« 開幕戦結果 | トップページ | W杯3日目 »

フランス戦のこと

11日早朝、僕らの宿泊するホテルの周辺は強い風がふき、横殴りの雨が降っている。きのうでなくて、よかった。10日のノースハーバースタジアムは、日本代表の健闘にわいた。2003年のタウンズヴィルや、2007年のトゥールーズ、ボルドーと似た雰囲気を感じた。試合前は、フランス・サポーターの応援旗が目立っていたのだが、日本のサポーターの声援が次第に大きくなった。

Japan

僕はピッチサイドレポーターで、日本代表ベンチのすぐ横にいたのだが、試合前の国歌斉唱でピッチサイドのスタッフ全員ががっちり肩を組み合って、大声でうたっているのを聞いた。最初に簡単なトライを二つ奪われ、アレジも簡単なPGを外すなど、試合の入りは良くなかったが、ブレイクダウン(ボール争奪戦)では戦えていたし、ボールをキープして攻めることもできていた。日本が強気に仕掛けたことが接戦になったひとつの要因だった。

スクラムをコントロールされていたのは苦しいところだったが、フランスの長い時間の攻撃に対応するディフェンスを練習してきたこともあって、よくしのいだ。後半の最初に2度、インゴールに入った相手にグラウンディングさせず、小野澤が抜け出して地域を挽回したのも大きかった。あそこでスコアされていたら大差になったかもしれない。菊谷、リーチ、堀江、遠藤などなど各選手のタックルへ伸びる手がいつもより遠くまで届いていた気がする。力を出し切っていた証だろう。JSPORTSの解説の薫田さんも、スクラムの劣勢を嘆きつつ、「選手が走った距離だったら、きょうの試合で日本代表が一番ではないですか」と全力プレーをたたえた。全得点をあげてアレジは敗戦チームながらマン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)に。

Japan1

この日は、ルーマニアがスコットランドに、ナミビアがフィジーに健闘と、格下と思われたチームの全力プレーが観戦者の胸を打っていた。これこそがワールドカップ。今朝の新聞(サンデー・スター・タイムス)には、直訳すれば「小魚の日」という見出しがあった。日本は、プールAでは一番弱いと思われている。ナミビア、ルーマニアも同様だ。その国々が頑張った。日本が後半なかばにフランスに4点差まで迫ったのは、ニュージーランドの人々も驚きだったようで、試合後、現地の人に声をかけられた。

ジョン・カーワンヘッドコーチは、「選手は100%の力を出してくれた。勇気を見せ、リスクをおかして攻めてくれた。いいアタックができ、長時間ディフェンスできることも示してくれた。ニュージーランドの観客は日本がいいチームだと分かってくれたと思う」と語った。フランス代表のデュソトワールキャプテンは、「日本はダイナミックにプレーした。脅威を感じた。いい試合をしたことを祝福したい」とコメント。ただし、試合後の会見ではフランス報道陣に厳しい質問を受けて渋い表情。「25-21という点差はあり得ない状況だと思った」(リエブルモン監督)

France

ある程度の手応えと、大魚を逃した悔しさ。日本選手に共通した思いだろう。スクラム、ラインアウトのセットプレーには不安があるし、アレジのプレースキックも完全ではなかった。スローボールになったポイントからのフランスのアタックに簡単にディフェンスを崩されたのも気になった。最後の10分に3トライをたたみかけられ、最終スコアは、21-47。これが実力差というものなのかもしれないが、最後に大野や青木など元気な選手を投入する手もあっただろう。そして、力を出し切った代償としてホラニ龍コリニアシが膝を痛めて退場。次戦以降の出場が危ぶまれる。すでにアイブスも失っており、今後も総力戦になりそうだ。

ニュージーランドが鉄板の優勝候補で、つまらない大会になるのでは?という声もあったら、開幕戦、2日目で、多くの人が「やっぱり、ワールドカップは面白い」と感じただろう。きょうも、オーストラリア対イタリア、アイルランド対アメリカ、南アフリカ対ウエールズと、面白いそうな試合がある。最後はサービスカット。新聞に掲載されていた、オールブラックスのソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)。開幕戦でジャージが破れて着替えるところ。何をやっても、話題になる選手である。

