« 伝説のオールブラックスが助言 | トップページ | マコウの負傷 »

カーワンHC辞任

13日、日本ラグビーフットボール協会から、日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチの退任の発表があった。本人が辞任の意向を伝え、協会として受諾したもの。今回のW杯は、2019年W杯に向けて、強豪国との対戦機会を増やすためにも、結果が求められていた。カーワンヘッドコーチもその意気込みで目標を2勝と設定して臨んだのだから辞任は当然だが、まずはなぜ勝てなかったかの総括をし、次の体制に求められる資質など明らかにした上で、次期監督を決める手順は確実に踏んでもらいたい。

◎ジョン・カーワンヘッドコーチのコメント
「日本ラグビーとともに、大変有意義な年月を過ごすことができました。就任してからの5年間で成し遂げた、チームの成長や成績を大変誇りに思います。私自身、この後も日本ラグビー発展のため、お役に立てることがあれば喜んで協力してまいります。5年の間、ヘッドコーチの業務を行うにあたり、サポートいただいた皆様、ありがとうございました」

◎日本ラグビーフットボール協会 矢部達三専務理事
「カーワンヘッドコーチの2007年の日本代表ヘッドコーチ就任以来、新手法も盛り込んだ強化のプロセスによって、日本代表は確実に進化してきたものと考えます。本年の7月には、17年ぶりにフィジー代表に勝利し、IRBパシフィック・ネーションズカップ初優勝を 手中にするなど、日本代表の世界ランキングを最高位となる12位まで上昇させたことは大いに評価できることだったと思います。また、カーワンヘッドコーチ個人の国際的なネットワークの活用により、ワールドカップ日本開催の招致活動においてのメディア対応、日本代表のマッチメイクなど、グラウンド外での貢献も大きかったと思います。
 しかし、カーワン体制に多くの功績はあるものの、最大の目標であった今年のラグビーワールドカップ ニュージーランド大会において、1分3敗という結果は厳しく受け止めなければなりません。この度、本人から辞任の意向を受け、本人の意向を尊重するとともに、日本代表が次のステップに進む為にも、辞任の申し出を受諾することといたしました。
 セットプレーの強化、拮抗した試合の中で確実で力強いプレーができること、そして日本独自の戦い方を模索していくことなど、課題は多くあります。早急に日本代表の体制を見直し、一新し、次のワールドカップである2015年大会、そして日本開催となる2019年に備えていきたいと思います」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 伝説のオールブラックスが助言 | トップページ | マコウの負傷 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    JKの功績は大きい
    結果は伴わなかったかもしれないが
    エリサルドの尻拭いを半年でやってのけた手腕
    ランキングアップ等実際に強くなったと思います

    しかし今回の大会を見るとナミビア、グルジア
    ルーマニアなどセカンドティアのチームの底上げが本当に進んでいる。

    そろそろ日本のオリジナルとなる戦術プレーを
    考えていかないと外国に勝てなくなってくるかもしれません。
    昔はショートラインアウトなどのオリジナルプレーで世界に対抗してた訳ですし・・・


    8年後は本当にあっという間にやって来ます
    1日も無駄にできません

    僕的にはエディージョーンズに次のW杯は
    任せて2019年W杯は清宮監督で・・・が
    理想であります。

    早稲田がトヨタを破った時のような試合を
    JAPANは外国にしなければならないと
    思います

    投稿: ホルスタイン | 2011年10月14日 17:50

    ラグビーファンさんにどうしても一言言いたかったので再度コメントします

    あなたが言われている部分ある意味個人的には同調します

    あなたが考えるベストの布陣ではないししかも外国人選手が多く親近感が持てない
    キャプテンが頼りない
    それらは個人的主観であり相対的に物を見ての意見ではないと感じます
    ご承知の通り今回W杯に出場している殆どのチームは多国籍のメンバーを加えてます それは流行りとかではなくその方が結果が出ると信じて選考されてるからです 勿論それだけでないことは日本をみても理解して貰えるのではないでしょうか
    今回逆にジャパンが大躍進していたとしたら
    あなたは同じようにJKを批判しているでしょうか

