« 試合直前のハミルトン | トップページ | 豪州対アイルランド結果ほか »

NZ戦結果

試合前、NZのジョン・キー首相、日本ラグビー協会の森喜朗会長が選手とともに整列して、クライストチャーチと東日本の震災の犠牲者に対して黙とうをささげた。点差が開いても、観客席の雰囲気が温かく感じたのは、両国にとって特別な意味を持つ試合だったからかもしれない。

20110916

ワイカトスタジアムには、たくさんの日本のサポーターの方々が訪れていた。試合後に会ったみなさんは、がっかりした表情だったが、「小野澤選手のトライが見られて良かった。次の試合も行きます」など、前を向くコメントも多かった。頭が下がります。

選手たちは必死で戦っていたわけだが、JK体制で日本代表が4年間やってきたことにおいて、すべてオールブラックスが上を行っていた。個々のパワー、スピードで上のオールブラックスが、組織力、運動量、基本プレーで上回っているのだから、どうしても点差は開いてしまう。きょうの試合は、点数より中身が大事だと思っていたのだが、日本代表の見せ場があまりに少なかったのは残念だった。

小野澤のインターセプトからの40m独走は、相手SOスレイドにマリー・ウィリアムズと大野均でプレッシャーをかけ、小野澤の経験が生きたトライ。スレイドの苦し紛れのパスに見事に反応した。小野澤はこの試合でW杯10試合目。日本ラグビー選手で最多記録となった。交代出場の畠山の背面パスもトライになれば、大会ベストトライのひとつに数えられたはずだが、これはスローフォワードの判定だった。

PR川俣は、オールブラックスのスクラムについて「これまでの相手は、変則的で組みにくいということはありましたが、オールブラックスは単純に強かった。組む瞬間のヒットスピードで勝っていても、そのあと後ろからの押しが来る。重かったです」と語った。日本代表もニュージーランドのコーチングを受けているので、組み方は似ている。日本としてはヒットスピードと、8人で足をかいて素早く前に出ることで相手の重さに対抗しようとしたのだが、8人のまとまり、後ろ5人の押しもオールブラックスのほうが上だったということ。

このスクラム戦での消耗がFWの足を止め、FWが密集周辺に寄るようになって、BKが一対一になる局面が増え、やすやすとトライを奪われた。タックルミス22は多すぎるが、一対一の局面を多く作られればどうしてもそうなる。起点で押し込まれているので、前に出るディフェンスもできなかった。

この試合は、中4日で戦うトンガに勝利するために主力を温存する形になったのだが、トンプソン・ルーク、ホラニ龍コリニアシ、ニコラス・ライアンなど、相手ディフェンスに杭を打てる選手がいないと、前に出ながらのテンポのいい攻撃ができない。今の日本代表の現状を表してもいた。SH日和佐が懸命に素早いさばきを見せたが、前に出ていないので、攻撃が横に動くだけになってしまった。でも、日和佐、リーチの頑張りは際立っていた気がする。

自陣のPKからの速攻は疑問。チームとして決めた方向性らしいが、きっちり陣地をとってラインアウトから攻めてもよかったと思う。なんだかダラダラと書いてしまう。ラグマガにもマッチレポート書くので、このあたりで。

さあ、この敗戦を引きずっている時間はない。21日にはトンガ代表戦が待っている。ここは絶対に勝たなければいけない。選手は頭を切り替えて、トンガ戦に集中してほしいと思う。

◎W杯日本代表第2戦結果
ニュージーランド代表○83-7●日本代表(前半38-0)

記◎試合後、ミックスゾーンに現れたソニー・ビル・ウィリアムズ。今や、ダン・カーターをしのぐ人気者である。出てきたときの歓声は一番だろう。きょうも個人技で観客を魅了したが、インタビューに答える様子はまるでハリウッドスター。

Sbw20110916

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 試合直前のハミルトン | トップページ | 豪州対アイルランド結果ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    たとえトンガ、カナダに勝てたとしても、多くのファンのこの失望感は簡単には埋められないと思うし、勝てても何だかもうあまり嬉しくない。
    どんなメンバーで臨んでもあのNZには勝負にならなかったと思うが、試合に向かう姿勢の問題。4年前と何も変わってない。
    NZを少しでも食ってやろうという戦術や戦略、工夫が全く見られなかった。少なくとも見えなかった。
    これまでの善戦も結局はプレイヤー個人の能力、個人のがんばりによるもの。
    今までラグビーファンの拡充の為、ラグビー熱を盛り上げようと自分なりに色々頑張ってきたつもりだが、今のチームを一緒に応援しよう、とはもう誘えない、誘わない。
    次の2戦、勝てたとしても。

