« 2011年4月10日 - 2011年4月16日 | トップページ | 2011年4月24日 - 2011年4月30日 »

2011年4月17日 - 2011年4月23日

大阪チャリティーイベント報告

22日の夜は、大阪は十三(じゅうそう)の淀川文化創造館シアター7にて、「東日本大震災復興支援チャリティトークショー」(ノーサイドプロジェクト主催)を開催した。関西のトップリーグ3チームの協力で、この日の収益はすべて義援金にあてることに。ゲストは、神戸製鋼コベルコスティーラーズ(濱島悠輔、猿渡知、佐久間隆)、近鉄ライナーズ(大西将太郎、成昂徳)、NTTドコモレッドハリケーンズ(平瀬健志、清瀬岳大)の7選手。近鉄から神戸製鋼に移籍したばかりの佐久間選手の飛び入り参加で、大西、成コンビがヒートアップ。トークでもゲームでも火花を散らし、それがなんとも面白く、客席も大笑いの連続だった。

Talk1

トーク部分で最初に登場したのは、NTTドコモの新キャプテン平瀬選手と、バイスキャプテンの清瀬選手。ドコモでの仕事をこなしながらの選手なので、ご覧の通りのスーツ姿。平瀬選手は東海大仰星から大体大に進んで、4年時はキャプテンとして大学選手権ベスト4に進出した。「神戸製鋼の大橋選手は同期で、中学、高校、大学とずっと戦ってきたので、負けたくないですね」とライバル関係を語り、「日本選手権で神戸製鋼に負けたところから、今年のチームは始まっているので、神戸製鋼に勝ちたい」と話していた。清瀬選手は、部員が15人揃うかどうかの千里高校から自ら高いレベルでのラグビーを志して立命館大に進み、遂にトップリーガーとなる。「大橋選手は僕のこと、まったく意識していないと思いますが、僕も同期の選手には負けたくないです」と闘志を燃やしていた。

Talk2

その負けたくない相手の神戸製鋼のトークでは、豪華ルーキー陣の話や、「神戸製鋼に憧れていた」という猿渡選手や、佐久間選手のニュージーランド時代にともにプレーしたレネ・レンジャー(オールブラックス)の話など盛りだくさん。そこに練習後に駆けつけた近鉄の2人が到着すると、「あっ、お前、なんでいるねん」と通路で2人と佐久間選手がやりあう声が。そのあとの近鉄2人のトークはお笑いコンビのようだった。前田監督の練習は厳しいですか? 「厳しいです」(成)、「お前、やってへんがな」(大西)。成選手はいま肩の怪我でリハビリ中なんですね? 「こいつ、オフ中にオペしないで、練習始まってからオペしたんですよ」(大西)、「いやいや、オフは何もしなかったから気づかなかったんです。ラグビーしてはじめて痛いと気づいて」(成)

Talk3

続いて、「プレプレシーズンマッチ」と題して、ゲーム対抗戦。ヘッドコーチの似顔絵を競うコーナーでは、NTTドコモの清瀬選手がシニアヘッドコーチのアンドリュー・マコーミックさんの特徴を見事にとらえ、非凡な才能を披露。ジャッジのために特別参加してくださった原田隆司レフリーが軍配を上げた。2人が考え方を合わせる「ぴったり合わせましょう」では、「チーム一のイケメンは?」、「チーム一酒癖が悪いのは?」などの質問に珍回答が相次いだ。

Talk4

Talk5

最後はチャリティーオークション。NTTドコモは、昨年のファーストジャージに、箕内選手の練習着や、冨岡選手の日本代表時代のウエア、近鉄は大西、成選手が自身のスパイクを新品で提供してくれたり、神戸製鋼は、FW選手、BK選手それぞれ全員のサイン入りTシャツなど、それぞれレアなグッズを数多く提供してくれた。ゲストの皆さん、原田さん、ありがとうございました。

Talk6

客席は約50名。会場での募金、チャリティーオークションの売り上げ、イベントの収益を合計した結果、230,811円が集まりました。義援金として、日本ラグビー協会が開設している義援金口座へ送らせていただきます。ご協力、本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子代表香港遠征&大畑大介DVD

4月25日から5月1日まで、女子日本代表が香港へ強化遠征する。4月30日には、女子香港代表との試合が行われるのだが、これは、香港フットボールクラブで開催される「HSBCアジア五カ国対抗2011 香港代表対日本代表」(男子)の前座として実施される。27日には、7人制ラグビーの練習試合も実施予定。

