« トンガ戦メンバー | トップページ | ファンガレイでのあれこれ »

新刊のご案内「仲間を信じて」

ワールドカップ開催期間中に恐縮ですが、9月22日、岩波ジュニア新書より、拙著「仲間を信じて ラグビーが教えてくれたもの」が発売になります。

現在開催されているワールドカップとは直接関係ないのですが、6人のラグビーマンの成長物語です。ジュニア新書ということで、主に、中学、高校時代を書いています。ラグビーというスポーツが彼らの人格形成にどのように影響したのか。また、彼らがラグビーから学んだものはなんだったのか。

この春は、6人の方々や先生、ご両親などに何度もお会いし、ご協力いただきました。ありがとうございました。登場人物は以下の目次にある通りです。それぞれラグビーに出会ったことで人生を豊かにした人ばかり。彼らが成長する過程には、熱血漢の指導者がいて、厳しくも温かい大人たち、そして信頼できる仲間がいました。中高生のみなさんだけでなく、子供たちの教育に悩む先生や、保護者のみなさんにも読んでいただきたい内容です。ラグビーを知らない人、観戦初心者の人でも読みやすいようにしたつもりです。読んでいくうちに、少しずつラグビーに詳しくなっていくと思います。

最後の神谷くんは無名ですが、弱視のハンディがありながら東大阪市の日新高校ラグビー部でレギュラーとしてプレーした立派な選手です。その前向きな生き方に感銘を受け、どうしても書きたかった人です。

岩波書店のオンラインショップはこちら。
http://www.iwanami.co.jp/shinkan/index.html

岩波書店 岩波ジュニア新書
「仲間を信じて~ラグビーが教えてくれたもの~」
定価819円

目次
1 努力する天才  大畑大介(元日本代表WTB)
2 一所懸命を楽しむ  菊谷崇(日本代表キャプテン)
3 苦を乗り越えて得た自信  大東和美(Jリーグチェアマン)
4 信じられる師と出会って 井口剛志(早稲田大学4年)
5 ONE FOR ALL、 ALL FOR ONE  林敏之(元日本代表LO)
6 夢みるちから 神谷考柄(元・東大阪市立日新高校ラグビー部)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トンガ戦メンバー | トップページ | ファンガレイでのあれこれ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    神谷考柄を中学時代に指導していました

    全くの素人で入部ししてきて視力の事で試合には出れないと思ってたらしいのに練習には真面目に参加して人一倍努力した事

    顧問の先生と試合に出していいものかと両親を含めて相談し、いざ出場させたものの試合の度にひやひやした事
    3年生の夏前に病気が再発悪化して入院してお見舞いに行った時に試合がしたいと泣いていた事

    最後の大会ではゴール前は全て神谷で行くと決めた事等

    そして最後に負けた時同級生が神谷の周りに集まった事(この世代は一人も欠ける事無く3年間を過ごしました)

    私にとっても本当に良い思い出です

    乱文お許し下さい


    投稿: 老いぼれラガー | 2011年9月23日 16:37

    現地での取材お疲れ様です。

    とうとう来ました。
    大袈裟かもしれませんが、勝負の日です。

    NZ戦の内容から2勝がマストとなりましたが、選手を信じてTVの前で応援します。

    WC終了後、ノーサイドプロジェクトの企画で、たくさんの笑顔で集まりたいです。

    Japan 見せろ 底力を!

    投稿: ヒナトモ | 2011年9月21日 07:53

    ほぼ毎日ブログ見させて頂いています。
    ボランティアで高校生に指導していますが、村上さんは自分とラグビーの距離を離さない磁石のような存在であり心から感謝しています。本買います。中学に入ってからラグビーと離れた息子にも読ませようかな。

    投稿: 44 | 2011年9月21日 06:37

    明日は、会社のラグビー仲間と途中で仕事さぼって、スポーツバーでトンガ戦見ます。でも東京も台風の進路になってて、大丈夫だろうか。。

    藤島大氏がNo.1コラムニストだなんて、全く思いません

    投稿: ベルトランヌ | 2011年9月20日 22:13

    村上さんの説明文でも涙が出ました。
    今の世の中に熱血漢で、そしてやさしい大人が少しでも多かれと願う毎日です。
     
    ぜひ読みたいと思います

    投稿: kerikeri | 2011年9月20日 20:20

    村上さぁ〜ん
    装画の感想ぐらい書いてちょんまげよ〜

    皆さん!ほんまええ内容です!
    ジュニア新書(中学高校生向け ですがラグビーファンに限らず、あらゆる世代のいろんなお人に読んで欲しい愛に溢れた本です!

    投稿: おなか | 2011年9月20日 13:48

    こんばんは

    J SPORTSの豪州VSアイルランド戦の生中継で、映像より、声が先行していましたが、あれはどうしてなんですか?非常に残念でした!良い試合なのに・・

    投稿: AKI | 2011年9月19日 21:05

    No.1ラグビーコラムニスト・藤島大さんに少しでも近づくことを期待します。
    まずは立ち読みして良かったら買います。

    投稿: さまず | 2011年9月19日 19:27

    そういえば、以前からの疑問があるのですが・・・。
      どうして、ドロップゴールを狙う人は、殆どいないのですか?

      特に、日本人。

      まあ、ドロップゴールばかりというのも、あれですが。

      是非、教えて下さい。

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年9月19日 17:21

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52772302

    この記事へのトラックバック一覧です: 新刊のご案内「仲間を信じて」:

    « トンガ戦メンバー | トップページ | ファンガレイでのあれこれ »