    投稿: 失望感 | 2011年9月21日 07:43

    個人攻撃はラグビーの精神に相応しくない。チーム全体の責任、誰が出ても一緒と考えるべき。

    個人名あげて批判してる奴は頼むから消えてくれ。

    投稿: 天山 | 2011年9月20日 18:55

    いままでラグビーを観てきた人はいいとして
    これからラグビーに興味をもってもらいたい
    その他大勢の人は、今回のNZ戦を観てどう感じたのでしょうか?
    TVでさんざん煽ってこの内容じゃ・・・

    2勝して次の・・・はいいけれど世界一との対戦を経験できなかった主力が、この先どれだけ伸びるんですかね??

    若手の経験が大事なら、海外行かせるなど方法はいくらでもあるでしょ。

    現実的?チャレンジしない国に未来はないと思いますが?

    ほんとにW杯自国開催やるつもりですかね・・・

    フランス戦後は、今回のW杯でラグビー好きな子供達を増やせるチャンスかなと思ってました

    しかし先日のNZ戦を観て、今現在ラグビーをやっている子供達がラグビーから離れていくのではないかと不安になってしまいました。

    とにかく今は失望感でいっぱいで、今のところ残り2試合観る気にはなりません。

    投稿: SHIN | 2011年9月20日 00:13

    日テレでの日本対フランス戦の視聴率は3.5%だったそうです。2019のワールドカップが成功するのでしょうか?

    投稿: つい | 2011年9月19日 13:35

    私もフランス戦の興奮や感動は「無策すぎた」NZ戦での大敗により白紙にされた気がしました。
    もちろん出た選手はみんな頑張っていて、オールブラックスが強すぎるのがいけないのですが(苦笑)、戦前から「主力は殆ど温存します」の姿勢があまりに露骨で落胆しました。NZ国籍や元NZ国籍だった彼らの出場も見たかったのも同感。
    フランス戦までさかのぼると、後半大野を出さないのは不思議でなりませんでした。あそこで「温存」する意味は全くわからなかった。
    誰を温存するかや誰をファーストチョイスと考えるかは偉大なるカーワンの判断に委ねるしかないわけですが、そこに私のような一般の人間からは理解しがたかったり共感を得られない選択が多いようにも感じます。
    激しいW杯で怪我人がどんどん出るなど当然のこと。
    私もトンガカナダへの2勝より、カーワンがこれまで一軍と考えてきた選手を投入してのNZ戦を見たかったし、万が一フランスに勝てたりしたら他の2勝なんて無くてもいい。(2勝すると有利になる今後の様々な事考えたとしても。)
    個人の夢や希望なので皆さん厳しく突っ込まないで下さいね。(苦笑)

    投稿: 「2勝」より大切なもの | 2011年9月19日 09:48

    ちょっと見方を変えて。NZ戦で選ばれていない温存メンバーの多くは、かつてABを目指し、夢破れた挫折組(堀江選手もそうだったりして)だから、その反骨精神を考えると誰よりも出場意欲は高かっただろうし、+αのプレイが出て面白い試合になっていたんじゃなかろうか。

    投稿: 腐乱架 腐乱架 | 2011年9月19日 07:21

    両CTB抜かれすぎやろう。宇薄ミス多いわDF気迫なさすぎやし。
    SO最初からキック悪いし、NZ人なら誰でもいいの。あれくらいのSOを直前に入れるなら日本人入れた方がまだ未来がある。
    FL谷口タックル悪過ぎやろ~、そして高過ぎる。宿沢さんの声を聞かせたい。
    藤田、よく頑張ってたけどな~。大野も日和佐も見ていて頑張りが伝わる。
    小野澤のトライは、経験と気迫が見れて救われました。

    CTBが怪我して、バックアップでよぶのが前回も駄目だったNZ人。
    JKもNZが好き過ぎて、コメントからも勝つ気が全くなかったけど、そんなんでいいの…。
    大西鐵之祐さんならなんて言ったかな…。

    骨は拾ってやる!
    死んでこい!