◎女子日本代表・香港遠征メンバー
PR一戸愛美(RKUドラゴンズ)、山本さやか(名古屋レディース)、HO永田早矢(名古屋レディース)、LO佐々木時子(世田谷レディース)、LO/FL三樹加奈(立正大学ラグビー部)、乾あゆみ(兵庫レディース)、FL松平貴子(PHOENIX)、FL/No8辻本つかさ(SCIX)、岡田真実(名古屋レディース)、FL/HO鈴木実沙紀(関東学院大学ラグビー部)、No8マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(PHOENIX)/SH井上愛美(世田谷レディース)、常盤香代子(兵庫レディース)、CTB大島千佳(PHOENIX)、CTB/WTB 藤崎朱里(Rugirl-7)、CTB兼松由香(名古屋レディース)、WTB伊藤絵美(名古屋レディース)、WTB田中彩子(日本体育大学女子ラグビー部)、WTB中尾友紀(大阪ラグビースクールレディース)、WTB鈴木育美(日本体育大学女子ラグビー部)、SH/WTB原仁以奈(Rugirl-7)、WTB山田都萌(世田谷レディース)、WTB飯田美妃(名古屋レディース)

【マネージメント】
団長=岸田則子、ヘッドコーチ=萩本光威、FWコーチ=黒岩純、メディカル=田中彩乃、BKコーチ/総務=浅見敬子

お知らせ◎大畑大介さんの引退メモリアルDVDが、4月28日、発売になります。【「不屈の魂」最後まで闘い続けたラグビー人生】とタイトルにある通り、文字通り、自らの限界を超えて、最後までプレーし続けた大畑大介の壮絶なラグビー人生が描かれています。僕も完成した作品を拝見し、涙しました。でも、基本的には大畑大介の笑顔満載です。製作にあたった関西テレビの担当者の方は、次のように説明されています。「このDVDは、日本ラグビー界に多大な貢献をされてきた大畑大介さんの引退に合わせて、この素晴らしいラグビーという競技と、21世紀前後に関西、全国で喝采を浴びたひとりの偉大なラグビー選手の生きざまを後世に広く伝えるべく、企画・作成したものです」
発売元:関西テレビ放送、株式会社竹緒 価格3,675円(税込み)

Nec_0206


| | コメント (4) | トラックバック (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

U20日本代表最終戦結果

4月27日、京都マルイがオープンする(四条河原町交差点)。新入社員時代、東京・中野のマルイをよく利用した。以降も、マルイでよく買い物をしたのだが、京都にオープンは嬉しいなぁ。

ところで、コメント欄で、サニックス入りしたブラッド・ソーン選手についてのご質問があったが、ソーン選手はスーパー15が終了後、サニックスに合流し、オールブラックスに選出されれば(まず間違いなく選出されるが)、トライネーションズ、ワールドカップでプレーし、大会終了後来日。10月29日開幕のトップリーグで今季よりプレーする予定。

スコットランド遠征中のU20(20歳以下)日本代表スコッドは、4月20日、最終戦で、U20スコットランド代表Aを破り、3戦全勝で遠征を終えた。試合は、エジンバラのマレーフィールドのサブグラウンドで行われた。U20スコットランド代表Aとは、今季のU20スコットランド代表選手と新たな候補選手によって編成されたチームとのこと。

日本のメンバー=1.高橋洋丞、2.彦坂圭克、3.榎真生、4.李聖彰、5.園中良寛、6.辻直幸、7.金正奎、8.タウファ・オリヴェ、9.内田啓介(キャプテン)、10.中村亮土、11.羽野一志、12.布巻峻介、13.トニシオ・バイフ、14.彦坂匡克、15.黒澤健/16.石澤輝、17.村川浩喜、18.芦谷勇帆、19.坂本駿、20.大和田立、21.吉川竜太郎、22.猪村優仁、23.藤近紘二郎、24.野田滉貴、25.児玉健太郎

■試合結果
U20日本代表スコッド○33-15●U20スコットランド代表A(前半19-5)

◎元木由記雄ヘッドコーチ
「遠征3戦目で、今回の合宿、遠征で身につけた力が出せました。厳しい練習で疲れている中、選手たちは本当に頑張ってくれたと思います。しかし、チームとしてこれから改善していかなければならないこともまだまだ多くあります。この結果に満足することなく、ジュニアワールドラグビートロフィー(JWRT)の優勝に向かって前進していきます。また、日本が大変な状況の中、今回の遠征に関してご尽力いただいた大学チーム、その他関係者、そして選手のご家族の皆様のサポートに感謝するとともに、今後も日本を代表していることを忘れずに戦っていきたいと思います」

◎内田啓介主将
「今日は『国対国』の試合であり、いつもとは違う緊張感の中でのウォーミングアップ、そして試合となりました。前半はレフリングの解釈の違いという問題もありましたが、修正し、フラストレーションをためることなくゲームを進めることができました。そして何より嬉しかったのは勝利できたこと。最終戦で日本代表のラグビーができたと思います。ディフェンスで我慢し続けた結果が、今日の結果につながったと思います。今回の遠征はとても厳しい合宿でしたが、心身ともに大きく成長できたと思います。この遠征を全勝で終えたことは、成長の証だと思います。この全勝という結果は間違いなく自信になり、力に変わりました。この合宿でチームが一つの方向に向きました。本大会(JWRT)では、必ず優勝します」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大体大・人工芝&NEC、NTTコム新体制

