« ヴェルブリッツ・トークライブ | トップページ | 紅葉&ドコモカップ »

三連覇&長崎のこと他

月曜日、火曜日は同志社大学の大学選手権三連覇について取材していた。平尾誠二さん、圓井(まるい)良さんに学生時代のことをうかがった。これは、12月14日に発売される第48回全国大学選手権展望号(ラグビーマガジン別冊)に掲載されるものだ。同志社大学は、1985年1月に三連覇を達成した。決勝戦の相手は慶應義塾大。慶應のFWがスクラムで圧倒し、V3のなかでもっとも同志社が危なかった試合だ。ただ、この3シーズン、大学相手には無敗で駆け抜けたのだから、当時の同志社がいかに強かったか。

ロックの大八木淳史さんは5年間大学に在籍して4度学生日本一になっている。平尾さんは3度だが、2年生のときは、日本代表の試合で膝を負傷し試合に出られなかった。V1のSOは三洋電機に進んだ坂元寿彦、両CTBは白川佳朗、早川雅一である。SHは、3年間通して児玉耕樹。平尾さんはV2、V3のゲームリーダーである。V2とV3のメンバーは3分の2が同じだった。大八木、平尾、東田哲也の日本代表選手がいて、土田雅人、武藤規夫、松尾勝博、綾城高志など、のちに社会人ラグビーで活躍する選手がずらり揃っていた。自由奔放なラグビーで理不尽な上下関係もなし。そんなラグビー部の雰囲気に憧れて入ってくる学生も多かったようだ。

今シーズンは、帝京大学が同志社以来の3連覇に挑む。FWが強い。日本代表クラスの選手がいて、SH滑川、SO森田など主力選手が経験を積んでいるなど同志社と共通点は多い。平尾さんは、「理不尽な時代を知っていたから自由を大事にした。あのころの同志社は時代にマッチしていた」と言った。時代は変わった。果たして帝京は快挙を成し遂げるのだろうか。

長崎県の知人から長崎県の全国高校大会予選についてメールをいただいた。長崎北対長崎北陽台のライバル対決となったのだが、激闘の末、引き分け。抽選によって北陽台が花園行きを決めた。その試合後、両キャプテンの態度が立派だったそうだ。新聞にも紹介されているのだが、花園出場を引き当てた長崎北陽台の江口キャプテンと、長崎北の安永キャプテンは、互いに喜びも悔しさも表情に出さず、ただ健闘をたたえ合って抱き合ったという。力を出し合って戦った者同士だからこその立派なノーサイドである。

お知らせ◎以前もこのブログで紹介した医師の川原尚行さんの講演会があります。

◆12月4日(日)滋賀県人権尊重と部落解放をめざす県民のつどい記念講演会
『子どもたちに夢を ―東日本大震災・スーダンでの活動―』
日時:12月4日(日) 13時~14時30分
会場:滋賀県立文化産業交流会館(滋賀県米原市 TEL:0749-52-5111)
入場無料
お問い合わせ先:滋賀県人権センター(TEL:077-522-8243)

◆12月8日(木)世田谷区 第63回人権週間記念 【講演と映画のつどい】
『人と人との絆 ―かけがえのない生命(いのち)をつなぐ―』
日時:12月8日(木) 13時開場 13時30分開演(講演は13時30分ー15時)
会場:玉川区民会館 ホール(TEL:03-3702-1675)
入場無料 会場定員474名 手話通訳・要約筆記あり
お問い合わせ先:世田谷区教育委員会 生涯学習・地域・学校連携課(TEL:03-5432-2732)
講演後は映画『マイ・フレンド・フォーエバー』(1995年・米国)の上映があります

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ヴェルブリッツ・トークライブ | トップページ | 紅葉&ドコモカップ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    長崎の高校生、立派ですね、特に負けた方。大学でも続けて、大きく飛躍してほしいものです。
    さて、その大学ラグビーですが、今年は対抗戦グループが上位独占でしょう。東海の地盤沈下はひどい状況で、関西も相変わらず。
    優勝は、早稲田な気がします。二敗した中での試行錯誤が最後に奏効すると思います。

    投稿: テルキー | 2011年11月30日 23:46

    3連覇時代の同志社は、日本ラグビー史上、最も魅力的なチームの一つに違いない

    高校日本代表クラスの才能と、自由な発想に恵まれ、圧倒的な存在感を持っていた

    投稿: コドロニュー | 2011年11月30日 22:57

    私も長崎県決勝の会場にいましたが、抽選が終わった後、テレビカメラなどが北陽台のキャプテンを追って動き出してから初めて歓声が上がりました。北の安永主将もチームの方に戻ってきてから感情があふれ出したのでしょう。仲間が肩を抱いて一緒に涙する姿に、応援の人達はただただ暖かい拍手で迎えるだけでした。本当に自然な心から健闘をたたえる拍手でした。
    この日大村放虎原に足を運んだファンは、ラグビーのノーサイド精神に改めて触れた気がします。
    同時に、高校生ラガーマンの技術の向上と心の成長を感じとることができました。
    今でも清々しい気分です。

    投稿: パパっち | 2011年11月30日 09:50

    日本代表が強くなるということは
    恒久的に強くなるということで、その前後のマスコミがやるべき役割は大きいと思います。 大きいですよね(笑)

    せっかくスカパーなんだからもっと…ねぇ(笑)

    男バレのあんな解説実況じゃ 強くならんよなぁと思ってしまいました。

    なんのバックグラウンドもない人間ですが なんとかならんかなぁ… と思ってしまいます。

    プレーの正確な判断
    良し悪しのコメント
    つまりそのコメントが 実質のプレーを反映しているのかということが我々外野が騒ぐことで そこに解説の意味があるわけで。
    実際 あのプレーはオフサイドだろ?のようなコメントされている方に対し
    解説者の正直なコメントをサポートなり、するような体制が必要だと思います。
    つまり感じたことを言って頂きたい。

    …選手 協会との協調は理解出来ます。

    しかし本当にジャパンが強くなる為にやれることを…
    でも村上さんにとっては仕事ですし
    それによって楽しんでいる自分もいるわけです。

    ただ… ねぇ(笑)

    また違いますが
    スクラムの反則を 例えばよく知らない人に
    なんで反則なの?
    と聞かれた時に明確に答えられません(伝えても伝わらない…
    その人は、じゃあ つまらないって思いますよね。
    ムリですよ 今のスクラム知らない人に解らすのは。
    押してるのに反則ですもんね(笑)

    知らない人は絶対納得しないです。

    という中で期待する気持ちが大きいのと 自分もやれることはやりたいと思ってます。
    まぁ 何もできませんが(笑)


    投稿: けんじ | 2011年11月30日 00:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53365923

    この記事へのトラックバック一覧です: 三連覇&長崎のこと他:

    « ヴェルブリッツ・トークライブ | トップページ | 紅葉&ドコモカップ »