« マコウの負傷 | トップページ | マコウ、ビール先発ほか »

ワイヘキ島ほか

201110144

今回のワールドカップは、試合のない日も、さまざまなイベントが行われている。13日の昼間にクインズワーフにあるイベントスペース「ザ・ウラウド」と「ファン・ゾーン」に行ってみたのだが、ザ・クラウドでいろんなロボットの紹介が行われていたりして、けっこう人がいた。プレースキックロボットもいた。ファン・ゾーンでは、バーがいつもオープンしていて、過去の試合の映像を見ることもできる。

201110145

また、大会中は、ニュージーランド政府をあげて、同国の文化や観光地を世界に発信しようと、ニュージーランド政府観光局が世界中のメディアをさまざまな場所に案内している。今回、世界から集ったメディアは約2,000人いるそうだ。JSPORTSチームはなかなか時間ができず、どこにも行けなかったのだが、13日は、ワイヘキ島に連れて行ってもらった。

20111014

オークランドからフェリーで35分ほどで行けるので、ワイヘキ島に住んでオークランドに通勤している人もいる。ここは、「ワインの島」とも呼ばれ、世界でも有名なワインをつくるワイナリーがたくさんある。僕らはケネディ・ポイント・ヴィンヤード というところに行ったのだが、ここのシラーが、2009年にロンドンで世界一のワインに選ばれたことがあるそうだ。

201110141

食事は、マッド・ブリック&ヴィンヤードレストランでとった。ハウラギ湾とランギトト島が見渡せるワイナリーだ。ここで結婚式をあげる日本人カップルも多いらしい。

201110142

オリーブオイルを作っているところにも連れて行ってもらい、オリーブの木やオイルの作り方なども見学した。ニュージーランドのオリーブオイルは品質がいいそうだ。人口8,000人の島なのに、大きな学校があり、ラグビー場、サッカー場などのスポーツ施設も充実している。島のカフェやレストランなどは、今回のワールドカップのどのチームを応援するかを決め、それぞれのお店に旗を立てている。みんなでW杯に参加しているわけだ。

201110143

2019年に日本でワールドカップが開催されるときも、こうして世界中の人に観光地などを紹介し、日本の文化を発信する。これも世界大会を開催する大きな意義だろう。グラウンド上のことだけではなく、きめ細やかな準備が必要なのだと、改めて思う。観光局のみなさん、ありがとうございました。

日本協会は、10月22日、世界のメディア、ラグビー関係者を招いてワールドカップ2019日本開催の認知向上のための告知ファンクションを、オークランドで開催する。IRB(国際ラグビーボード)のベルナール・ラパセ会長、IRB理事、IRB加盟協会代表者、ニュージーランド政府関係者を含め、約250名が参加予定という。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マコウの負傷 | トップページ | マコウ、ビール先発ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    こんなに素晴らしいNZで2度とW杯が行われないだろうというのは、本当に残念。むしろ日本でやらなくてもいいからNZでやって欲しいぐらい。

    投稿: らぐじ~ | 2011年10月14日 12:11

    NZ各地の美しさは、Jスポーツを通して見るだけでも行きたくなります。ウェールズ×ナミビア戦が行われた、タラナキ山を望むスタジアムなど、その眺望は見事。
    入場前やTMOの時間に流れる音楽や、キックオフカウントダウンなど観客を楽しませる試みもよく考えられてますね。村上さんが伝える現地のホスピタリティの数々からも、まさに「400万人のスタジアム」という表現が、単なる宣伝文句ではない事がわかります。現地にいれば、幾つかのトラブルや問題にも遭うのでしょうけど、NZが国をあげて準備してきたイベントは、過去6回のいずれにもなかった統一感があり、完成度が高いと感じられます。

    投稿: メスニー | 2011年10月14日 10:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52982850

    この記事へのトラックバック一覧です: ワイヘキ島ほか:

    « マコウの負傷 | トップページ | マコウ、ビール先発ほか »