« 14日からW杯再開 | トップページ | NZ戦前日練習&マコウ出場回避 »

オールブラックス戦先発ほか

201109141

14日は、スタジオ収録の日。スタジオの背後に見えるハーバー。きょうも異常に風が強かった。オークランドでも、これほどまでに強いのは珍しいらしい。試合は、サモア対ナミビア戦からスタート。トンガ対カナダ、スコットランド対グルジアと続いた(写真はオンエア画面。3試合目の実況は矢野武さん、解説・大畑大介さん、小林深緑郎さん)。グルジア、堂々たる戦い。

20110914

ナミビアは、フィジー戦から中3日だったのだが、やはり、全体に見て1試合をこなしたチームと、初試合のチームでは体のキレが違う。中3日、中4日というのは、かなりきついということがよくわかる。トンガも開幕戦から11名メンバーを入れ替えて臨んでいた。しかし、トンガ、カナダともに強い。カナダは2007年大会より数段いいチームになっている。

スコットランド対グルジア戦を控室のテレビで見ていたら、ニュージーランドのジョン・キー首相がスタジオ見学に訪れた。びっくりしたのは、ニュージーランドのテレビのスタッフが誰も椅子から立ち上がらずに首相と談笑していたこと。フレンドリーな、身近な感じの人みたい。「今の首相だよ」。「ジョン・キーでしょ? 知ってますがな」。僕は完全に固まっていた。「なぜ立たないの?」と聞いてみたが、「彼も同じニュージーランド人だし、それにいつも注目されているから大変だろうと思って」とのこと。立ち上がって拍手したりするのが普通みたいだ。

201109142

午後、16日にオールブラックスと戦う日本代表メンバーが発表になった。前日、地元新聞の質問に答えてジョン・カーワンヘッドコーチはこう話していた。「オールブラックス戦にベストメンバーで臨みたい気持ちは強いが、日本代表の目標は最低2勝であり、そのためにメンバーは慎重に考える。グラハム・ヘンリーも、同じ立場なら同じことをするだろう」。続くトンガ代表戦まで中4日しかないため、メンバー編成はこちらのメディアでも注目されていた。そして、発表されたメンバーは、初戦から10名の変更。数名の主力を温存するものになった。「選手たちは同じ練習をこなしてきた。力は大きく変わらない。目標達成は30人で戦わないと難しい」。

対するオールブラックスは、ほぼベストの布陣。当初、SOダン・カーターも出場すると情報が流れていたが、怪我のため大事をとって欠場することになった。リッチー・マコウは、この試合でニュージーランドラグビー史上初の100キャップとなる。日本代表出場メンバーには意地を見せて最後まで粘り強い戦いを期待したい。また日本で育った選手が多く、日本ラグビー全体のレベルアップを証明する内容であってほしい。

◎日本代表(オールブラックス戦メンバー)
1.川俣直樹、2.青木佑輔、3.藤田望、4.大野均、5.北川俊澄、6.谷口到、7.マイケル・リーチ、8.菊谷崇、9.日和佐篤、10.マリー・ウィリアムズ、11.小野澤宏時、12.今村雄太、13.平浩二、14.宇薄岳央、15.上田泰平/16.湯原祐希17.畠山健介、18.北川勇次、19.バツベイ シオネ、20.吉田朋生、21.ウェブ将武、22.アリシ・トゥプアイレイ

◎ジョン・カーワン ヘッドコーチ
「フランス戦では、世界にジャパンスタイルを示すことができました。更に高いパフォーマンスレベルを目指して、第2戦であるニュージーランド代表戦でも競いあったゲーム展開に持ち込みたいと思います。試合の結果よりも、ゲーム内容(ジャパンの戦いぶり)、そして試合を終えて、出場チームのなかで最も成長している代表チームであることを証明したいと思います」

◎菊谷崇キャプテン
「世界ランク1位のニュージーランド代表を相手に、今の日本ラグビーがどれだけ通用できるのか、きちんと準備をして、チーム一丸となって80分間全力で臨みたいと思います」

◎ニュージーランド代表オールブラックス(日本戦メンバー
1.トニー・ウッドコク、2.ケヴィン・メアラム、3.オーウェン・フランクス、4. ブラッド・ソーン、5.サム・ホワイトロック、6.ジェローム・カイノ、7. リッチー・マコウ、8.アダム・トムソン、9.アンディ・エリス、10.コリン・スレイド、11. リチャード・カフイ、12.マア・ノヌー、13.コンラッド・スミス、14.コリー・ジェーン、15.ミルス・ムリアイナ/16.アンドリュー・ホア、17. ジョン・アホア、18.アリ・ウィリアムズ、19.ヴィクター・ヴィト、20.ジミー・カウワン、21. ピリ・ウィップー、22.ソニー・ビル・ウィリアムズ

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 14日からW杯再開 | トップページ | NZ戦前日練習&マコウ出場回避 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    オールブラックス相手だからこそ、最強の布陣で戦って欲しいです。が、今回のスコッドは力の差があまり無いのも事実。日本人主体でどこまで出来るかも見ものです。
    とにかく、熱い試合を見せてくれ‼ 仕事で生で見れませんが、気持ちはニュージーランドにあります‼
    ライアンがいないのは少し心配ですが…

    投稿: まっつん | 2011年9月15日 08:01

    もちろんCスミスも怖いですがSBWがスタメンじゃないのは救いでしょうか? 彼を止めれてもオフロードまでは難しいでしょうから…。
    95年とは比べられないくらいABsのよいメンバーですよね…。ABsはアピールしたいではなく、怪我を恐れてプレーしてほしいです。
    NZ出身のジャパン選手はやっぱり出たかったんですかね~?
    次戦は今村選手に期待します!

    投稿: タツヤキ | 2011年9月14日 21:42

    カナダはRWC2007より数段いい、という意味がわかりました。直近の試合を見ずして、同国のラグビーはSOガレス・リーズがいた頃がベスト、と勝手に思い込んでいました

    投稿: コドロニュー | 2011年9月14日 20:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52729178

    この記事へのトラックバック一覧です: オールブラックス戦先発ほか:

    « 14日からW杯再開 | トップページ | NZ戦前日練習&マコウ出場回避 »