    NZはそんなにスポーツ先進国ですか?
    日本の方がよっぽど先進国です。
    NZをそんなに有り難がる必要なんてありません。
    日本の叡智を。
    日本のプライドを。

    投稿: 楕円大輔 | 2011年9月19日 03:24

    改めて考えてみましたが、2勝を目標にしているが故にNZ戦をあのメンバー編成で挑んで良かったのか。フランス戦は確かに日本の進化を見せたとは思うが、それもNZ戦の結果で白紙に戻ったような。本物のオールブラックスと試合できるなんて10年に1度あるかないかのチャンス。そのチャンスにベストメンバーで挑み日本がどれだけ進化したかを試さずして良かったのか。自分としてはW杯での勝利も見たいが、ベストメンバーでのオールブラックス戦の方が見たかった。

    投稿: たまに | 2011年9月19日 00:27

    はじめまして。
    私は残念でしたが失望はしていません。少なくとも1年ぐらいのテストマッチを見ていればこれぐらいの差は予測できましたから。魂とか夢とかで結果が変えられるほど甘くないし、実力差があれば気持ちがあっても心揺さぶるプレーはできない。すべては現実です。
    失望とかJKに駄目出ししている暇があったら、WC期間中くらいジャパンに魂や夢を持ち心揺さぶる応援をしてみろ、と文句言いの皆さんに言いたい。
    私は今後の2勝に酔いしれてから、今後の4年なり8年を考えたいです。

    投稿: さくさく | 2011年9月18日 22:17

    日和佐はフランス戦はタックルあったように見え、ABs戦はエリスにプレッシャーかけたのがタックルと言えばタックルしてます。タッチラグビーっぽいのもあったけど。エディ-・ジョーンスは彼のディフェンス買ってるみたい。ABsとは前から当たるの分かってたのに、無策な感じが残念。2勝すれば予選免除で若手をアジアの試合に使え強化が進むのは分かるけど、ABsとの試合に善戦しないとガッカリムードがラグビー界に広がるのも事実。エディ-・ジョーンスも最初の2試合が良ければ残りの2試合も良い試合が出来ると太鼓判押してる。以前、24年前にABsが日本に来た時、最終戦のABs対プレジデントXVは海外選抜に大八木、林、平尾が加わったチームだったけど、イングランドのキャプテンは試合前に「奴等を殺す」と連呼したみたいだけど、そういう気迫なく残念。JKは準備万端と言ったけど単調な攻め、クイックのスローイングやドロップアウト等の油断、ライン際でタッチに出る、2対1でパスしない、大幅ゲイン後のクイックボールの時のサイドアタック等の判断の悪さも残念でした。

    投稿: ドニントンパーク | 2011年9月18日 19:39

    シオネとトゥプアレイと遠藤と上田のセレクトは意味がないと思う。ニコラスやトンプソン程仕事をしてくれる外人ならいいが、トップリーグや弱い国相手のみに強い外人は意味がない。また上田を入れるなら、本職FBを入れるべきだったし、遠藤も派手なプレーばかりでゲインもしないので地道なプレーが出来るWTBを入れるべきだった。西原の代わりにシオネを選出したJKには今更ながら失望。大きくない日本人選手にも沢山いい選手はいる。

    今大会で2勝しなくてはJKの存在意義は全く意味がない。次大会の出場権を手に入れてほしい。そして2019年は日本人選手を増やして欲しい。

    投稿: イカ | 2011年9月18日 12:18

    SHがテンポよく出してゲインを切れるのは、人数が余ってるときだけ。日和佐選手はタックルできないから実質14人対15人。あと2試合はタックルできる田中選手に期待したい。ディフェンスできる人を出すべき。FWで日本が有利になることはないからBK7人はタックルできない選手をだすべきでない。フランス戦もSHが交代してから試合が壊れた。ラグビーはタッチフットと違うので・・・・・

    投稿: あっくん | 2011年9月18日 10:45

    JAPANに、ではない。JKに失望した。
    選ばれた選手に罪はない。メンバーを編成した時にわかりきっていた結果。生きる選手も、あの編成では生きない。いわば見殺し。
    そんな編成しか組めないJKに失望した。

    2勝?当然でしょ。ここまでしたんだから。
    驚くほど意地悪な気持ちになっているさめた自分がいる。
    多くの人心は離れた。
    払った代償・犠牲は大きすぎる。

    最近のJAPANは少し強くなったのかと勘違いしていた。
    結局は能力ある数名のプレイヤーの個人の技と力がなければ何もできない。
    JKは日本らしい組織的戦術も技も精神も、JAPANのメンバーに落としこむことはできていなかった。
    プレーがうまくいかないいらだちを、相手の胸ぐらをつかむことでしか表現できない能力も精神も未熟すぎる人間を、ピッチに立たせてはいけない。

