« NZ代表HC&TL7節土曜の結果 | トップページ | 大野コメント&ナドロ6トライ »

大学選手権1回戦&TL7節結果

日曜日は瑞穂ラグビー場にいた。メインスタンドにいると、まぶしくてグラウンドが見えないくらいの強い日差しだった。ただ、日が陰ると寒かったぁ。

第1試合は、関東大学リーグ戦3位の関東学院大に対し、関西大学Aリーグ4位の立命館大が真っ向勝負。関東学院の個々の突進を、低くて強いタックルで何度も押し戻した。FL片岡を筆頭によくボールに絡み、SO八役、CTB中田らがラインブレイクしてチャンスを作ったが、それを得点に結びつけることが出来ず終い。逆に関東学大は、我慢強く攻め、ドライビングモールを軸に前進し、トライを獲りきっていた。ここ数年、決勝戦には進んでいないが、チャンスを生かす伝統は息づいていると感じた。

20111218


第2試合は、昨年の1回戦と同じカードになった。早大と大体大が選手権で対戦するのは実に7度目である。かつては大接戦の試合もあったが、昨年は94-7で早大が勝利しており、大体大がこの一年でどこまで差を詰めたのかは、一つの見どころだった。試合後、早大の辻高志監督が「大体大は昨季の悔しさをバネにやってきたと感じたし、その大体大のブレイクダウンに圧力をかけられたのは良かった」と手ごたえを語ったように、早大はFL山下、金らが激しく縦突進し、大体大FWを真ん中に集めて、WTB原田、中鶴を走らせることに成功していた。大体大もよく粘ったのだが、得点力の差はいかんともしがたいところ。唯一のトライを奪ったWTB李の個人技は光っていた。

以下、1回戦の結果である。関西の関係者から、「今季は関東勢との差が縮まっている」という声を聞いたのだが、立命館大と関東学大も接戦だったし、頷ける結果になっている。

■全国大学選手権1回戦結果
大東文化大●17 – 49○同志社大(前半7-27)
立命館大●12 – 22○関東学院大(前半0-10)
筑波大○22 – 19●東海(前半19-7)
慶應義塾大○39 – 24●流通経済大(前半14-12)
明治大○38 – 3●関西学院大(前半24-0)
天理大○39 – 19●法政大(前半29-7)
帝京大○96 – 6●福岡工業大(前半53-3)
早稲田大○51-7●大阪体育大(前半22-7)

■トップリーグ第7節日曜の結果
NECグリーンロケッツ○50-21● Honda HEAT(前半31-7)
ヤマハ発動機ジュビロ●8-21○東芝ブレイブルーパス(前半3-7)
近鉄ライナーズ●22-43○リコーブラックラムズ(前半7-17)
福岡サニックスブルース●17-78○パナソニック ワイルドナイツ(前半10-38)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « NZ代表HC&TL7節土曜の結果 | トップページ | 大野コメント&ナドロ6トライ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    明日の帝京大学対同志社大学戦が楽しみです。

    というよりラグビーを知ってから同志社大学の試合全てが僕の注目試合。

    才能溢れるタレント集団のラグビーで帝京大学に勝利して欲しいです。

    同志社大学が好きなので、大学選手権も関西の大学を応援。

    立命館も健闘したし、大体大が、逆転した時は狂喜、関学も頑張った。

    同志社大学対天理大学の決勝がいいです。

    天理大学は、不足な部分があるのが不気味。

    挑戦する気持ちで闘い始める明日以降が、天理大学が成熟していきそうで、かなり期待しています。

    投稿: 池田亜樹 | 2011年12月24日 21:12

    2回戦が瑞穂なのは、花園を高校ラグビーのために休ませたいのでしょう。
    秩父宮2日間は、一極集中を避ける、秩父宮の芝擁護からでしょう。12月初めの雨でかなり痛みましたよね。もう少し試合数を減らしてあげるべきでしょう。
    トライ誤認は、レフリーの位置からは別のプレーヤーと重なって、ボールが接地したところは見えてませんね。アシスタント側からもしっかりは見えてなかったでしょう。トランシーバーで確認し合った結果でしょうが、最終的にはレフリーの判定が全てですので、仕方無いところです。
    慶應は受容れてましたね。他の競技なら監督が出て来て猛抗議もありなんですが、ラグビーの成熟した面が垣間見れたように感じました。
    とは言え、これを機にTMOの導入が図られることを期待します。カメラを増やす必要があり、経費が嵩みますが、負けたらおしまいの大会で「アレがなければ」は選手に酷ですからね。

