« TL第4節土曜の結果 | トップページ | 7人制情報ほか »

20日の秩父宮&TL4節結果

20日も秩父宮ラグビー場だった。昨日とはうってかわって快晴。グラウンドもかなり乾いている。第1試合は、東日本トップクラブリーグ(TCL)の決勝戦、駒場WMM対神奈川タマリバとの対決。駒場WMMは、TCL昇格4年目で初めて神奈川タマリバクラブを破り、初の暫定1位で決勝に駒を進めた。つまり、これは再戦だった。

互いに的確なタックルの応酬で拮抗した試合になり、前半は14-12で駒場がリード。後半の序盤はタマリバがFWで圧力をかけながら駒場陣内に攻め込んだ。タマリバもよく攻めるのだが、駒場の激しいタックルでミスが出る。駒場FL千葉、タマリバFL清登の背番号7同士がアグレッシブに戦う。

後半16分、左コーナーでトライを防いだタックルには観客席から拍手が起きた。CTB阿部の強烈なタックル、FB斉藤のやわらかいステップワークは特筆もの。対するタマリバは整った組織的攻撃で前進し、23分、タマリバがドライビングでトライして逆転。難しいゴールをWTB笹井が決めて、19-14とする。さらに1トライを追加して24-14。終盤攻め込んだ駒場だが、チャンスのラインアウトを確保できず。そのあとも連続攻撃を仕掛けながら、タマリバの粘り強い防御にあったが、39分、ようやくFB斉藤がトライ、ゴールも決めて、24-21。自陣から最後の攻撃を仕掛けた駒場だが、時間切れとなった。互いに全力を出し切る好勝負だった。

第2試合は、関東大学対抗戦Aの全勝対決だった。先制したのは明治大。SO染山が38mのPGを決める。前半14分、帝京大はラインアウトからのモールでゴールに迫り、FL松永がサイドアタックでゴールラインぎりぎりに迫って、HO白が素早くインゴールに押さえた。明治は自陣からは基本的にキックで敵陣に入ろうとしたのだが、帝京に切り返され、攻めてもミスが多く、自陣に押し込まれた。ハーフタイムで、明治の吉田監督は「明治らしく戦おう」と指示したようだが、前半の明治は、ミスと反則でまったく「らしさ」を出せなかった。

後半も帝京は、SO森田のタッチキックでゴール前に迫り、相手ボールをLOボンドがスチールしてモールを組み、SH滑川がサイドをすりぬけてトライをあげた。これで17-3。明治も、7分にラインアウトのモールからFL竹内がトライを返し、NO8堀江らの力強い突破で攻勢に出たのだが、ブレイクダウンで帝京が激しく絡んだことで、テンポのいい攻撃はできず終い。17-8のまま試合は終了した。前半から後半なかばまでの、帝京の安定感ある試合運びが勝敗の分けた。

明治の溝口キャプテンは「13年ぶりの対抗戦優勝は考えないようにしたが、個人個人に重みというか、プレッシャーはあった」と持ち味が出せなかった一因を語った。帝京の森田キャプテンは「明治は優勝をかけてタフな精神状態で臨んでくる。その相手に勝つことでさらに成長しようと試合に臨みました。ただ、練習でやったことが出なかったので課題は多いです」など、冷静に試合を振り返っていた。

帝京が対抗戦で早稲田、明治、慶応に勝つのは史上初。そして、この勝利で、帝京の対抗戦1位が確定した。実は対抗戦は以前から「優勝」という冠は正式には決めていない。関係者や報道陣の間でそういう言い方をしているだけなので、よく混乱が起きていたのだが、今季より順位の決め方が明文化され、勝敗が3チーム同数の場合は、すべて1位として記録に残すことになった。ただし、大学選手権の組み合わせを決めるときに順位付けが必要になるので、2校が勝敗で並んだ場合は、当該校の勝者が上、3校が並んだ場合は、対抗戦全試合の総得失点数差、総得失トライ数差、総得点、総得トライ数、抽選という順番で順位を決める。今回は、もし、帝京大が最終戦で筑波大に敗れ、明治が早稲田に勝った場合は、1敗が3チーム並ぶことになるので、この順位決めが必要になる。ということで、大学選手権を見据えれば、まだ1位は決まっていない。岩出監督も「1位と言っても、3チームが並ぶ可能性があるということだけでしょう? 次に勝ってスッキリ(優勝を)決めたい」と淡々としていた。

■20日の秩父宮ラグビー場の結果
駒場WMM●21-24○神奈川タマリバクラブ(前半14-12)
明治大学●8-17○帝京大学(前半3-10)

