« TL第3節土曜の結果 | トップページ | 花園出場校続々決定ほか »

TL第3節日曜の結果

土曜の花園ラグビー場での取材を終えて、新大阪駅に直行。さくら号(鹿児島中央行)に乗って博多に向かった。さくらの中でブログをアップしようとしたのだけど、トンネルが多くてインターネットが安定せず。博多でバタバタと2本連続の更新となった。博多では、昼間、東福岡高校が筑紫高校を破って花園出場を決めていた。

20111113

日曜日の朝、知人の車に乗せてもらって北九州市の本城陸上競技場へ。JSPORTSで福岡サニックスブルース対神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦を解説した。土曜日の花園ラグビー場の近鉄ライナーズ対ヤマハ発動機ジュビロも面白かったのだが、本城での試合も、アクロバティックなトライあり、胸のすくパスありの観戦して楽しい試合だった。サニックスは、オールブラックスのLOブラッド・ソーンが前節に続いての先発。濱里三兄弟(NO8祐介、CTB周作、WTB耕平)そろっての先発出場はきょうが二度目だった。神戸製鋼は負傷者が多いこともあるのだが、ジェーソン・カワウ、フレイザー・アンダーソンを両CTBに、SOピーター・グラントとのフロントスリーでボールを前に出す布陣を敷いた。

午後13時05分キックオフ。まずは一方的に神戸製鋼が攻めた。サニックスも接点で前に出るのだが、神戸製鋼は個々のボール保持者が力強く前に出て攻撃を継続した。神戸製鋼SOグラント、サニックスSO小野晃征がPGを決めあい、6-3と神戸製鋼リードで迎えた前半21分、サニックスが少ないチャンスをものにする。ハーフウェイラインからわずかに神戸製鋼に入ったスクラムから、まずは、古賀が右を攻め、右に流れながら右手で背面を通すバックフリックパスでWTB濱里を走らせ、ラックの右サイドにFLパリンガタイが走り込んで大きくゲイン。タッチライン方向に流れながら背面パスで古賀をインゴールへ走らせた。お見事。

すると、神戸製鋼は25分、ラックの連取からパスをつなぎ、LO谷口到がトライ。32分には、SOグラント、FB正面がフラットで素早いパスを連続させ、カワウが抜け出して、フレイザー・アンダーソンがトライ。20-10とリードして前半を終えた。

後半に入ると、サニックスも思い切って攻め、インパクトプレーヤーのWTBカーン・ヘスケス、CTBシリバ・アヒオらを次々に投入した。小野のキックパス、横に流れながらアヒオを走らせる変幻自在の動きで3トライを奪ったが、神戸製鋼もHO松原裕司、NO8マパカイトロパスカのトライで逆転を許さなかった。終盤のサニックスの猛攻では、ブラッド・ソーンを何度も縦に走らせてボールを動かしたが、神戸製鋼も粘りのディフェンスから切り返し、なんとか逃げ切った。

ハーフタイムで、サニックスの藤井監督は「10点差は想定内。逆転は可能」とコメントしたが、試合後は、「ゲームの進め方が失点につながった」と状況判断に甘いところがあったと敗因を説明。「チーム状態は悪くなく、この調子で戦っていればいつか結果は出るでしょう」と前を向いた。ソーンもまだ迷いが見られるが、次第にチームにフィットしてきており、試合を重ねるたびに力を発揮しそう。献身的な仕事ぶりは素晴らしい。

神戸製鋼の苑田右二ヘッドコーチは、「先週は悔しい負けでした。選手たちはまだ力を出し切っていないと感じたので、この一週間、力を出し切ることをテーマに準備してきた」と語り、安易にキックを蹴らず、縦と横のスペースをうまく使いながら攻められたことに手ごたえを感じているようだった。マンオブザマッチは、ジェーソン・カワウ。何度もゲインラインを切り、納得の受賞だが、その突破を助けたグラント、正面のパスも見逃せない。アンダーソンもふくめ、このフロントスリーは攻守ともにレベルが高かった。神戸製鋼では、ルーキーのFL前川鐘平の突進力も目立った。今後の活躍に期待しよう。


■トップリーグ第3節日曜の結果
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス●10-17○サントリーサンゴリアス(前半0-10)
パナソニック ワイルドナイツ○43-17●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半15-0)
福岡サニックスブルース●27-34○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半10-20)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第3節土曜の結果 | トップページ | 花園出場校続々決定ほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    失礼ながらJスポーツでのラグビー観戦を毎日楽しみしているものとして発言させていただきます。Jスポーツでのラグビー解説にやや不満を抱いております。村上様以外の解説は聞くに堪えません。
    プロ野球解説における立浪氏、スケートでの荒川静香の解説のように現象面をただ説明するだけではなくパフォーマンスの裏にある意図や技術体系などを解説していただきたいと日々思っております。チームの戦術(オーストラリア、サントリーなどの9shape,NZのポッドなど)もラグビー経験者が多い視聴者なら詳しく知りたいところでもありますし。よろしくお願いいたします。

    投稿: ちゃんこ | 2011年11月14日 21:38

    来週は、レベルファイブスタジアムにサニックスの応援に行きます。

    西端選手スタメンで出場しないかなぁ。

    楽しみは、NECのナドロ選手です。

    しかし、1300円で、プロスポーツの試合、しかもワールドクラスの選手達を見れるなんて。お得過ぎます。

    投稿: 池田亜樹 | 2011年11月14日 21:25

    夕方たまたま教育テレビの『ピタゴラスイッチ』を見ていたら、アルゴリズム体操でパナソニックの面々が登場

    いかつい体でコミカルな動きsign03面白かったです。このような形で登場するのは微笑ましい限り。チームパフォーマンスでやってほしいなぁ(笑)

    投稿: 永遠の9番 | 2011年11月14日 18:55

     ラグビーに関して質問。13日、秩父宮ラグビー場で行われた高校ラグビー東京都決勝。T高校のコーチが無線でチームスタッフと連絡を取り、バックスタンド(東側スタンド)最前列の通路でずっと立って移動しながら常に選手に指示。一般客から「プレーが見えない」と注意されても続ける。
     観客席からの指示なので、ルール規則上問題ないと思われるが、どうなのか。マナーとしてはどうなのか。トップリーグや関東大学などでは給水担当者がタッチライン外で選手に指示することはあるが、無線を使って観客席から指示が許されるなら各校が同様のことをやるようになるのではないか。われわれ一般客にとって非常に見づらい。ラグビーの専門家としてのご意見をうかがいたい

    投稿: 教えて! | 2011年11月14日 10:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53237566

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第3節日曜の結果:

    « TL第3節土曜の結果 | トップページ | 花園出場校続々決定ほか »