    投稿: KimuSige | 2011年12月21日 08:32

    早稲田は大体大を撃破しましたが、試合後のインタビューで辻監督が満足そうな笑顔を見せていたのが気になりますね。優勝を狙う早稲田としては不満が残って良いはず。早稲田特有の「おごり」が出なければよいが。

    投稿: wetwing | 2011年12月20日 16:41

    次の試合ですが、帝京、早稲田は順当に準決勝に残るでしょう。明治対筑波はいい試合になると思いますが、両校とも対抗戦グループ。慶応が天理に勝てば、対抗戦グループの4校が残ることになりますね。

    投稿: wetwing | 2011年12月20日 16:35

    慶応―流経の大畑さんの解説が慶応サイドに立った物言いがほとんどで、正直不満に思えました。慶応が凄かったのは認めますし、評価するのはいいのですが、慶応が勝つにはどうするかの立場に立った言い方がほとんどでした。

    ふだん村上さんの対等な解説に馴れてる者としては違和感がありました。

    投稿: チョン蹴り | 2011年12月19日 12:27

    関西と関東の差が近いというのは不正確で、正確には、関東のうち、リーグ戦組が、関西並みにまで落ちてきているというだけだと思います。
    天理が法政にてこずったのと、同志社が大東に楽勝した以外は、ほぼ想定どおりの結果。
    今日は秩父宮で観戦してましたが、東海のひたむきさと慶応のしたたかさが目につきました。流経は雑さが目立ち、組織としての完成度が低かった。
    二回戦の注目は、筑波対明治と慶応対天理。なぜ瑞穂?花園か秩父宮2日間開催、どっちかにすべきでしょ。

    投稿: テルキー | 2011年12月18日 23:07

    慶應が勝ったから良いようなもの、流経大の明らかなノックオンがトライ扱いって、おかしいと思います。確かにそれもラグビーなのかもしれませんが、昔と違ってリプレイがビジョンに映し出される時代です。一発勝負のトーナメント戦はTMOを導入すべきです。
    話し変わって、均ちゃん、100キャップと勝利おめでとう。

    投稿: タマモクロス | 2011年12月18日 22:02

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53514180

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権1回戦&TL7節結果:

    » ラグビー・近鉄ライナーズ!スーパースターにやられた!! [IXY-nob]
    昨日のトップリーグ、近鉄対リコー戦は京都の西京極競技場。 いつものように早めに入場待ちの列に並んでいると両チームの選手が駐車場から一般の通路を通ってロッカールームに移動する姿が見えました。日本人選手がドッと流れて行ったあと、一際目立つ大きな体、そしてトレードマークの髪型、あの「マー・ノヌー」選手も自分でカートを引っ張ってやってきました。辺りにいたファンが一気に取り囲み、にわかサイン会。 他の選手が全部行き切ってもノヌーの周りは人だかり。すぐ隣にいらしたリコー応援団の方も「ノヌーは絶対サインを断りませ... [続きを読む]

    受信: 2011年12月19日 22:05

    » トップリーグ2011-2012第7節 近鉄vsリコー [森本 光ブログ☆ラグビー好きやねん!セリエAの実況もやってます]
     現役バリバリのニュージーランド代表の選手。ラグビー・ワールドカップで頂点に立っ [続きを読む]

    受信: 2011年12月20日 02:26

    « NZ代表HC&TL7節土曜の結果 | トップページ | 大野コメント&ナドロ6トライ »