« 7人制&デフラグビーほか | トップページ | ノヌー先発ほか&読書 »

激闘史29号

ブログを一日休むと、友人から必ず「忙しそうやな?」、「大丈夫?」と気遣ったメールをもらう。はい、きのうは他に何もできないくらい追い詰められて仕事してました。なんとか切り抜けております。

29

水曜日は、日本ラグビー激闘史の発売日。29号ということは、このシリーズはあと1号で完結する。今号は、2007-2009シーズンの特集。表紙は、2007年ワールドカップでのカナダ戦の劇的引き分け。三洋電機の悲願の日本一達成、早稲田大学連覇、東福岡高校の初優勝など。名門伝説は三洋電機、ヒーローは小野澤宏時だ。

東福岡の初優勝。このときの東福岡のキャプテンは、今季、早稲田大学のキャプテンを務める山下昂大選手だった。準優勝の伏見工業のキャプテンは同じく早稲田大学の井口剛志選手。試合後、東福岡の選手が伏見工業をグラウンドから送り出したあとに、喜びを爆発させたシーンが心に残っている。勝者として立派な態度だった。

目次の写真は、2007年5月に来日したクラシック・オールブラックスのウォーくらい(ハカ)。スペンサーが中央にいる。このときは、ジョナ・ロムーもいた。ちょっと太ったロムーが独走して捕まるのだが、必死に走っている姿に感動した覚えがある。

ページを繰っていくと、この時期のニュースを振り返るところがあるのだが、2008年9月30日、2015年、2019年のワールドカップに正式に立候補を決める、とある。2009年に7月28日、開催国正式決定。あれから、もう2年も経った。8年後に向けて、強化、普及、広報活動、すべてピッチを上げなくては。

永久保存版の歴代日本代表選手名鑑は、五十音順の「ヨ」から「ワ」へ。ジェミー・ワシントン(東京ガス→サントリー)、懐かしい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 7人制&デフラグビーほか | トップページ | ノヌー先発ほか&読書 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    JapanWorld cupに向けて・・・ジャニーズもアイドルもいいと思いますが、ラグビー選手にもイケメンが沢山います!リポビタンDのコマーシャルに平さんとかが出て「ファイト一発」って一言☆人気が出ると思います!ユニクロのCMにアイスホッケーの選手が出ているみたいに!ラグビー選手もっとメディアに出てください!みんな素敵なんだから☆

    投稿: KUMI | 2011年11月10日 22:45

    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    8年後へのピッチを上げる、確かに時間がないと思います。

    これだけ感動したNZ大会と匹敵するようなことを日本でしなければならないのですからね。

    ちょっと正攻法ではないのかもしれませんが、
    バレーボールでジャニーズの人たちが踊ったり、競馬でも芸人さんとかグラビアアイドルとかが、趣味を公言したりと、メディアや芸能を利用しないと、8年という時間では難しいと思います。

    世界ラグビーなんかは、ルールとか分からなくても、初めて生で観れば、すごさとか興奮くらいは、共感してくれる人は大勢いると思います。

    まずは、世界レベルの試合を多くの人に見てもらうことが、8年後の近道だと、個人的には思います。

    投稿: ディーディー | 2011年11月10日 00:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53202529

    この記事へのトラックバック一覧です: 激闘史29号:

    « 7人制&デフラグビーほか | トップページ | ノヌー先発ほか&読書 »