    数名のプレイヤーの奮闘、渾身のプレイには胸ゆさぶられ、何度もぐっときた。最後までタックル、最後まで走り続ける。
    しかしJK-JAPAN への熱はさめきってしまった。さびしいけれど。
    2勝?
    今はもう興味が持てない自分がいる。
    悲しいけれど。

    いつだって。心揺さぶられるプレーが見られればそれでいい。

    投稿: ラグビー魂 | 2011年9月18日 06:02

    非常に残念。まだ前半か、まだあと20分あるのか、と時間がたつのがすごく遅く感じました。 しかし日和佐とリーチのがんばりに救われました。

    投稿: その辺の人 | 2011年9月17日 23:06

    僕にも日本代表のいい所は見えなかった。

    しかし、選手のコメント聞くと何かしら手応えを感じてるよう。

    体をぶつけ合った者にしかわからない手応えあったなら、僕は選手達を信じて、その手応えが僕等にわかる日を楽しみにしたいです。
    トンガ、カナダのどちらかにでもワールドカップで勝利できたらそれは大きな一歩。

    今大会があったからこの日があるという大会になりそう。

    カーワンさんと桜の戦士達は、僕等の誇りです。


    投稿: 池田亜樹 | 2011年9月17日 21:52

    JKジャパンに課された最優先の目標がこの大会での2勝であるなら、JKにはこの目標を実現するため最大限の知恵を絞り、チームが最大限の力を発揮できるようマネジメントしてくれることを願っています。

    トンガ戦では、今年のゲームでいいところの見えない前半の入りとスクラムに注目したいと思います。さあどうなりますか。

    投稿: マスター | 2011年9月17日 19:58

    主力を温存というのは出てた選手に失礼だと思います。でも、日本はもっとディフェンス意識と戦術を持つべきですね。アイルランドの魂のラグビーを見習ってほしいです。

    投稿: タマモクロス | 2011年9月17日 19:54

    ジャパンが蹂躙されながらも個々に奮闘している選手たちを見て自分を恥じました。145点までは取られなくても勝てはしないだろう、なんとか恥ずかしい試合にならなければいいな…と見る前から敵に敗北していました。

    95年以来、いつかジャパンが今までのお礼参りをきっちりして世界の頂点に君臨する日を夢見ながらジャパンを応援してきました。しかし、昨日の惨劇を見ながら感じたのは、試合前から自分が負け犬根性に染まってしまっていたこと。16年前と何にも変わっていなかったのは自分の意識だった事実でした

    投稿: 永遠の9番 | 2011年9月17日 19:30

    初めまして。いつも楽しみに拝見しています。NZでのフィールドレポートおよび解説、お疲れ様でございます。
    フランス戦における残り20分での連続失点、NZ戦におけるディフェンスラインの突破のされ方、いずれもこれまでのジャパンの課題とされていましたが、あまり改善がないように見えました。でもジャパンは、確実に強くなっていると思います。なぜ過去の敗戦パターンと同様になったのでしょうか?
    昨日のNZ戦は会社を早退してライブで見ていましたが、もう少し1対1での勝負を挑んで欲しかったです。ほころびができる局面もあったと思います。試合後のLO大野選手のコメント「もう少し行けた‥」にもあったように、各々選手は自分の力を出し切ったのか。もっと体を張ったプレーが見たかったです。
    長くなりましたが、今W杯ジャパンの前半2戦の内容は、1ファンとしてはとても悔しく失望しました。後半2戦でそれを覆して下さい。最後まで勝負して欲しいと思います。

    投稿: 47歳現役ラガー | 2011年9月17日 18:50

    オール ブラックス戦・・・100点差いかなかったけど
    残念 失望やな・・・
    次の2戦に勝つために、ベストメンバー組まなかったのは
    夢ないわ

    投稿: りき | 2011年9月17日 18:35

    しかし、冷静になって試合を見直してみると、このメンバーでよくやれたなとも思いますね。そもそも外人中心のチームを作っておいていきなりAB戦になってその外人をほとんど外すという時点でこの試合のJAPANを4年間で進化したかとか考えることは不可能ですよね。この試合のメンバーで4年間戦ってきたならボロカス言うべきですが。藤田や上田やうすずきなんて直前召集でしょう。JKふざけすぎですね。