Sbw1

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 開幕戦結果 | トップページ | W杯3日目 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    会社でラグビーを見ない人たちに、日テレを土曜日に見るよう言いました。部下には命令しました。その人たちは、後半70分までは本当に興奮したと言っていました。これが地上波のよい影響です。
    フランスの前半4分のメダールのプレーについては、あれは明らかにラック成立でしょ。だから
    『タックルドプレイヤーはオフサイドは取られないのか?』という一点ではないでしょうか?
    それにしても小野澤選手はRWC9キャップのいい味出してましてね。

    投稿: エリス少年 | 2011年9月13日 20:43

    ジャパン強くなって嬉しいです。
    ツキがないよなぁ
    それも実力の内とは言うが。

    アレジがポスト下にトライした時
    小林しんろくろうさん
    あぁ~~

    解説にコメント振られるも無言

    あんな気持ちのこもった解説あったでしょうか(笑)

    村上さん小林さんの解説が大好きです。
    でも藤島さんも顔みたら解説好きになりました(笑)

    投稿: けんじ | 2011年9月12日 21:57

    僕はなぜ総力戦になっていた中、アオキ、大野出して欲しかった。

    明らかにFWは疲れていた

    投稿: 野蛮 | 2011年9月12日 12:43

    やはりワールドカップは何が起こるかわからないし、面白い!その役者の一角をジャパンが演じたのは非常に気持ち良い。途中、なでしこのときみたいに、ひょうっとして勝つかも?!という興奮を感じたのは私だけではないと思います。「勝てなかったらいっしょじゃん」かも知れませんが、こういうゲームを見せてくれたら、8年後に向けて盛り上がってくる、と私は思いますよ。

    投稿: こばちゃんさん | 2011年9月11日 23:12

    テレビの前で必死に手を叩いて応援していました。
    4点差まで詰め寄ったときには、勝つ瞬間を想像して涙が出そうになりました。
    桜のマークを胸に戦った代表の選手たちは世界一勇敢な人たちだと思います。

    投稿: マレー | 2011年9月11日 22:12

    点差は差ほど変わらずですが、8年前のタウンズビルに比べたら地力の底上げは間違いないと思います。当時はフランス側も油断して日本の攻撃も上手くはまった感じでしたが、今回は対等に戦った感じでした。
    日本ラグビーを発信できるイイきっかけになったゲームだったと思います。今後すぐにでもヨーロッパのチームと毎年テストマッチを行なって地力を上げて行かなければいけません。

    投稿: スペンサー | 2011年9月11日 19:41

    昨日の敗戦、国内の関心の獲得に失敗した

    あとは残り3戦で結果を出し、仏戦の健闘が本物であることを世界に証明してほしい

    投稿: 永遠の9番 | 2011年9月11日 18:38

    途中までは本当に惜しい試合で、選手は頑張ったと思いますが、勝てなければ大きな意味が無いということが今日の新聞の扱いで分かりました。本当に残念です。

    投稿: タマモクロス | 2011年9月11日 17:21

    「金星逃す」という見出しの記事を載せていた新聞がありましたが、果たしてそうかな。

    8年前のタウンズビルの試合を記憶にとどめている者には違和感があります。

    投稿: マスター | 2011年9月11日 17:17

    前半で一次攻撃が簡単に抜かれたことが気になります。相手は特別なことをしているように見えないのだけれど、次の試合に向け、当然チェックしていると思うけど。
    あと、最後に近い攻めで、前に突っ込むのを躊躇したFWの選手がいるのが残念。あの時点でかなり疲れている様子。後からだから言えるのかもしれないが、フレッシュな選手を出してもよかったのでは?
    次のNZ戦は日本はBチーム(という言い方は失礼かもしれないが)を出すのかな?

