« 激闘史&お知らせ | トップページ | ラグマガ1月号 »

早慶戦ほか

11月23日は、秩父宮ラグビー場だった。快晴だったこともあって、客席は、1万9658人。攻守が激しく入れかわる展開に大きな歓声があがっていた。

Chichibumiya

前半1分、早稲田がWTB原田のPGで先制すると、慶應も12分、CTB仲宗根がPGを返す。15分、先にトライをとったのは早稲田だった。慶應がミスしたボールを拾って、SO小倉、FB井口らが抜け出し、最後はFL山下が左コーナーぎりぎりに迫って内側へパス。ラックからさらに山下がインゴールへボールを持ち込んだ。慶應もHO  がトライを返したが、その後は、SO小倉の正確なハイパント、小倉、井口のキックパスなどで俊足WTB原田、中靏が走り回り、早稲田が慶應を翻弄した。前半を終えて、34-10。

後半に入っても、早稲田の攻勢は続いた。山下、FL金、小倉、井口、CTB布巻らユースレベルの代表経験者がその才能を存分に発揮する。ブレイクダウンでも激しく前に出ていた。井口の復帰は大きかった気がする。慶應にとっては、後半6分に、WTB児玉がゴールにボールを持ち込みながら、ノットリリースザボールの反則をとられたのが痛い。再び接戦に持ち込むチャンスを逸した。

早稲田は31分、ゴール前のラインアウトからのモールでFL山下がトライ。36分にも、キックパスでWTB中鶴がトライ。ダメ押しした。「きょうのテーマは、ディフェンス。ターンオーバーからのトライが多かったことは評価できる」と早稲田の辻監督。山下キャプテンは、「早慶戦は理屈じゃない。シンプルに前に出た結果です」と冷静に振り返っていた。1年生が3人先発していたことについては、辻監督は「ベストのメンバーを選んだらそうなっただけです」と実力者であることを強調した。キックパスが多かったことにつては、チームとしての方針というより、「個人練習の成果」と選手をたたえた。

慶應の田中監督は、「第88回の定期戦で21勝目を目指しました。攻めていたボールをターンオーバーされ、ボールを動かされたことは悔しい。修正する部分はたくさんあります。しかし、最後にあきらめずにトライをとってくれ、仲宗根が難しいゴールを決めてくれた。大学選手権に向けての希望のトライです」と振り返った。

早稲田の調子が上がってきたことで、早明戦(12月4日)も楽しみになったし、帝京大対筑波大、成蹊大対日体大(12月3日)も興味深い。関東大学対抗戦の最終節は面白そうだ。

◎関東大学対抗戦A11月23日の結果
早稲田大学○54-17●慶應義塾大学(前半34-10)

お知らせ◎北海道大学、東北大学、九州大学、名古屋大学など八大学のラグビーOB会が、「八大学講演会&年末懇親会」イベントを開催します。2011年12月8日(木) 18:00 受付開始 19:00 開演で、森重隆さん(福岡高校ラグビー部監督 元日本代表/新日鉄釜石監督・主将)が講演をします。席に余裕があれば参加希望を受け付けているとのこと。詳細は、以下のサイトより、締め切りは11月30日(定員オーバーならば抽選)とのこと。
https://sites.google.com/site/8daigakurugby/

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 激闘史&お知らせ | トップページ | ラグマガ1月号 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    凡試合かいい試合かは終わってからの結果なんでね、なんともいいようがないですね。点数だけで試合の評価するなら中継始めから見んといたらええんです。 結果だけ見てたらいいんです。
    ラグビー経験者として言うのは人に見てもらう為にプレーしているんじゃないんですから。

    投稿: せえの よいしょ | 2011年11月26日 17:02

    早稲田の10番が
    かっこ良いなぁコイツ
    と思いました。

    東福岡出身ですよね
    名前も調べずすいません(笑)
    将来を期待してしまいます。
    チェックしていきたいです。

    ホントどうでも良い事ですが
    自分は青森で
    12/3 大宮で忘年会があります。
    で 同行者に頼み倒し
    車で3時(午前)出発で秩父宮行きます。 無理やりそいつらにもノヌーやハイレベルな戦いを見せます。
    …なので下北沢行けません(涙
    そういう特別な場所で皆さんが何を語るのか すごく聞きたい。
    ゲスト中村直人氏
    余計行きたいです(笑)

    投稿: けんじ | 2011年11月24日 21:44

    相当力の差があった凡試合。この愚行(慶大対早大戦を11月23日に固定して行うということ)をいつまで続けるのか?第7回RWCで日本が無様な姿を世界にさらした(選手は血のにじむ鍛錬を続け敢闘した)ことはもう過去のことなのか?もう忘れたのか?
    代表のRWCでの試合を総合チャンネルで放映せず、中身のない慶大対早大を放映するNHKとは一体何の団体なのか?そのあげく21時のニュースの時間帯のスポーツニュースで取り上げるという?日本のラグビーは変われないのか?

    投稿: エリス少年 | 2011年11月24日 20:53

     いつも楽しませていただきありがとうございます。

     後半36分の中鶴君へのキックパスは、小倉君ではなく、吉井君ではなかったでしょうか?

     来年はやはり優勝のかかった対決がみたいですね。。。

    投稿: にな27 | 2011年11月24日 10:55

    キックパス大流行ですね。古くは村上さんの大体大もやってましたね。SO稲田さんから。。。。

    投稿: かつお | 2011年11月24日 01:46

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53315377

    この記事へのトラックバック一覧です: 早慶戦ほか:

    « 激闘史&お知らせ | トップページ | ラグマガ1月号 »