    投稿: 田中 | 2011年9月17日 17:55

    外国人をむやみやたらに入れている現状を、いいじゃないかと開き直っている輩には、本日の日刊ゲンダイの松尾雄治氏のコメントを心して読むべし。

    投稿: 天木 | 2011年9月17日 17:19

    消化試合だから、こんなもん。内容なんて、ないよう。ジンバブエにしか勝ってない国なんだから、NZ戦について、真面目に考えるのは、順番を間違えている。まずは、ワールドカップで常に2勝はできる国を目指したい。
    あと2つ、フランス戦のように、ゆっくり、リスクを抑えた、つなぐ意識のはっきりしたラグビーで、とにかく勝ってほしい。勝てば、歴史的勝利。2つ勝てば、なでしこの偉業なんて、優に上回る偉業。誰も認めてくれないだろうけど。客観的な難易度はそんなもんでは。
    今のジャパンはその段階。なぜ2つは勝てるが、3つは勝てないんだ、と悩む国になろう。

    投稿: テルキー | 2011年9月17日 15:18

    はじめまして
    コメントは初になります
    悔しいですが、小野澤選手のトライは次に繋がると感じます。
    色々意見はあるでしょうが、やはり現時点ではオールブラックスは、最高に強いってことです。
    それをしっかり受け入れて、分析して次に繋げていければと考えます。
    個人的には、①ブレイクダウンに人数を掛け過ぎ②FWの足が完全に止まってしまったこと
    ③マイボールからの攻撃のチョイスがたんぱくだったと思う

    よかったことは①マイボールラインアウトは、確立はよかった(青木選手ナイススローイン)
    ②小野澤選手のトライ③日和佐選手のリズム

    沢山いいとこはありました。次行きましょう

    投稿: ささき | 2011年9月17日 15:03

    昨日の試合は残念でした。勝ち負け云々よりも、気持ちが余り伝わってこなかったです。
    主力を温存するのは日程上しょうがない
    と思います。実力に開きはありますが負けて泣くくらい気持ちが入った選手が余りみられなかった気がします。
    ボール支配率では負けてもともとかもしれません。もっともっと刺さりに行って欲しかったです。
    トンガ、カナダ共に強敵です。
    絶対に負けん!!意地をみたいです。

    投稿: 頑張ろう日本 | 2011年9月17日 14:26

    いつも楽しく拝読させていただいています。
    昨日も生放送を拝見します。
    ラグビーファンとしては,日本の戦いは失望ですね。日本とNZの差はこんなにあるのかと・・・
    オールブラックスが強い理由を読みましたが,日本とは根本的にラグビーが違うように気がしました。私も少年団の指導をしているのですが,子どもたちに何を教えればいいのか・・・日本ラグビーを強化するにはどうするべきか,協会に方針を示して欲しいものです。このままではますますラグビーファンは減少するでしょう。個人的な見解ですが・・・

    投稿: 水戸ラガー | 2011年9月17日 12:53

    今大会最多得失点差試合になりましたね。日本人バックスがあそこまでタックルできないとは思いませんでした。某掲示板では9、11意外全員外国人でも良いと思うと言ってる人がかなりいました。
    小林さんがとても落ち込んでいたのが印象的でした。

    投稿: たかか | 2011年9月17日 12:39

    ワールドカップ前は、このくらいの差だろうとは予想していたのですが、フランス戦の健闘を見たら、もう少し僅差になるかと思ってました。

    トンガ戦は、温存した選手も出るでしょうし、何としても勝ってもらいたいです。


    あと、途中交代した今村選手のケガの程度が気になります。
    また代わりの選手が召集されるのでしょうか。

    投稿: ハイメガ | 2011年9月17日 12:38

    昨日の試合で今村、吉田両選手がケガをして離脱するようですが、どの程度のケガなんでしょうか??

    投稿: YK | 2011年9月17日 12:16

    とにかく 残りの2試合!!勝ってくれ!!

    トーエツ頑張れ!!

    村上さん、試合の写真だけでなく街中や選手のオフショット すごく楽しいです。
    できれば 犬のオールブラックス見たかったです(笑)

    また 写真をたくさん載せてください。では、気をつけて楽しんできてください。

    投稿: ケンG | 2011年9月17日 10:37

    最初から勝てないので消化試合のような扱いチャンピオンクラスのチームに対し戦術とは言え失礼に当たりませんか?ほかを捨てても今出来るベストメンバーで戦って欲しいかった。

    投稿: イチ ファン | 2011年9月17日 10:24

    Jsports,小野澤選手の悔しさが痛いほど伝わるインタビューでした。
    さて、トンガ戦に影響が出なければいいが、ベンチは、この点差織り込み済みなのかもしれない。

    投稿: エリス少年 | 2011年9月17日 10:20

    初めまして。いつも楽しく拝見しています。そして現地リポートご苦労様です。昨日の試合はW杯前に課題と言われ続けた立ち上りの集中力や、ラインアウト等、努力で改善できる所は全てやっていたように思い、それだけに本当に頑張ったと思う反面悔しさを強く感じました。次の試合でも今現在の最高到達点を見せて欲しいです!&将武の君が代斉唱、目頭が熱くなりました!

