« 早慶戦ほか | トップページ | 7人制日本代表結果&お知らせ他 »

ラグマガ1月号

京都は観光客が一番多いシーズン。ちょっと繁華街に出たら、ものすごい人だった。紅葉の時期だからなのだが、これから12月頭まで紅葉を楽しめそう。

Cover_201201

明日25日は、ラグビーマガジン1月号、ラグビークリニックの発売日。ラグマガは、シーズン途中の細かなレポート、そしてインタビュー。日本代表FLマイケル・リーチのインタビューは、東芝ブレイブルーパス、日本代表について。「東芝は、スタッフから1年目の選手まで一体感がある。東芝に来て良かった」。ワールドカップについては、「ジャパンのラグビーって速いじゃないですか。だったらもっと走らないと」などなど、実際にその舞台に立ったからこそ、シンプルな言葉も説得力がある。

解体心書は、神戸製鋼コベルコスティーラーズ谷口到。茗溪学園に高校から入り、筑波大学では3年時に足の病で、いったんは表舞台から姿を消した異色の経歴。やんちゃな彼を、見放さず、育てる神戸製鋼の先輩たち。いいストーリーだ。

ブラッド・ソーンのインタビューもある。紳士として知られる素顔は、本当に優しく、強い。ワールドカップの決勝戦(対フランス戦)、プロフェッショナルとして長くやってきて、試合後に泣いたのは初めてだったようだ。8歳、6歳、5歳、2歳という四児の父。こんなお父さん、頼もしいだろうなぁ。

Rugbyclinic_27

ラグビークリニックの特集は、「アンストラクチャー」。ここ数年、よく使われるようになった言葉だ。総論はサントリーサンゴリアスのエディ・ジョーンズGM兼監督。「アンストラクチャーという言葉がラグビー用語として意識されたのは、おそらく2000年ごろ。オーストラリアの武器である『ストラクチャー』に対して、NZ側が自分たちの強みを、生かすために言語化した、『そうじゃない局面』」というわけで、これを詳しく解説してくれている。

ウェールズのウォーレン・ガットランドのコーチング哲学もある。ウェールズの強さの中身がよくわかる。「最高の選手になるのは、もっとも才能豊かでなければいけないということはない」。「ラグビーは分からないことだらけ。だから学び、対話する」。世界のトップコーチは謙虚です。

お知らせ◎おなじみとなった「みなとスポーツフォーラム」の第17回は講師に明治大学ラグビー部監督の吉田義人さんを招いて開催されます。テーマは「世界に通じる選手とは」。選手指導・育成から世界で戦うことの意義などについて。

詳細&お申込みは以下より。
http://www.rugby-japan.jp/news/2011/id11825.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 早慶戦ほか | トップページ | 7人制日本代表結果&お知らせ他 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    やりました!! 激闘史全30巻、手に入れました!!
     タクシー代を捻出するのが、本当に大変でしたので、これからは少しは楽にならな・・・い。
     そう、今度は、フェラーリの公式F1ガイドブックという、目標ができてしまったのです。
     他にも、定期購読物が2つ。

     我が暮らし、楽になりません。

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年11月27日 00:51

    明日のトークライブ楽しみにしてます

    投稿: イカ | 2011年11月25日 16:32

    村上さん。ルーベンソーンのあの決勝戦とは何を示しているのでしょうか?

    投稿: 関西学院大学ラグビー部OB | 2011年11月24日 22:34

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53323049

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ1月号:

    « 早慶戦ほか | トップページ | 7人制日本代表結果&お知らせ他 »