■トップリーグ第4節日曜の結果
福岡サニックスブルース●15-32○NECグリーンロケッツ(前半10-13)
HondaHEAT●16-19○パナソニックワイルドナイツ(前半10-0)
コカ・コーラウエストレッドスパークス●20-27○リコーブラックラムズ(前半6-14)
NTTドコモレッドハリケーンズ●10-62○トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半3-24)
※すみません。当初、トヨタとドコモの結果が漏れていました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第4節土曜の結果 | トップページ | 7人制情報ほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、実況お疲れ様でした。
    私も秩父宮行きました。暑かったですね~。目の前で観ていましたが、ととろさんのおっしゃるとおりあれはオフサイドかと、、、。
    村上さん・土居さんも言葉を濁していたような、、、(^_^;

    いずれにしても、明治はミスが目立ちましたね。

    帝京の1位確定ですが、筑波もあなどれませんよね。
    対抗戦軽視・・・いや、選手権重視といわれていた帝京ですが、はたしてどうなるか。
    楽しみです。

    投稿: ねこぷ~ | 2011年11月21日 21:23

    山品…
    やましな ですよね。
    小林さんも(好きですけど)指摘してあげればいいのにって

    思った人も多いはず(笑)

    投稿: けんじ | 2011年11月21日 21:18

    村上さん、ご無沙汰しております。
    今更申し上げるのも何ですが、W杯お疲れ様でした。W杯は長い間応援していたNZがやっと優勝し、ホッとしました。

    かたや国内の大学ラグビーでは、待ちに待った母校明治の対抗戦優勝がかかった試合でた。シーズン直前に吉田監督と会って話した時は、3年目に入り吉田イズムもだいぶ浸透してきた印象もあり、今シーズンはできる限り応援に行こうと決めていましたので、明治の優勝の瞬間を見逃したくなくて秩父宮へ足を運びました。
    しかし実のところ、これまでの戦いぶりを見て戦前から帝京には負けそうな予感がしていました。

    トーシロの感想ですが、早稲田戦で帝京の選手たちの体型を見た時、良く鍛え上げているなという印象を持ちました。明治はFWのパワーに自信を持っているようですが、弱小校相手ならいざ知らず、帝京にはそう簡単にはいかないのでは・・・、と。 また、プレーの質の高さと切れ味の鋭さ(特にBK陣)が印象に残り、帝京侮れずというのがトーシロの考えでした。

    明治が勝つためには、攻撃時のミスを無くすことと、帝京のBK攻撃をしっかりと止める事が必須であり、FWの単純なパワーで勝負しようとするのであれば負けは避けられないと思っていました。

    不安は的中。FW戦でも圧倒できず、BKは縦に切れ込むような鋭さも無く、横に流れているだけ。 攻めている時にもミスを連発。攻撃もタッチキックからのラインアウト、モールというパターンしか無いのでしょうか? それにこだわるのであれば、確実に得点に結び付けて欲しいですね。オープニングゲームの筑波戦から進歩していない印象です。

    吉田監督の「明治らしく・・・」というのは、どういう意味なのか? 慶應戦の勝利インタビューでも「明治らしいラグビーで・・・」というようなコメントがあった気がしましたが、重戦車FWという意味なのでしょうか? トーシロの考えですが、FWだけのラグビーではなく、FW・BKの総合力、それもレベルの高いラグビーをしないと勝てないのではないでしょうか?

    最後にひとつ。
    マイボールラインアウトの時、「さあ、チャンス」という場面にもかかわらず、ポイントに歩いて向かう明治のFW選手がどうしても気になりました。 筑波戦でも見ましたが、こんなもんなんでしょうか? ラグビーをした事のないトーシロには分かりませんが。

    早稲田戦、勝利あるのみ!

    投稿: トーシロ | 2011年11月21日 06:25

    はじめまして。

    帝京-明治の65分のラインアウト、どうしてもオフサイドに思うのですが…村上さんも「OK」と言われたものの、スローで濁してたような…。

    投稿: ととろ | 2011年11月21日 06:00

    村上さん、TOPリーグの結果、NTTドコモレッドハリケーンズ対トヨタ自動車ヴェルブリッツの結果を忘れてませんか。

    投稿: 鉄腕岩瀬 | 2011年11月20日 21:40

    NTTドコモレッドハリケーンズ対トヨタ自動車ヴェルブリッツの結果、忘れてませんか。

    投稿: ネルソン提督 | 2011年11月20日 20:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53290593

    この記事へのトラックバック一覧です: 20日の秩父宮&TL4節結果:

    « TL第4節土曜の結果 | トップページ | 7人制情報ほか »