« フランス戦のこと | トップページ | 12日のW杯はお休み »

W杯3日目

日本代表メンバーに変更あり。やはり、ホラニ龍コリニアシは、右膝靭帯損傷だった。彼はメンバーから外れ、代わって近鉄ライナーズのタウファ統悦が招集された。

◎タウファ統悦選手コメント「これまでワールドカップに出場するために、頑張ってきました。責任を強く感じています。近鉄ライナーズを代表するということはもちろんですが、日本代表として、必死に日本のために戦ってきたいと思います。そして、プレーを通して今回の東日本大震災で被災された皆さんの少しでも力になれたらと思います。試合に出場したら激しいタックル、ジャッカルで貢献し、少しでも早くバックスにボールを出せるようにプレーします」

コメント欄の質問にお答えします。日本が奪われた最初のトライは、タックルされて倒れた選手が起き上がっているので、僕も反則だと思いました。ただ、レフリーはよく見て判断していたので、倒されたあとにボールをいったん地面に置いて手を離していること、日本の選手が通り過ぎて誰もいなくなってしまったことで、そのままプレーがOKになったと思われます。

JKが、大野、青木を温存したことについては、記者会見で小林深緑郎さんが質問。JKはこう答えました。「この試合はまだ何が起こるかわからない。怪我をする選手が出るかもしれないと考えた。また、大会はこれで終わりではない。フレッシュな選手を残しておきたかった」

Auck09111

11日は、3試合が行われた。現場に行けない試合に関して、JSPORTSは、オークランドのウォーターフロントにあるスタジオで収録することになっている。写真は港側から見えるスカイタワー。そして、外から見るスタジオ。赤いジャージは矢野さんの背中だ。

Auck091102

Auck09114

Auck09113

スタジオの裏側はこんな感じ。第1試合は、オーストラリア対イタリア。昨日日本が戦ったノースハーバースタジアムには、強い雨と風が吹き荒れていた。でも、すぐに晴れ間がのぞく。オークランドは、「一日の中に四季がある」と言われるそうだが、まさにそんな一日。試合はイタリアが健闘したものの、オーストラリアが慌てず切り返した。イオアネは相変わらずキレている。

2試合目も、アメリカがアイルランドに健闘も後半なかばに突き放された。それでも最後までついていったのは評価できる。サントリーのトッド・クレバーがキャプテンで活躍しているのが嬉しかった。3試合目は、前大会王者の南アフリカにウエールズが挑戦。すごい試合。まだ見ていない方、ぜひ。いまだ一方的な試合無し。ワールドカップ、面白い。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « フランス戦のこと | トップページ | 12日のW杯はお休み »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    アイルランド対アメリカ戦では格下国の意地を見た気がします。

    後半にハーフ団を入れ替え、ゴール前でパワープレーを仕掛けてきたのに対する渾身のディフェンス

    ラストワンプレー、ボーナスポイントを狙って一発でトライを取りにきたのに対する技ありのインターセプトトライ

    気持ちのこもった各プレーに無性に興奮しました。とりわけ主将トッド・クレバーの『漢』気溢れるプレーは鳥肌モノ。普段の彼はどういう人なんだろう?彼の人間性に強い興味を覚えました。おそらくプレーと同様『漢』気溢れる好漢なんでしょうけれど…。

    投稿: 永遠の9番 | 2011年9月14日 11:45

    ナミビアの選手、確かに運動能力がたかく、強いですね。
    荒削りですが、コーチングや環境が整ったら、強豪チームになるのでは

    投稿: シノプー | 2011年9月13日 14:56

    クレバー選手が何度も強烈なタックルを見舞っている姿を見て、WCへの意気込みを感じました。

    投稿: シノプー | 2011年9月13日 14:53

    ホラニはトンガ戦絶対出たかったでしょう。好きな選手だけに戦列離脱は辛いです。

    投稿: こばちゃんさん | 2011年9月12日 23:51

    いや、確実にジャパンは進化してくれてると思いますよ!
    確かに大野選手なら体力でも精神的にもチームをテンポアップさせてくれたでしょうね。ただ堀江選手は今までで一番頼もしくリズム変わって欲しくなかったので個人的には良かったです。もちろん青木選手も素晴らしいですが。

    投稿: タツヤキ | 2011年9月12日 21:51

    今回のワ−ルドカップにタウファ統悦選手が選ばれていなかったので、凄く残念だったのですが、今回の代表選出嬉しかったです。次のニュ−ジ−ランド戦に先発出場して暴れ回ってきてほしいです。

    投稿: KLKK | 2011年9月12日 18:17

    フランス戦は本当に感動しました!!

    ところで、イングランドのジャージですが、
    なぜあんなに背番号がとれてしまうのでしょうか?
    小学生の息子のジャージでさえ昇華プリントです・・・

    ナイキ社は焦っているのではないでしょうか?!

    投稿: りょうやごん | 2011年9月12日 15:21

    村上さん!
    早速質問に答えて頂き誠にありがとうございます。
    最後の10分はFWがへっばってきたように見えたので、大野を入れて活性化させてはと思ったのですが。。。
    こういう議論が日本でもっと聞かれるようになるといいですね!

    投稿: ブラジリア | 2011年9月12日 11:04

    過去のW杯の試合でもう一度見たいと思うのが、第1回大会のプールマッチ、仏×スコットランド。後に決勝まで進む仏が、一瞬の隙を衝いたブランコのプレーで、辛くも引き分けに持ち込んだ試合。今大会の各プールの熱い闘いを見て、思い出しました

    投稿: コドロニュー | 2011年9月11日 23:40

    ワールドカップ、楽しませていただいています。まだ未登場のグルジアとサモアにも期待です。
    ところで、今回のワールドカップのニュースをNHKが全く取り上げていないようなのですが、何か事情があるのでしょうか(他の民放でも取り扱っていない局があるかもしれませんが・・・)
    何とか扱っていただくようにする事は出来ないものでしょうか?8年後を控え、心配でなりません。

    投稿: なす | 2011年9月11日 23:04

    ウェールズの若い選手達は素晴らしく、非常にエキサイティングな試合。特に、フックをFBに回してFHに入ったプリーストランドという4キャップの24歳は、大きなキックや落ち着いたゲームメイクが印象的。他にも若きスキッパー=FLウォーバートンやWTBノース、後半爆発のNO8ファレタウなどが活躍。もちろん、WTBウィリアムズ、フック、CTBロバーツなどベテランも奮起。ともかく必見です!

    投稿: コドロニュー | 2011年9月11日 20:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52703932

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯3日目:

    « フランス戦のこと | トップページ | 12日のW杯はお休み »