« 大野100試合&林敏之さんトーク | トップページ | 大学選手権1回戦&TL7節結果 »

NZ代表HC&TL7節土曜の結果

オールブラックスの新ヘッドコーチに、スティーブ・ハンセン氏(52歳)が決まった。2004年からグレアム・ヘンリー氏のアシスタントコーチを務めてきており、ヘンリー氏ともう一人のアシスタントコーチのウェイン・スミスとのトリオで101テストマッチを戦い、88勝をあげている。選手からの信頼感も抜群。また、クラブ、州代表、国代表レベル合わせて約18年間のコーチキャリアがある。2002年から約2年間は、ウエールズ代表監督を務めていた。契約は2年。

土曜日はどこにも取材に行けず、自宅でJSPORTS観戦だった。土曜日、家にいるのは久しぶりだ。秩父宮ラグビー場で行われたNTTコミュニケーションズシャイニングアークス対NTTドコモレッドハリケーンズの試合は、立ち上がりからコムがボールをキープして攻勢に出た。NO8フォトゥー・アウエルア、CTBジェイピー・ネル、FB栗原徹ら怪我からの復帰組が大きくゲイン。CTB山下大悟も好調で、何度も攻撃の起点になっていた。ドコモは粘り強くディフェンスしていたのだが、リターンのキックが伸びず、ノータッチも多かったことで苦しい戦いになった。ドコモのFBミルズ・ムリアイナは、オールブラックス100キャップというスーパースターだが、キックのキャッチング、サポートプレーなどで苦戦の中でも光るプレーを何度も見せていた。

第2試合は、サントリーサンゴリアスの独壇場だった。自陣からでも次々に展開して、LO眞壁伸弥、FLトッド・クレバー、CTBニコラスライアンらが大きく前進し、FBピーター・ヒューアット、WTB成田秀悦らがトライラインを駆け抜けた。前半終了間際には、40分を告げるホーンが鳴ってからのPKから攻め、クレバーがトライを獲りきった。この時点で、スコアは33-7。後半も3分に、PR畠山健介が日和佐のパスを受けてトライをあげ、そこから怒涛のトライラッシュが始まった。コカ・コーラウエストも、4トライを狙ってあきらめずに攻め、FL桑水流裕策、WTB豊田耕太郎らが計5トライをあげた。

ミスのないサントリーの攻撃を寸断するには、一対一の局面でタックラーが前に出るしかないのだが、サントリーにはそれを許さないサポートの素早さがあった。日和佐のパスに対しても必ず複数の選手が走り込んでくるため、タックルの的が絞れない。きょうのサントリーは完成度の高い戦いぶりができていたと思う。

■トップリーグ第7節土曜の結果
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス○34-24●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半22-3)
サントリーサンゴリアス○87-35●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半33-7)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○21-10●トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半5-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大野100試合&林敏之さんトーク | トップページ | 大学選手権1回戦&TL7節結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ワールドカップが終わり、休む間もなくトップリーグと毎日ご苦労様です。
    こちらオークランドは元の生活に戻って、あの時の活気はどこへいってしまったのだろうというほど静かです。

    投稿: 山水 | 2011年12月18日 13:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53504789

    この記事へのトラックバック一覧です: NZ代表HC&TL7節土曜の結果:

    « 大野100試合&林敏之さんトーク | トップページ | 大学選手権1回戦&TL7節結果 »