    私もJKが絶対だったとは思いません それは結果が出なかったことが一番の理由です 退任も仕方ないと思います 理由は上記通りです

    しかしJKが世界と戦うためにゲームマネージメントという言葉を用いて選手へ落とし込んでいったことはこれまでのラグビー会では画期的ではなかったかと考えます
    そのための布陣を判断しメンバー選考から配置を行うやり方に間違いがあったとは思えません
    なによりもヘッドコーチがチームコンセプトを決め自分の思う選手を投与できない方がおかしいと考えます

    長々と書きましたが今回結果が出なかったことのフラストレーションは誰もが感じてることです

    それをどう変えどう進めて行くのか現在の協会のブラックボックスにも似た体質は確かに良くないと考えますのでそこを改めていただきたいのは同感です


    投稿: ささき | 2011年10月14日 11:23

    村上さん、いつも楽しく読ませていただいております。

    JK、5年間ありがとうございました。
    W杯での勝利はなりませんでしたが、強豪国と勝負できる土俵までレベルアップさせ、PNCでも結果を出してきた手腕は間違いなく歴代の中で最高の監督だったと思います。

    今回のW杯の結果のみでメディアやファンからJKに対して批判的な意見が多いようですが、勝てなかったのははたしてJKの責任でしょうか?
    「JK好みの選手選考」的な言い回しが良く目に付きますが、コーチが目指すスタイルにマッチした選手を選ぶのは当然では?
    外国人の人数も、代表資格がある選手の中で実力が日本人よりあっただけの話で、トップリーグなどで外国人選手を押しのけて日本人がレギュラーを取れないのがそもそも問題だと思いますが。
    トンガ戦、カナダ戦ともに単純なミスと相手のプレッシャーに耐え切れず勝てなかったのは、選手個々がJKの求めるレベルまで到達していなかったと思います。

    次期監督が誰になるか未定ですが、代表のスタイル以前に世界に通用する選手(日本人)が多く出てこないと誰が監督をしてもベスト10入りは難しいと思います。

    あと、協会はお話になりませんね。。。
    逆に協会の会長をJKにやってもらっては???

    投稿: レジェンド | 2011年10月14日 11:05

    愛好日記いつも楽しみにしています。

    質問です。
    村上さんが協会の方々と直接意見を交換できることはあるのでしょうか。
    村上さんの考えには賛同できることが多いです。だから協会にその貴重な意見を直接伝えてほしいなと思っています。(取り入れられるかどうかはわかりませんが。)


    本当に日本代表には強くなってほしいです。

    投稿: sk | 2011年10月14日 02:11

    スーパースター、カーワンありがとう!サッカーのジーコが監督として結果を出せなかったものの、日本サッカーのレベルアップに多大な功績を残していったのと同じ様に、遠くニュージーランドから来て日本のラグビーに力を尽くしてくれたカーワン氏に感謝したい。これからも日本のラグビーにアドバイザーとして関わっていってもらいたい。8年後を成功させよう!

    投稿: こばちゃんさん | 2011年10月14日 00:46

    2019年のその日まで、一緒に闘って頂きたかったので、とても残念です。

    カーワンさんのお陰で、実りが見えてきたものを。

    更に皆に見える形に結実して欲しかった。

    ワールドカップでの勝利という形には、なりませんでしたが、選手達が手応えを感じてくれたので更に進化させてくれるはず。

    そこまで導いて下さり、カーワンさん、ありがとうございました。

    感謝の言葉しかありません。

    日本のラグビー界は、カーワン路線を踏襲して、進化させて行って下さい。

    投稿: 池田亜樹 | 2011年10月13日 23:11

    カーワンヘッドコーチの退任は当然です。
    あれだけ外人ばかりにして親近感の持てないチームにした挙げく、結果も出せなかったので、解任でもいいくらいです。
    しかし、カーワン退任に関して関係者のコメントがみんな優等生で気持ち悪いです。お疲れ様だの感謝してますだの。不真面目なコメントをしろというのではなく、誰ひとり核心を突いたことを言ってないです。
    そもそも選手選考は公平にジャパン最強の選手を選んだのか?何であんな最後まで頼りない菊谷がキャプテンだったのか?キャプテンシーのある日本人選手ならトップリーグの四強にもいるのに何故選ばない?要するにカーワンの好み?何故周りはそれを許す?
    去る人にムチ打つのは日本人の美徳に合わないかと思いますが、それにしてもちょっとどうかと思います。
    とにかく今までまともな苦言を言えなかった協会も総入れ替えしてほしいですね。
    ついでに今までまともな批判もしてこなかったマスコミも自身をきちんと総括すべきです。
    (すいませんが村上さんも含めてです。)
    このままではヘッドコーチ替えても強くなれないと思います。代表チームがこんなに情けないままなら2019年の開催権も返上したらどうですか?

