« 3日の秩父宮ラグビー場 | トップページ | 5日の江戸川&TL2節結果 »

ブラッド・ソーンTLデビューほか

トップリーグ第2節は、W杯に出場していた各国代表選手が多数メンバー入りした。サントリーサンゴリアスでは、リザーブだが、南アフリカ代表のLOダニー・ロッソー、SHフーリー・デュプレア。リコーブラックラムズは、先発でイングランド代表のFLジェームズ・ハスケル、そして控えにはオールブラックスCTBマア・ノヌーが。あの爆発的突破力がはやくも見られるのか。

これだけではない。日曜日には、オールブラックスの世界一メンバーであり、ニュージーランドの最強LOブラッド・ソーンが新潟でトップリーグデビューする。対戦相手のNTTコムには、元オールブラックスのアイザック・ロスがいる。オールブラックスLO対決となるわけだ。所属する福岡サニックスブルースの藤井監督、ソーン選手の公式コメントは以下の通り。

◎藤井雄一郎監督
「正直、私自身、ブラッドが来日しても、すぐにプレーするのは無理と思っていました。しかし、来日直後に彼のほうから、『許されるなら次の試合に出られないか』と…。実際、ブラッドはサニックスのDVDと次の試合相手のDVDを持ち帰り、すぐに練習に合流してサインプレーやスクラムも合わせました。もちろん世界一のロックです。だからこそ、あっという間にチームに馴染んでいました。ブラッドが試合に出ることで試合に出られなくなる選手までもが、必死で彼に『自分たちのラグビー』を教えている姿を見て、改めて、チームの奥深さというものも知りました。とんでもない選手が来たことで、チーム内に、とんでもない化学変化が起こりつつあるような気がします」

◎ブラッド・ソーン選手
「今季、福岡サニックスブルースに加われて、とても嬉しく思っています。チームのために全力を尽くすことが楽しみでなりません。オールブラックスでの日々は本当に楽しいものでした。ワールドカップで優勝することができて、とても嬉しかったです」

ソーン選手が自ら出場を志願したというのは嬉しい話だ。先週のリコーのハスケル選手もそうだったけど、本当のトップレベルの選手は常に全力を尽くす。そういう姿を今節も見たい。

お知らせ1◎河北新報の11月6日朝刊に、11月13日、ユアテックスタジアム仙台で行われるサントリーサンゴリアス対NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの告知が、全10段を使って掲載される。僕も見どころ書いています。この日は、12:00から女子7人制ラグビー東日本高校選抜エキシビションが行われるので、お近くの皆さんはぜひユアテックスタジアムへ。

お知らせ2◎お馴染みになった第16回みなとスポーツフォーラムが、11月16日、講師に日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターの中竹竜二氏を招いて開催されます。ニュージーランドで行われたラグビーワールドカップ2011の結果を受けて、今後日本代表はどのような形で強化を進め、強豪国との距離を縮めていくのか。コーチングディレクターとして、今後の日本ラグビー界の強化プランを話してくれるとのこと。会場では東日本大震災への義援金募金活動も行われます。詳細はコチラより。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 3日の秩父宮ラグビー場 | トップページ | 5日の江戸川&TL2節結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53160674

    この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・ソーンTLデビューほか:

    « 3日の秩父宮ラグビー場 | トップページ | 5日の江戸川&TL2節結果 »