    投稿: ラグビー中年 | 2011年9月11日 15:28

    村上さん、お疲れ様です。
    昨日の試合はしびれました。
    色々意見もあると思いますが、いい試合が見られてよかったと思います。
    次戦もガンバレ~

    投稿: チロ | 2011年9月11日 12:23

    キャプテンが言っていたとおり、最後の3トライは余計でした。接戦時は本当に勇敢な戦士たちでした。日本代表の敢闘に心より敬意を表します。

    投稿: 青高 | 2011年9月11日 11:48

    ほんの一瞬だけど、奇跡を信じてしまった自分がいた。

    投稿: にがえもん | 2011年9月11日 11:07

    21-25の時、まさかと思いつつ、期待している自分がいました。
      皆さん、お疲れ様でした。
      
     

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年9月11日 10:34

    教えてください!
    フランスの1本目のトライの時に、フランスの選手がラックからいきなり立ち上がったのですが、どのような解釈になるのでしょうか?

    大野、青木を最後まで温存した理由をJKに質問してください! 

    投稿: ブラジリア | 2011年9月11日 10:31

    フランス戦、JAPANの試合で久々にかぶりつきで最後まで応援しました。本当にお疲れ様です。次に向けていい準備をしてほしいです。

    個人的な感想ですけど、フランスのBKディフェンスラインのプレッシャー(押し上げ)はそうでもなかったように思えたので、JAPANのBK陣もうまくアタックできたように見えましたし、逆に田中、日和佐の両SHの素早いさばきにディフェンスが仕掛けられなかったかもしれません。それと、特にブレイクダウンの攻防は目を見張るものがありました。
    確かに個人スキルの差でフランスのBack3に簡単にゲインされる場面も多々ありましたが、全体的にディフェンスはよく頑張っていた印象が強く残ってます。

    しかし、次の相手は、あの相手です。
    今まで以上の組織ベースのディフェンス、ブレイクダウン、アタック、そしてセットプレー・・・相手のきついディフェンスのプレッシャーにも恐れないクイックな展開に期待し、応援します。

    GO JAPAN!

    投稿: ベスティ | 2011年9月11日 09:45

    フランスの選手が日本のカウンターラックの後に起き上がって、トライを取ったのは反則ではないのでしょうか?
    不可解に思ったので質問させていただきました。

    投稿: みすど | 2011年9月11日 09:07

    仏のヤシュビリを相手に、日本のSHは2人とも素晴らしかった

    投稿: コドロニュー | 2011年9月11日 09:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52699592

    この記事へのトラックバック一覧です: フランス戦のこと:

    » ラグビーW杯観戦~東大阪のてっぺんで~ [森本 光ブログ☆ラグビー好きやねん!太ももには青いサポーターを]
     待ちに待ったラグビーワールドカップが開幕し、日本代表は強豪フランスと対戦した。 [続きを読む]

    受信: 2011年9月11日 10:57

    » 日本代表対フランス代表 結果 [ココロミ]
    4点差に追い上げた時は、もしや!? と期待してしまった一人です。アメリカ戦後、ジャパンは大丈夫かと心配でなりませんでしたが、選手たちの気迫あふれるプレーに、おお、フランス相手に奮闘してる! と嬉しくなりました。私は、コレを握りしめてテレビの前で応援しとりました。↓ コレ。ジャパンのタオルね。... [続きを読む]

    受信: 2011年9月12日 00:21

    » [rugby]日本×フランス [枯れた芝生の匂い]
    パブリックビューイング会場の秩父宮にいたせいかもしれない。自分が歴史の目撃者になるのだとかなり強く自覚したのだけれど。また最後の20分で力尽きたのか。否。本気で勝ちに行って、終盤スコアと残り時間の現実に100%が出せなかったのだろう。この舞台でのアップセ... [続きを読む]

    受信: 2011年9月12日 08:49

    » 大阪府立「花の文化園」はすでに秋の香り!! [IXY-nob]
    一昨日の日曜日はホームグラウンドの大阪府立「花の文化園」へ撮影行。開園の10:00丁度に到着したのですが、入口付近は重厚な三脚を従えたカメラマンが大集結。 どこかのサークルの例会かもしれません。 「この日に例会をするということは花がちゃんと咲いているということだ」とポジティブに解釈。早速、いつものルート(左回り)でスタート。 幸い好天に恵まれ明るさは抜群。 もう9月なので10時くらいならば、まだ斜光で光の変化にも出会えそう。 特にテーマも決めずに撮りはじめたのですが、蝶やカエルなど小動物も手伝ってく... [続きを読む]

    受信: 2011年9月14日 20:31

    « 開幕戦結果 | トップページ | W杯3日目 »