« 高校大会3日目 | トップページ | 2012年元旦(高校大会3回戦) »

全国ジュニア大会

31日は、近鉄花園ラグビー場で開催されていた。第17回全国ジュニアラグビーフットボール大会の最終日を見に行ってきた。この大会は、中学生の各都道府県選抜(中学、ラグビースクール混在)の全国大会だ。初日は29日に行われ、全国から集った16チームを実力別に二つのブロックに分かれ、1回戦、そして勝者トーナメント、敗者トーナメントが行われ、31日、最終順位決定戦がそれぞれ行われた。

第1ブロックは3位決定戦で大阪府スクール選抜と、京都府中学校選抜が対戦し、粘り強くディフェンスした京都が14-10で競り勝った。京都には元日本代表PR中村直人さんの息子さんの琢磨選手(同志社中学)もいた。後半に登場してきた背番号1番の巨漢選手に歓声があがった。京都市立藤森中学3年生の坂本翔悟選手だ。プログラムの身長、体重は172㎝、124㎏。でも、最近また体重が増えて134㎏なのだという。京都の先生方にうかがうと、彼は藤森小学校時代にフラッグフットボールで全国優勝するなど、運動能力は高く、この日も、ファーストタッチは軽やかなパスだった。トップリーグ志望らしい。背もまだ伸びるだろうし楽しみだ。

この京都を29日に破った奈良県中学校選抜と福岡県選抜の決勝戦は、序盤、奈良のFWがよく前に出て、2トライを奪って14-0とリード。しかし、徐々に福岡のつなぎの上手さが出始め、前半終了間際に14-5とすると、後半に入って逆転。攻め込まれた奈良に反則、ミスが連続して流れが悪くなる展開になる。中学生はこのあたりの気持ちのコントロールが難しいのかもしれない。24-14とリードした福岡が勢いに乗って攻勢に出たのだが、残り5分になって奈良が反撃開始。24-21と3点差に迫ったトライのあとのキックオフからWTB吉村友佑、FB竹山晃暉とつなぎ、竹山が50m以上を走り切って、劇的な決勝トライをあげた。

201112311

奈良県選抜の優勝は初。福岡佳英監督は、選手7人を選抜に送り込む河合第二中学の監督でもあり、竹山キャプテンはじめ、育てた選手たち、この一年、三か月以上にわたってともに活動した選抜の選手たちの活躍が嬉しそうだった。「奈良県内でラグビー部の3年生は30数名しかいません。そんな彼らが本当によくやってくれた。ひたむきに頑張る子が多く、それぞれのポジションにキーマンがいた。浮足立った時間もありましたが、キャプテンを中心に全員があきらめずにプレーしてくれました」

また、福岡監督は、大活躍だった竹山選手について、「うちの中学は心の面、生活面を徹底的に指導します。竹山も甘ったれだったんですよ。でも、自分に負けていたら、ライバルに勝てません。成長してくれました」と目を細めていた。奈良県の高校の2年後、3年後が楽しみになる頼もしい選手たちだった。

第1ブロックは、優勝・奈良県中学校選抜、準優勝・福岡県選抜、3位京都府中学校選抜。
第2ブロックは、神奈川県中学選抜が愛知県中学校選抜を破って優勝。準優勝・愛知県中学校選抜、3位は静岡県スクール選抜。

さて、明日は、2012年1月1日。仕事始めは、全国高校大会3回戦だ。2011年もあと数時間。みなさん、よいお年をお迎えください。

追記◎年末の恒例行事になった「コカ・コーラウエスト レッドスパークス」による餅つきの様子を、博多の知人が送ってくれた。博多区「キャナルシティ博多」にて。監督以下選手一同が参加とのこと。

Img_2913_r


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校大会3日目 | トップページ | 2012年元旦(高校大会3回戦) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    福岡監督とは一緒にラグビーをしたこともあり、河合二中の練習にも顔を出させてもらったこともあるので、本当にうれしいです。おめでとうございます。

    投稿: らぐじ~ | 2012年1月 2日 21:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/53616023

    この記事へのトラックバック一覧です: 全国ジュニア大会:

    « 高校大会3日目 | トップページ | 2012年元旦(高校大会3回戦) »