    投稿: shige | 2011年9月17日 09:30

    リーチは攻守に十分通用してましたね。一番気持ちが伝わってきました。日本人も意地を見せてほしかったな。

    投稿: カ | 2011年9月17日 09:12

    白いパンツにストッキング、こっちの方が圧倒的にいいですね。
    で、いい試合が観たかった、、、
    でも、パンツに桜つけてええんかなぁ
    マークちゃうねんやから、エンブレムなんやし
    胸にひとつ輝く代表のシンボルじゃないとねぇ、、、

    投稿: おなか | 2011年9月17日 08:28

    ワールドカップでも試合後にアフターマッチファンクションは開かれるのでしょうか?

    投稿: poi | 2011年9月17日 01:49

    最後まで見るのが辛い試合でしたが、これが今の日本の実力なんでしょうね。悔しいですけど。でも、リーチ、大野、日和佐、小野澤選手の頑張りは本当にすごかったと思います。残り2試合、頑張ってください。

    投稿: タマモクロス | 2011年9月17日 00:15

    ジャパンがスキル劣るのは当然でしょ

    ただ肉薄する選手が出てきた

    このパスつなげればオールブラックスでしょ とかそういうシーンが出てきた

    自分が知る過去の日本代表は臆してたと思う

    今回はそれが感じない

    つーかオールブラックス強過ぎるでしょ(笑)


    投稿: けんじ | 2011年9月17日 00:13

    こんばんは。
    大会中の更新、お疲れ様です。
    確かに、どうしてもオールブラックスの方が上ではありますが、現時点では仕方ないですねこれは。今後、どう改善して行くかでしょうね。
    日本も本当はもっとビッグ8、あるいはそれに準ずるレベルと試合をするべきかなとも思います。
    小野澤選手のトライには私も同感です。
    極論すれば、失点が少なくてノートライより、あの失点でも1トライ返せてよかったと思っています。
    さて、次からは負けられない試合です。白星期待です☆

    投稿: AK | 2011年9月17日 00:04

    第一印象。フランス戦のメンバーで挑んだら結構やれたんじゃないか?
    第二印象。日本のバックス攻撃ってこんなだったっけ?スピードつけて走りこむこともなく横でほとんどランニングすることもなくパスもらってたら、そりゃ抜けませんよ。スクリューパスで大きく振るのは日本にはあってないですよ。
    そもそもスクリューパス自体のスピードが遅い。ふんわりしている間につめられて、タッチライン際で窮屈になるだけでしょう?

    投稿: 山田 | 2011年9月16日 22:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52749880

    この記事へのトラックバック一覧です: NZ戦結果:

    » [rugby]日本×オールブラックス [枯れた芝生の匂い]
    一切の情報を遮断して真夜中TVの前へ。NZのSOがゴールキックを外した瞬間、アップセットの条件のうちのひとつが見え、淡い期待を抱くが・・・オールブラックスは、やることなすこと全てがいやみなほど正しいな。スタンドから俯瞰している目線より、グラウンドに立って... [続きを読む]

    受信: 2011年9月17日 09:05

    » 黒衣前に、桜、轟沈。 [ココロミ]
    もうね、タイトルのままです。完膚なきまでに叩きのめされました。世界ランク1位のニュージーランドが相手なんだから、そんなことは百も承知。だけどねぇ、しかしねぇ、もうちょっとさぁ、なんとかならなかったのかなぁ。あんなに通用しないとは、情けない。フランスには、準備万端で臨んだようだが、ニュージーランドには、準備のしようがなかったのか。大野、小野澤のベテラン勢の奮起がせめてもの慰めか。一矢報いた小野澤の意地のトライ。しかし、トライ後も、笑顔はない。畠山のバックパスから、トライか? という場面。あれは、見事な... [続きを読む]

    受信: 2011年9月19日 17:17

    « 試合直前のハミルトン | トップページ | 豪州対アイルランド結果ほか »