« TL第8節土曜の結果 | トップページ | 日本代表新ヘッドコーチ決定 »

大学2回戦&TL8節日曜の結果

日曜日も瑞穂ラグビー場だった。JSPORTSで全国大学選手権2回戦「天理大学対慶應義塾大学」の試合を解説するためだ。第1試合は、筑波大対明治大。予想に違わぬ拮抗した展開になった。明治がSO染山のPGで先制したが、筑波もラインアウトからHO彦坂のトライで逆転。再び明治が染山のPGで逆転して、前半を終えて9-8の明治リード。しかし、後半は、風上に立った筑波がボールを長い時間保持して攻め続けた。明治も粘ったが、後半24分、SO松下のPGが決勝点になった。

歓喜の筑波ベンチ。古川監督は「攻める気持ちがすべてでした」と、終始強気だった選手たちを称えた。怪我で欠場の村上キャプテンが戻るまで、なんとしても勝ち続けたいという気持ちのこもった勝利だった。

そして、第2試合は、天理大対慶応大。天理が誇るSO立川、CTBハベア、バイフのフロントスリーがディフェンスを破るか、慶應の低いタックルが突き刺さるのか、焦点はそこだった。前半は風下の天理が手堅く試合を運んだが、後半になると、ボールを大きく動かして攻め始める。慶應も攻勢に出たため、互いにトライを獲りあう展開になった。

ラインアウトの精度など、ボールの獲得率やミスの数はほぼ同じの中で、天理に流れを引き寄せたのは立川の個人技だった。ステップワークを駆使してタックラーを翻弄して、15-10とするトライ。ディフェンスラインに接近したパスでハベアの突破を導き、29-15と突き放すFB塚本のトライを演出するなど、勝利の立役者となった。決定力で上回った天理の勝利だった。

3年連続の挑戦で、ようやくベスト4に進出した天理の小松監督は、選手の底力に感心した様子。「力がついてきたということですよね」と笑顔で話した。慶應に関しては、流通経済大戦で見せた低く鋭いタックルを警戒していたようだが、「うちがFWのチームじゃないからでしょうね。それほど突き刺さってはこなかったですね」と冷静に振り返っていた。

試合後、秩父宮ラグビー場の結果と内容を知った関係者は一様に驚いた様子だった。早慶明の三大学が1チームもベスト4に残らなかったのは、選手権史上初になる。慶應の田中監督は、春から東日本大震災の募金活動などで三大学が協力していた経緯もあり、「早慶明で国立に立ちたかった。残念です。ファンの皆さんの期待を裏切ってしまいました」と唇をかんだ。

■全国大学選手権2回戦結果
帝京大学○18-12●同志社大学(前半5-3)
明治大学●9-11○ 筑波大学(前半9-8)
早稲田大学●26-28○関東学院大学(前半6-21)
天理大学○32-15●慶應義塾大学(前半5-3)

■トップリーグ第8節日曜の結果
パナソニックワイルドナイツ○32 – 10●リコーブラックラムズ(前半15-10)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○22 – 19●東芝ブレイブルーパス(前半10-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第8節土曜の結果 | トップページ | 日本代表新ヘッドコーチ決定 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    録画しておいた2回戦すべてを28日に見終わったため、旬を過ぎたコメンになってしまいました。

    帝京VS同志社戦は、とても面白かったです。
    帝京がもっと楽に勝つと思っていたので、途中から同志社を応援。帝京の三連覇を阻止せよ! と、テレビにかじりついて見ていましたが本当に惜しい結果になってしまいました。
    「帝京にカツを入れる格好に。準決勝以降の帝京は別チームに」のコメントには同感。帝京の優勝がより確実になりつつありますね。

    かたや我が明治。
    残念ながら予想通りの結果となってしまいました。

    今シーズンはディフェンスを磨いてきたらしいけど、対して得点力が無さ過ぎたのでは?
    特にBKにボールを展開しても、トライできるという感じがまったく無かったです。
    FWの力強さも他校に比べて突出している訳ではないし、モールも強豪相手に脅威になる程の力強さや、トライまで持ち込む確実性に欠けていました。
    どういう形で点を取るつもりなのか、最後までその考えが素人の私には見えませんでした。

    筑波の奮闘に期待してます。

    投稿: トーシロ | 2011年12月31日 06:40

    早慶明がベスト4に残れなかったのは初めてみたいですが、それ意外がレベルアップしてるのは8年後に日本でワールドカップがあるのも選手一人一人のモチベーションになってると感じます。対抗戦とリーグ戦を統合したり、大学の日本リーグみたいな話もありましたが、まずは現行のフォーマットでの激しい戦いは良い傾向だと思います。日本は4月から学校が始まりますが、欧米の学校は9月から始まり、日本への留学生は9月から来てる様で、将来的には日本も9月から学校が始まる可能性があるようなニュースを見ましたが、ことラグビーに関しては良い傾向だと感じます。ラグビーは冬のスポーツですが、受験等で3月まで学生が試合をするのは難しく、高校の進学校では夏前に引退し、花園予選に出ない人や学校が私の知る限り存在したので。そうなると花園は3月の春休みが良いと思います。