    投稿: ラグビーファン | 2011年10月13日 20:57

    JKお疲れ様でした。これだけ日本を愛し、日本人のことを下に見るのでなく尊重し、日本語までしゃべってくれて本当にありがとう。残念ながら結果は出なかったですが絶対2019年に結びつく何かは残せたのではないかと思います。後は日本人の大一番での勝負弱さなどどうにもならない部分はやがて時間が解決してくれると信じてます。本当にありがとう。協会もとかげのしっぽ切りではなくどこがだめでどこが良かったかしっかり検証すべきです。

    投稿: ふくやん | 2011年10月13日 19:37

    JKありがとう

    前回、今回と大会前ジャパンに期待できたのはあなたのお蔭です。結果は残念であり、満点ではないけど、あなたの功績は忘れません


    それより…

    代表の体制を見直す前に協会の体制を見直せsign03
    先見性と創造性のないもうろくジジイは失せろsign03若い血をもっと協会に入れろsign03…と言いたいです

    投稿: 永遠の9番 | 2011年10月13日 19:12

    協会のHPも見ましたが、
    協会長の 「カーワンヘッドコーチの決断を尊重し、大変残念なことだけれども、申し入れを受諾しました」 というコメントは、予想はしていましたが無責任も甚だしいと思います。

    JKが続けると言えば来年以降もHCをやらせる方針だったのか?と突っ込みをいれたくなるコメントに他人事感を感じずにはいられません。

    悪い(W杯で勝てなかった)のはHC以下の現場指揮官、選手の責任であって協会責任者には問題ありませんという正にトカゲのしっぽ切りと印象です。

    最後になりましたが、W杯の結果はともかくJKには労いの言葉をかけたいと思っています。

    投稿: あともす | 2011年10月13日 19:03

    JKありがとうございました

    色々な批判のコメントがこのブログにも寄せられてましたが
    考えてみて下さいフランスから来たエリサルドHKが中途半端に投げ出していった我らがジャパンを再生させ改めて世界との距離が正確に確認出来る位置まで率いてくれたのです

    間違いなく後退ではなく前進だったことは皆さん評価するでしょう

    世界のラクビーは間違いなく凄い速度で進化しています

    以前評価された低く突き刺さるタックルだけではもう対応されてしまってるのは間違いないこと

    温故知新も確かに大事だしこれまでの先人の偉業に学ぶとこはあると考えますが

    スクラムの崩壊やセットプレーの精度の低さ
    PGの精度 ハンドリング
    などここで点数を取っておけばここでミスがなければというプレーがもしかしたら内容は全く違ったものになっていたかもしれません

    個人的な感想ですがどなたかも言われてましたが今もしかしたら世界に一番通用し 更には日本人に一番フィットしたラグビーを行っているのはサニックスではないかと思います

    これに完璧な狙撃手(キッカー)が加われば物凄い面白い戦いが出来る可能性があります
    サニックスはとにかく走るチームです
    スクラム勝負は先ずやりません
    とにかく無尽蔵の体力を選手に強いる為練習の殆どがランニングです

    ありふれた言葉ですが80分フルに走りつづけることが出来る選手が活躍出来るのはサッカーの長友選手が証明してます
    マラソンも日本人は得意です

    世界にむけて優位に立てる武器 走りつづける力と勤勉さ 精密さで対抗してはどうかと真剣に思います

    投稿: ささき | 2011年10月13日 17:44

    JK今までありがとう。あと協会幹部は責任を取らないのでしょうか?

    投稿: nick | 2011年10月13日 17:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52981341

    この記事へのトラックバック一覧です: カーワンHC辞任:

    « 伝説のオールブラックスが助言 | トップページ | マコウの負傷 »