« まもなく3位決定戦 | トップページ | W杯決勝前日 »

3位決定戦結果

201110211

21日は、W杯3位決定戦が行われた。お昼前後に、オークランド空港にはたくさんのオーストラリアサポーターが降り立ったようだ。午後8時半キックオフ直前、イーデンパークのピッチ上では、両チームのウォーミングアップが行われている。オーストラリア代表ワラビーズのナイサン・シャープが100キャップに達するとのアナウンスに会場が沸く。

ウォーミングアップから下がるのはウエールズのほうが遅かった。赤いウィンドブレーカーを着た選手たちに大きな拍手が送られる。ニュージーランドの人々はその多くがウエールズの応援しているようだ。準決勝の惜敗。力を出し切る戦いぶりも支持を得る要因だろう。両チームのメンバー紹介では、ワラビーズのSOクーパーにブーイング。これはもうお約束だ。ウエールズには一人ひとり大歓声があがる。FBハーフペニー、WTBシェーン・ウィリアムズ、SHフィリップス、FLファレタウにはひときわ大きな歓声が。

201110212

メディア関係者だと思うが、隣にいた女性がウエールズのアンセムを高らかにうたっていて感動した。試合はウエールズのキックオフで始まり、ワラビーズが攻め、ウエールズが低いタックルとジャッカルで切り返す。ワラビーズは、前半11分、CTBバーンズが先制トライを奪うが、FBビール、SOクーパーが相次いで負傷退場する。2人とも相手に当たらずに怪我をした。ビールは肉離れが治りきっておらず、クーパーはステップを切って右ひざを痛めた。不運といえばそれまでだが、連戦の疲れなのかもしれない。

ウエールズは、ジャッカルが得意な選手が多いし、ワラビーズのサモからSHフィリップスがボール奪うというパワーも技術もある。追加点は与えず、前半は7-3のワラビーズリードで終了。後半に入ってもウエールズ防御は固く、8分には、ターンオーバーからつないでWTBシェーン・ウィリアムズがトライし、7-8と逆転した。

しかし、ここからワラビーズは、ジワリと地力を見せる。ウエールズの攻撃を分厚い防御で跳ね返すと、オコナーの2PG、SOの位置に入ったバーンズのDGで16-8とする。ウエールズにPGを返されたが、さらに攻め込み、アシュリークーパーがゴールに迫る。ここはウエールズのボールに働きかけるタックルで防がれたが、そのあとの攻撃でNO8マッコールマンが勝利を決定づけるトライをあげた。それでもウエールズは最後の力を振りしぼって連続攻撃をしかけてFBハーフペニーがトライ。勝利にはつながらなかったが、プライドを見せた。それを懸命に止め続けたワラビーズも立派。最後の攻防は見ごたえがあった。

201110213

準決勝で敗れたショックもあっただろうし、肉体的な疲労はピークに達していたはず。ブロンズメダルの表彰式後は、両者にねぎらいの拍手が送られていた。松葉杖で登場したクーパーにも大きな拍手が。

201110214

最終スコアは22-18。マン・オブ・ザ・マッチは、ミスなくゲームをリードした、ベーリック・バーンズ。

追記◎21日朝のニュージーランド・ヘラルド紙についていたポスター。ベストの6人は、左から、ノヌー、カイノ、ウィップー、マコウ、ソーン、ダグ。さあ、いよいよ決勝戦を残すのみだ。

201110215


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « まもなく3位決定戦 | トップページ | W杯決勝前日 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

     ざっくり言って、カーワン前監督がやりたかったのは今回のウェールズみたいなスタイルではなかったかと思いました。でも、現行のトップリーグ育ちの選手にはそこまで到達出来なかったのではなかろうかと。

     目に写りやすい監督にばかり矛先を向けて溜飲を下げても、ジャパンは強くならないと思いますよ。トップリーグ、大学、高校ラグビーくらいまでを徹底的に抜本改革しないと。

     私は思い切って、トップリーグの外国籍選手の出場規制を撤廃し、トップリーグに日本代表を参加させる。トップリーグ下にトップチャレンジをリーグ化で新設し(こっちは外国籍選手の出場規制あり)で、U23も参加させ8チームくらいでホーム&アウェイにしたらどうかと思います。選手の移籍も自由化すれば、相当選手は鍛えられると思います。上では外国籍選手に鍛えられ、下では出場機会を得て実戦で鍛えられ。この案が正しいとは思いませんが、これ以上の妙案での改革を協会に期待したいのですが……。

    投稿: トリック | 2011年10月23日 08:47

    いよいよ決勝ですね。最高の戦いが楽しみな反面、終わってしまうのが寂しい気持ちです。村上さんも体調をくずされないようお気をつけください!
    さて質問です。マンオフザマッチがいつも終了10分前くらいに発表しているのはどうしてなのですか?早めに決めてたとしても発表は試合終了後でもいいのではと思ってしまいます。この後大逆転やスーパープレーが起こったら?と気になってしまいます。

    投稿: はんちんぐ | 2011年10月22日 14:18

    見逃したー、痛恨。
    後は、全く興味を持てない決勝だけか…
    あとは日本のAB(天理)に期待。

    投稿: テルキー | 2011年10月22日 13:15

    もうすぐ終わっちゃうのかあ
    淋しいですね

    決勝戦楽しみです
    ラスト、頑張ってください!

    投稿: BP | 2011年10月22日 12:10

    双方ヘトヘトでしたが、好プレーも多く、試合後のフレンドリーな様子を含めて、ラグビーらしさが感じられる試合でした。

    ウェールズのトライ後にはトム・ジョーンズ、ワラビーズの場合にはメン・アット・ワークと、それぞれお国のスターの曲がかかりスタジアムを盛り上げる。観客もみな楽しそうで、いい雰囲気だったと感じました。

    投稿: コドロニュー | 2011年10月22日 10:42

    松葉杖に溜飲を下ろしたのかと首を傾げたくなる喝采です
    大会を通じてあれだけ野次っておいて

    投稿: ナベゾ | 2011年10月22日 05:50

    素晴らしい3位決定戦でした。
    最後の最後で、これからのウェールズを背負っていくであろう、若きFBハーフペニーのトライで終わって「ジーン」と来ました。
    イーデン・パークでのラストゲームの解説がんばってください。
    楽しみにしています。

    投稿: だい | 2011年10月22日 00:20

    決勝はファイナルラグビーよりもエキサイティングな試合がみたいです!
    解説者も矢野さんだし本当に楽しみです!

    投稿: タツヤキ | 2011年10月22日 00:08

    松葉杖でブロンズメダルをもらうクーパーに拍手が送られた時は涙が出ました。そして、それに手を挙げて応えるクーパーの姿にも…。

    投稿: らぐじ~ | 2011年10月21日 21:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53048725

    この記事へのトラックバック一覧です: 3位決定戦結果:

    » [rugby]third-place play off [枯れた芝生の匂い]
    毎回、存在意義が問われ、実際に一方のチームのモチベーションが低くゲームが壊れることの多い3位決定戦。試合前の両チームの表情には、敗者復活戦の匂いはまったくなし。そして、期待どおり定説を覆すゲーム。「事実上の決勝戦」から中4日で「4年後の決勝戦」を戦うこと... [続きを読む]

    受信: 2011年10月22日 09:24

    « まもなく3位決定戦 | トップページ | W杯決勝前日 »