« カーワンHC辞任 | トップページ | ワイヘキ島ほか »

マコウの負傷

201110131

10月13日のニュージーランドヘラルド紙は、リッチー・マコウの足の状態が思わしくなく、カンタベリー地区で、マコウの後継者として期待されているオープンサイドフランカーのスペシャリスト、マット・トッドがオールブラックスのトレーニングに合流したことを伝えている。写真の通り、マコウの怪我の箇所を詳しく解説。右足5番目の中足骨の骨折を手術した際、ボルトを入れた。そこが痛んでいるようだ。テレビのニュースももっぱらこの話題を取り上げている。

休むのが一番なのだが、そうもいかない。準決勝に勝っても負けても、あと2試合。最後まで戦えるかどうか。負けても、3位決定戦があるしね。と、ニュージーランドの人に話したら、「それはダメ。今回のワールドカップはニュージーランドにとって、参加することに意義がある大会ではない。準決勝で負ければ、あとはキャンセルだ!」と、まくしたてられた。気合い、入ってる。

ウエールズの対フランス戦(準決勝)のメンバーも発表になった。準々決勝のアイルランド戦で左肩を痛めたSOプリーストランドは欠場。代わって、万能BKのジェームズ・フックがSOを務め、控えに102キャップのベテランSOスティーヴン・ジョーンズが入る。ここにきて、ウエールズ史上最多キャップのベテランが控えているのは心強いだろう。怪我が心配されていたLOチャータリス、22歳の若きキャプテンのFLウォーバートン、攻守の要であるCTBロバーツは出場できる。フランスのほうは、すでにメンバーを発表していたが、SHヤシュビリも怪我で出場が危ぶまれている。ギリギリまで様子を見るようだ。もし、ヤシュビリが欠場した時は、SOパラがSHに入ってプレースキッカーも務めることになるだろう。

201110132

これは前日のヘラルド紙だが、腎不全のために入院中だった元オールブラックスのジョナ・ロムーが退院したことが伝えられている。写真でともにファイティングポーズをとるのは、ユニオンの元オーストラリア代表で、リーグ(13人制)の大スターでもあったウェンエル・セイラー。実は、12月にチャリティーイベントで、ユニオンの元代表選手と、リーグの元代表選手がボクシング対決する企画があり、ロムーも出場するために激しいトレーニングをしたことが原因らしい。このまま出場するかどうかはわからない。ロムーは、2004年に腎臓の移植手術を受けている。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « カーワンHC辞任 | トップページ | ワイヘキ島ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    怪我とはずっと付き合わないといけない競技の一つであるラグビー
    でも怪我で素晴らしい選手が見れないのはホントに嫌だ
    矛盾した気持ちなんですけどね

    投稿: ささき | 2011年10月14日 10:21

    リッチー。応援してます。あと2試合頑張れ〜。

    投稿: nick | 2011年10月13日 19:48

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52982110

    この記事へのトラックバック一覧です: マコウの負傷:

    « カーワンHC辞任 | トップページ | ワイヘキ島ほか »