« 蜘蛛カメラとマカウ予想 | トップページ | W杯準々決勝初日結果 »

まもなく準々決勝

10月8日午後、オークランドは晴れ間が広がっている。テレビではしきりに準々決勝の盛り上げ企画が続いている。元オールブラックスのアーロン・メイジャー、ルーベン・ソーン、このあいだ網走で会った2人がコメントしていた。別番組では、ワラビーズ側からマット・ギタウが登場して、試合の展望をしている。NZのテレビはとにかくラグビーについて議論する番組が多い。これだけいろんな意見が出てくれば、ラグビーを見る目も深められるだろう。

201110082

きょうのニュージーランドヘラルド紙も、もちろん準々決勝のこと一色なのだが、下のようにプレースキッカーの成功率を比較した記事も。パーセンテージだけでいうと、ウエールズのSOリース・プリーストランドが高い。ウィルキンソンは、45%だもんなぁ。プレースキックの正確性で勝敗が決まる試合が多くなるはずだが。

201110083

準々決勝は、同点の場合、10分ハーフの延長戦。それでも決着がつかなければ、いずれかが得点したら終了のサドンデスの延長戦(10分)。それでも勝敗がつかなければ、キック・コンペテジションになる。プレースキック合戦だ。ここまで行く試合が、果たしてあるかどうか。僅差勝負の試合が続くのは間違いないところ。

まずは、ウエールズ対アイルランド、そしてイングランド対フランスだ。

さあ、イーデンパークに向かうとしよう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 蜘蛛カメラとマカウ予想 | トップページ | W杯準々決勝初日結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ウェールズの「速い・低い・刺さる」タックルは良かった。

    投稿: nick | 2011年10月 8日 19:29

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/52937835

    この記事へのトラックバック一覧です: まもなく準々決勝:

    « 蜘蛛カメラとマカウ予想 | トップページ | W杯準々決勝初日結果 »