« 激闘史29号 | トップページ | 花園のデフラグビー »

ノヌー先発ほか&読書

今週末は、トップリーグ第3節。秩父宮ラグビー場では、リコーブラックラムズ対ホンダヒート、NECグリーンロケッツ対トヨタ自動車ヴェルブリッツがある。リコーでは、マア・ノヌー、タマティ・エリソンの両CTBが先発。これをSO河野があやつる。ノヌーがフィットしてくるのも楽しみだけれど、エリソンが好調だから、この両CTBはホンダにとって脅威。そして、ホンダもリザーブに元オールブラックスのNO8ロドニー・ソーイアロの名前が。いよいよ登場ですな。でも、僕はリコーのNO8ジェームス・ハスケルのエネルギッシュなプレーが好きだ。また、激しいファイトを見たい。

近鉄花園ラグビー場では、好調同士の対戦、近鉄ライナーズ対ヤマハ発動機ジュビロ戦がある。JSPORTSでの放送はないけど、これ、面白い試合になると思う。キックオフは午後1時。同日、11時からはデフラグビーの国際試合もあるので、お忘れなく。

201111101

松瀬学さんの「負げねっすよ、釜石」(光文社)を読んだ。釜石の人々のたくましさ、人の強さ、優しさ。電車の中で、しゃくりあげてしまうのを抑えるのに苦労した。水没した車から助けを求める人をほおっておけず、拳でドアの窓をたたき割って、たくさんの人を助けた森闘志也さん。自らも流されて九死に一生を得た。「こぶしの衝撃は覚えています。大した痛みはなかった。ラグビーのほうが痛いんじゃないですか」。強い人だ。

釜石シーウェイブスのHO小野寺政人選手は、泣きながら身重の妻を探して避難所を走り回った。最後にガッツポーズ。津波でラグビー用具は全部流された。愛用のヘッドキャップも。だったら、ヘッドキャップなしで戦うのみ。スパイクもジャージもなくなったことを知った仲間が手を差し伸べ、いつのまにか、以前よりラグビー用品が増えた。そんな、仲間の絆を感じる温かいエピソードがたくさん詰まった本だ。鉄と魚とラグビーの街の復興ドキュメント。いい本でした。

201111102_1

次に読むのはこれ。「前へ 明治大学ラグビー部 受け継がれゆく北島忠治の魂」(明治大学ラグビー部著 株式会社カンゼン発行)。1989年に発刊された本の復刊である。「相手から逃げるな」、「フェアプレーの精神を忘れるな」、「正々堂々と、練習どおりにやればいい」、「ゴールへ最短距離を走れ」。単純明快な教えをさまざまな角度から語る。

ついでに、僕の拙著も並べて写真撮らせてもらいました。とくに、ラグビーを見始めたばかりの人や、ラグビーをプレーし始めたばかりの中学生、高校生に読んでもらいたいです。

追記◎本日(金曜日)、午後6時5分から6時25分の予定で、ABCラジオ(朝日放送ラジオ)の、「スポーツにぴたっと。」という番組のなかの「ムキムキ!ノーサイド劇場」に出演します。USTREAMでライブ配信しているから、世界中で見られます。お時間ある方は、見てみてください。
http://abc1008.com/spo_pita/index.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 激闘史29号 | トップページ | 花園のデフラグビー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ラジオ、拝聴しました。軽快で、“いい感じ”でしたね!ロシナンテス、川原さん(息子さん、u/20らしいですね!)の講演帰りでしたので、沢山、ラグビーに触れることができ、シアワセな一日でした。

    投稿: west school | 2011年11月12日 10:39

    先のW杯では怪我が大変目立ったわけですが、とりわけ、肩の怪我が多かったように思います。マッケイブ(豪)、ロバーツ、フック、プリーストランド(ウェールズ)、スクレラ(仏)、ムリアイナ(NZ)などがそうでした。

    肩の捻挫や脱臼は習慣性となる場合が多く、その後のキャリアにも影響するやっかいな怪我です。たいていはタックルが受傷機転であり、ラグビーである以上仕方がない面もあります。が、モールやラックで、相手選手の横入りやノーバインドでの突っ込みで痛めるというケースもあり、それらを厳しく取り締まることで防げる面もあると思います。

    ライオンズの南ア遠征で、ウェールズのプロップ=A・ジョーンズが、ボクスのB・ボタのショルダーチャージ(後にこのプレーで出場停止処分)で脱臼した例などがそれにあたります。

    怪我は、その選手にとってだけでなく当然チームにも影響し、またそのプレーを楽しみにしているファン、これからラグビーを始めようと考えている子供達や若いプレーヤーにとっても残念なことです。以前にも増してフィジカルな闘いとなっている現在のラグビーは、ボディコントロールの指導、ルールの改善、用具による保護などにより、できる限りそのリスクを軽減することが求められると思います。

    投稿: メスニー | 2011年11月11日 17:44

    森闘志也さんの勇敢な行為は、この記事↓を読んで泣けたのを覚えています。

    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110418_2

    きょうは、「あの日」から八ヶ月。一ラグビーファンとして、今後も釜石SWを支援、応援し続けていこうと思います。

    投稿: サファイヤ | 2011年11月11日 17:29

    全部読みました。釜石も北島さんもラグビー知ってる人じゃないと深さは伝わらないかな?村上さんの本は入部して半年たった1年生にいいですよ。私も高校で配布しました。OBから現役へのプレゼントにもいいですね。村上さんいつもありがとう。(^^)

    投稿: 44 | 2011年11月11日 00:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53214533

    この記事へのトラックバック一覧です: ノヌー先発ほか&読書:

    « 激闘史29号 | トップページ | 花園のデフラグビー »