« 準決勝翌日 | トップページ | 3位決定戦メンバー »

鍾乳洞探検

201110181

18日のオークランドは朝から雨だったのだが、時おり晴れ間がのぞく相変わらずの変わりやすい天気だった。ニュージーランドヘラルド紙のラグビーヘラルドは、「歴史を書き直したい」とグレアム・ヘンリー監督。フランスに勝って優勝することで4年前の悪夢が、ようやく払しょくされるというところかな。決勝戦のレフリーは、準決勝のオールブラックス対ワラビーズ戦の吹いたクレイグ・ジュベール(南アフリカ)に決まった。毅然として一貫性、公平性があり、目立たない。とても評価の高いレフリーだ。

201110182

きょうは、先日のワイヘキ島に続いて、ニュージーランド観光としてNZ政府観光局にお世話になり、ワイトモに行ってきた。オークランドからは車で2時間40分ほど。車窓からの美しい空を思わず撮る。

201110183

今回は出演者では僕だけ参加し、スタッフの皆さんとだった。まずは、鍾乳洞に入って有名なツチボタルを見る。ボートに乗って見上げる鍾乳洞は満天の星空のように輝いている。幻想的だった。そこのレストランで食事し、僕はきょうの観光はこれで終わりだと思っていた。

201110189

ところが、次に連れていってもらったのは鍾乳洞・探検アクティビティ。羊が走り回る牧草地を車でいくと小さな小屋が。そこで着替えを指示され、訳がわからないままにライト付きヘルメットをかぶり、コーディネーターのシーナさんに「村上さん、現場監督みたいですよ」と言われながら、いざロープを伝って70m下の鍾乳洞へ。

201110185

201110186

写真のような世界をひたすら歩く。そして最後に最高に美しい眺めが。

201110187

日本だとたぶんこういう場所は見学するだけだと思うのだが、ここはニュージーランド。写真のように鍾乳石の間を縫ってロープを一気にすべり降りるアトラクションも。この鍾乳石、1㎝大きくなるのに100年かかるらしい。

201110184

そしてタイムマシーンのような筒の中から森の中へ。こんな牧場の下に鍾乳洞が広がっているなんて想像もしていなかった。僕らが入った鍾乳洞は、1962年に発見されたらしい。最初に入った人の勇気というか、無謀さに驚く。おかげで、こんなに素晴らしい景色を見ることができたのだから感謝だけれど。この鍾乳洞は2千年前の火山の噴火で海底が盛り上がり、その後、長い年月をかけてできたものらしい。自然をそのまま残そうと、できるだけ人間の手が鍾乳石に触れないようにコースが作られていて、それも感心した。

自然の神秘を感じるとてもいい体験だった。ニュージーランド観光へ行く皆さんで、健康に自信のある人にはおすすめ。閉所が苦手な人は難しいかもしれないけど、高いところが苦手でも、ロープで降りるときは暗くて足元は見えないので大丈夫。ここは、12歳から挑戦できるみたいだ。他にも4つの鍾乳洞があり、難易度によって年齢制限が違う。こんなメンバーで行ってきました。

201110188


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 準決勝翌日 | トップページ | 3位決定戦メンバー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、NZ滞在お疲れ様です。ワイトモの鍾乳洞、写真とともに楽しませていただきました。

    先月のNZ旅行ではスケジュールの関係で足を伸ばせなかったのですが、行った気分になれました(笑)。

    W杯もいよいよ残すところあと2試合ですね。個人的は、ここまできたらなんとしてもABsに優勝してもらいたい!です。

    残りわずかなご滞在も、取材に解説に頑張ってください。

    投稿: あひる | 2011年10月20日 13:23

    決勝戦のレフリーがジュベール氏に決まって安心しました。彼は現時点でトップレフリーだと思います。
    ラグビーほどレフリーの個性が話題になるスポーツはありません。それはレフリーの裁量権が大きく、このことがゲームの勝敗のみならず選手の身体の安全に直結するからだと思います。レフリングは事後的に観衆の批判に耐えうるものでければならないし、もっと批評の対象になっていいと思います。

    投稿: デンタルフロス | 2011年10月19日 16:26

    ニュージーランドに永住を考えてる自分は(何の準備もしてないですが)
    あバンジージャンプとかだけは無理・絶対無理と思ってます

    投稿: ささき | 2011年10月19日 15:01

    こんにちは
    もう一つブラックウォーターラフティングという物もお勧めです。ぜひ次回は挑戦してください。
    明日はポンソンビーラグビークラブでクライストチャーチのチャリティーマッチがあります。
    ニュージーランドの今年の高校チャンピオンのケルストンボーイズスクールとクライストチャーチの名門クライストチャーチボーイズハイスクールの試合です。
    両チームともに日本人の生徒がいますので取材の材料になるのでは・・・
    両方とも期待の選手ですよ!!!

    投稿: まつうら | 2011年10月19日 05:14

    毎日楽しく読ませて頂いています。
    決勝戦の前にこのような冒険記、とっても素敵ですね!
    ニュージーランドに今すぐ行きたくなってしまいました。
    これからも頑張ってくださいね!
    応援してます^_^

    投稿: 原谷健太郎 | 2011年10月19日 01:11

    夜3時にたまたま42インチのテレビがついていて、目が覚め、よく見ると外人同士の試合、それもラグビーをやっていて、最後まで見てしまいました。さて、どことどこがやってるのか。真っ黒な選手着とは縁起でもないと思いながら、なるほど、これが名の通りのオールブラックスかと。一方相手はワラビーズ、かわいらしい名前だ。この試合は大学ラグビーよりは激しい。顔中血だらけになる。まさしくこれは格闘技。怖がってはやれないスポーツと思いました。ハワイとオーストラリアのアクティビティはやったことがありますが、ニュージーランドへは行ったこともなく、写真を見る限り面白そうと思いました。次の外人同士の決勝戦も楽しみにできたこと、ニュージーランドの旅行も行く気が持てたことが大収穫。

    投稿: Y | 2011年10月19日 00:11

    村上さん、NZを満喫されていますね。WCもあと少し、体調崩されないように頑張ってください。
    昨日、やっと準決勝のフランスvsウェールズ戦を観たのですが、70分過ぎたあたりで夫が帰宅。
    「あ、フランス勝ったよね。一点差で・・・」

    ありえません(涙)。
    ヤフトピや村上さんのブログも見ないように気をつけていたのに・・・。

    それでも最後の攻防は力まずにはいられませんでした。
    ウェールズ、3位決定戦頑張れ!

    投稿: ねこぷ~ | 2011年10月18日 22:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53024997

    この記事へのトラックバック一覧です: 鍾乳洞探検:

    « 準決勝翌日 | トップページ | 3位決定戦メンバー »