    投稿: ドニントンパーク | 2011年12月26日 19:12

    大学選手権の2回戦は、やはり花園で開催してほしいですう。同志社も花園なら勝っていたかも・・。

    花園がだめなら、金鳥スタジアムで。

    投稿: みっちゃん | 2011年12月26日 14:59

    私の大本命早稲田敗退は驚き!!!
    同志社の粘りは更に驚き!!!!
    この4強の組み合わせで個人的には天理が
    優勝に一番近いと断定する。帝京。外国人頼みそれもFW一辺倒の戦術では筑波に勝てない。
    早、明、慶のいない正月決戦。でも、この流れが日本ラグビー界の歴史を変える。
    1月2日多くの人に見て頂きたい。天理や将来の覇者になるであろう筑波の試合を・・・
    ラグビーは素晴らしいスポーツであることを実感出来るであろう。

    投稿: カズ | 2011年12月26日 09:43

    一方で関東学院と同志社の勝利や大健闘を考えますと、指導者って凄いなと思います。
    一方で外人選手が主力のチームの勝ちあがりを見ると、協会はこれでラグビー人気をどうするつもりかな、とも感じます。早慶明のような有名校がずっとラグビー人気を引っ張ってきて、今も力を注いでいます。でも外人は入れられません。それは勝利を諦めることにかなり近づくことでいいのでしょうか? 日本人の学校による日本人の戦いでは駄目なんでしょうか? 帝京や天理の一般学生について、45人に6人くらい、外国人がいるんでしょうか? 明白なスポーツ強化だけの目的であると思うのですが。今日の男女高校駅伝を見ても、外人選手のいるところは強い。しかし人気、競技振興について、本当に正解かは疑問です。後世に批判されるような「外人がいるところが勝つ」のトレンドと思います。くすん。

    投稿: トンガリキッズ | 2011年12月26日 00:44

    えっ?同志社、後半38分まで勝ってたんですか?
    大魚を逸した……
    気が早いかもしれませんが、帝京の3連覇濃厚か。図らずも、同志社が帝京にカツを入れる格好になってしまったような。多分、準決勝以降の帝京は別チーム。
    3連覇は同志社唯一の誇りかと思ってたけど、新しい未来に向けた希望の光が差し込んできたのは幸い。チャンピオンチームと1トライ1ゴール差以内の試合をしたなんて相当記憶をたぐらないと…
    早慶明全敗には、多少なり、震災の影響もあったか?関東でも、震災後は、モチベーション維持が困難な人はラガーマンに関係なくいたし。そういう意味で、今年は特別と思えば、関西勢にとっては、来年が正念場か。
    とりあえず、2日は天理を応援!今日の前半のラグビーじゃ勝てんよ〜!

    投稿: テルキー | 2011年12月26日 00:26

    大学選手権二回戦は4試合とも予測とは全く違う展開になりました。帝京大、早稲田は確実に勝つと思っていましたし、明治も何とか勝ち上がるのではないかと、天理と慶応はもつれた試合になると予想していました。
    同志社が後半38分まで勝ってたとは、えらく良い戦い方をしたんですね!宮下監督の手腕は凄い!低迷が続いた同志社も“自分たちも優勝できる”と自信を持ったはずです!
    おまけと言っては失礼ですが、神戸が東芝に4トライをとって勝つとは、これも予想外でした!
    村上さん、秩父宮の2試合と神戸vs東芝の録画を見てコメントお願いします!

    投稿: 元祖おでんちゃん | 2011年12月25日 23:19

    同志社フアンとしては、3連覇阻止出来なかった勝敗には満足してないが、帝京有利の下馬評覆し、ノーサイド寸前まで魅せてくれた事。 来期の飛躍を見るような想いです。早慶明同のない1月2日どんな結果が、関西としては天理にエール。

    投稿: 今出川眞 | 2011年12月25日 22:10

    意外…
    早稲田がカントーに負けるとは…
    帝京の3連覇潰しは早稲田に託すつもりだったが。というか、同志社が帝京に18対12?
    いったいどうなってる大学ラグビー!?見に行きゃ良かった……
    天理はカントーになら勝てるでしょう。今日の前半はひどかったけど。油断大敵、ケガに注意。
    ともあれ、関西の二チーム、お疲れさんでしたー。

    投稿: テルキー | 2011年12月25日 18:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53567255

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学2回戦&TL8節日曜の結果:

    » [rugby]復活へ [枯れた芝生の匂い]
    朝、目覚めると、枕元に置いておいたくつ下に秩父宮のチケットが。サンタさんは、よい子にはちゃんとプレゼントをくれるんだなぁ。第1試合は、早稲田×関東学院。2001年から2006年まで6年連続で選手権決勝を争ったカード。秩父宮には、正しすぎる嗅覚を持った14,616人の観... [続きを読む]

    受信: 2011年12月25日 22:32

    » ラグビー・トップリーグ 東芝vs神戸製鋼 第8節 inホームズスタジアム [銀杏(いちょう)の並木道]
    東芝 19 - 22 神戸製鋼 開始早々神戸がラインアウトからモールを押し込んで [続きを読む]

    受信: 2011年12月25日 23:45

    « TL第8節土曜の結果 | トップページ | 日本代表新ヘッドコーチ決定 »