対ケンブリッジ大学、イングランド対スコットランド戦などを観戦。自らはハリクインズクラブ入りしてプレーもした。その後、京都大学ラグビー部のコーチをされているのが、このとき、コーチを引き受ける条件として、「BKは100m11秒台の選手を集めること」というものがある。今だって厳しい条件だが、そういうレベルを目指したからこそ、戦前の日本ラグビーは急速に進歩したのだろう。

香山さんのことを調べていたら面白いエピソードが次々に出てくるのだが、東京オリンピックのとき、秩父宮ラグビー場が体育館の建設用地になりかけたことがあったそうだ。そのとき、香山さんは、ラグビー場を訪問した大蔵大臣と文部大臣に2時間あまり熱弁を振るったという。「そんなコソクな手段をとるより、不便な朝霞選手村をやめて、ワシントンハイツ接収解除を進めるのがオリンピック成功の道だ。このラグビー場は、ラグビー関係者の血と汗の結晶である」。この情熱によって、秩父宮ラグビー場は守られ、代々木に選手村ができたことでオリンピック成功への道が開けたのだという。

香山さんのことは、また改めて、いろんな場所で書いてみたい。

追記◎8月27日のノーサイドプロジェクトのW杯直前パーティーですが、サントリーの日和佐選手と一緒に、青木佑輔選手も来場してくれることになりました。青木選手ファンの皆さんもぜひご参加ください。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ギネスに挑戦&日本代表OBラグビークリニック | トップページ | 7人制ラグビーに朗報 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    パパは38歳さんに関連して…

    特にフランスでの評価が気になります。フランスからイタリアは近いし、フランスがまともなチームであればチェゼーナにスカウティングチームを派遣しているはず。そこで代表関係者に何かしら情報が入っていることでしょう。

    『思ったよりもやるな…ジャパン、侮りがたし』と見られるか、『セットプレーから崩せる、問題ない』と見られるか…。

    投稿: 永遠の9番 | 2011年8月19日 18:26

    白夜書房で『高校野球小僧』という雑誌の編集をしている菊地と申します。『ラグビー魂』の人間より「ラガーさんがこちらで話題になっている」と聞き、馳せ参じました。ラガーさんは弊誌でよく取材させていただいています。残念ながらラガーさんは野球専門でラグビーは門外漢です。ちなみにラガーシャツはほとんどカンタベリーだそうですよ。ご参考までに。

    投稿: 菊地 | 2011年8月18日 23:21

    村上さんに質問です。イタリア戦で善戦した日本ですが、現地メディアの日本の評価など反応はご存じないですか。わたしはセットプレーの苦しさは想定内でしたが、あきらめない姿勢は評価できますけど。海外メディアがその辺は一番的確なんじゃないかなと思いまして。

    投稿: パパは38歳 | 2011年8月18日 17:26

    私もラガーさん、気になっていました。いつも同じ場所に座っておられますね。

    いろんなジャージを着られていますが、一番のお気に入りはC社?の青赤の横縞かと思って見ていました。

    試合終了時にバックスクリーンに向かって校旗を上げるスピードをコントロールされているように見えたので、てっきり関係者かと思っていました。

    投稿: 藤林 勲 | 2011年8月18日 10:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52499174

    この記事へのトラックバック一覧です: ラガーとは?:

    « ギネスに挑戦&日本代表OBラグビークリニック | トップページ | 7人制ラグビーに朗報 »