« 大崎トークライブ&網走 | トップページ | 網走取材記2 »

網走取材記

Ueno

9月1日、まずはトヨタ自動車ヴェルブリッツの練習へ。人数が少ないように見えたのだが、アイイ選手や中山選手は怪我のために豊田で調整中のようだった。日本代表もいない。練習後、朽木監督と上野キャプテンに話を聞いた。「アイイが止められたら終わりのチームではなく、オプションを増やしたい」と朽木監督。上野キャプテンは「目標は日本一」と力強かった。雑談中に好きな選手のことになり、HOとしては、オールブラックスのメアラムのような選手になりたいという。「僕は体が小さいから、大きな選手は参考にならないんです」

Toyo

午前中の取材が終わった後は、東芝ブレイブルーパスのルーキー豊島翔平選手にインタビュー。東芝に入社を決めた理由について聞いてみると。「立川さん、松田さんという尊敬するフルバックがいるチームだし、学びたいと思いました」。2009年U20世界大会(JWC)に参加して意識が変わったという。だからこそ、厳しい練習で知られる東芝にやってきた。3日のトヨタ戦も出るみたいなので楽しみ。このインタビューは、10月発行予定の日本協会メンバーズクラブ会報誌の掲載されるもの。

Hirabara

午後は、コカ・コーラウエストレッドスパークスの練習へ。向井昭吾監督が生き生きと選手を鍛えているのが印象的だった。元気だ。背中は平原キャプテン。背中の文字は、コカ・コーラウエストの企業メッセージ。「みんなの あしたに ハッピーを」。これはラグビーにも通じていて、勝つことでみんながハッピーになれるというわけだ。チームのスローガンは今年も攻め続ける「オール・アタック」である。

Sunt

夕方、サントリーサンゴリアスが網走入り。さっそくトレーニングを開始した。なんか、筋肉の躍動感が今季もアグレッシブに戦いそうな雰囲気をかもしだしている。エディ・ジョーンズさんにもインタビューしたのだが、「見ていて美しいと思えるようなラグビーで、しかもタフに勝ちたい」と目標を語った。もちろん、二冠がターゲットである。

Takemoto

そのあと、竹本キャプテン、佐々木選手にも話を聞いたのだが、二人とも腕がぱんぱんに膨らんでいた。佐々木選手は、ジョージ・スミス選手にジャッカルの方法をアドバイスしてもらったらしく、「ちょっと僕の考えていたのと違いました。そのままやってみたらボール奪えました」とはやくも実戦で試しているようだ。そして、竹本キャプテンのこの腕。春に38㎝の腕周りだったのが、42㎝になったらしい。オーストラリア代表FLで腕の太いポーコックにちなんで、ポーコックメニューというのをやっているみたい。チーム全体にスピードもパワーもアップし、「信じられない(くらい動き続ける)ラグビーをやれると信じています」と、自信のコメントを聞かせてくれた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大崎トークライブ&網走 | トップページ | 網走取材記2 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52622552

    この記事へのトラックバック一覧です: 網走取材記:

    « 大崎トークライブ&網走 | トップページ | 網走取材記2 »