20日の午前中は、東京で取材があり、正午過ぎののぞみで新大阪に向かった。夕方、大阪体育大学で行われる、ミスト付き人工芝お披露目式&現役対OBの試合に駆けつけるためだった。東京駅から大体大の最寄り駅「熊取」まで、ほぼ4時間かかった。かなりの時間、爆睡。

Members

本来はNZU(ニュージーランド大学クラブ選抜)が来日して全大体大の試合するはずだったのだが、地震などの影響で来日が取りやめになったため現役とOBが戦うことになった。

Mist

前の人工芝は8年間、ノーメンテナンスで使用し、この春から新しい最新式の人工芝に張り替えられた。人工芝は日射しが強いと表面が熱くなるのが難点だったのだが、今回の人工芝は、ラグビー界では世界初のミスト付き。芝一面から霧が噴き出してくる仕掛けがある。この日は、浪商学園の野田理事長、株式会社アストロの木村社長による噴射式。試合前の選手に永吉学長からの激励式があり、お客さんも含めて、東日本大震災とクライストチャーチの震災の犠牲者に黙祷が捧げられ、試合開始となった。

OBチームは、来季からトップリーグ昇格が決まっているNTTドコモレッドハリケーンズから新キャプテン平瀬健志(WTB)、PR松川功、CTB大川政史、近鉄ライナーズからPR中村勇輔、LO松岡勇、SH金喆元ほか、ホンダヒート、大阪府警、豊田自動織機シャトルズなどから集まった選手達が現役の挑戦を受けた。内容は激しいタックルの応酬となり、現役が最後に追い上げたが、22-21でOBが勝利した。レフリーは原田隆司さんが務めたのだが、「天然芝のように走りやすい」と、芝の感触は上々だった。

話は変わって、トップリーグのNECグリーンロケッツが、2011年度の新体制と新加入選手、追加退部選手を発表した。

GM=相澤輝雄、ヘッドコーチ=岡村要、コーチングコーディネーター=グレッグ・クーパー、コーチ=秋廣秀一、網野正大は昨季と代わらず、新任コーチに岡野清紀、ベン・ヘーリング、コンディショニングコーチのキース・ロバーツがそれぞれ決まった。また、新加入選手では、南アフリカ代表、スーパーラグビー経験者など実力者が名を連ねた。

◎新加入選手
ホッティ・ロウ
1976年3月2日生まれ。35歳
身長・体重: 198cm・115kg
ポジション: ロック
主な経歴: 1999年~2003年 ストーマーズ(スーパー14)
2006年~2007年 ブルズ(カリーカップ)
2009年~2010年 リコー
2010年~ボランド(ボーダーコムカップ)
2002年南アフリカ代表(cap7)

ディーン・バッド
1986年7月31日生まれ。24歳
身長・体重: 196cm・106kg
ポジション: フランカー・ロック
主な経歴:2009年~ オークランドブルーズ(スーパー14)

キャメロン・マッキンタイアー
1981年6月3日生まれ。29歳
身長・体重: 181cm・91kg
ポジション: スタンドオフ・センター
経歴: 2004年,2006年 クルセーダーズ(スーパー14)
2005年 ハイランダーズ(スーパー14)
2006年~2011年 カストル・オリンピック(トップ14)
2006年 ジュニアオールブラックス

◎追加退部選手=ジュウペリ・ロコツイ

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスも、2011年度の新体制を発表。既報の通り、前慶大監督の林雅人氏がヘッドコーチに就任したが、新主将は、友井川拓、副将に木曽一、栗原徹、FWリーダー山口泰生、BKーダー君島良夫ら新首脳陣も明らかになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラッド・ソーン、サニックス入団

福岡サニックスブルースにオールブラックスのLOブラッド・ソーンの加入が発表された。オールブラックスFWの中心的存在で、その走力、パワーは桁外れ。世界屈指のLOである。「走り勝つ」ブルースのスタイルの中で、パワープレーの軸になるだろう。

●ブラッド・ソーン(Brad Thorn)
略歴=1975年2月3日生まれ。195cm。112㎏。LO。
Aspleys High School(AUS)→クルセーダーズ(NZ)→サニックス
代表歴=カンタベリー州代表(NZ)、NZ代表(キャップ50)

Brad_thorn_portrait

藤井雄一郎監督コメント
「これまで、サニックスブルースは、セットプレーやパワープレーで遅れをとっていました。ブラッド・ソーンの加入で、彼がそれらのプレーの軸となって戦ってくれることを期待しています」

ブラッド・ソーン選手コメント
「今回、私の新しいチャレンジとして、日本に行けることをとても楽しみにしています。そして、福岡サニックスブルースのラグビースタイルに非常に興味があり、自分の強みであるフィジカルを出せることを楽しみにしています」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャリティーイベント&試合告知

きょうは、いくつかラグビーイベントと試合のご案内を。

今こそラグビー精神だ! 震災支援チャリティーイベント」というわけで、元日本代表のLO林敏之さんが理事長を務めるNPO法人ヒーローズが、東京の銀座でゴールデンウィーク中の5月1日~5月7日(午前11:00~午後6:00 最終日は午後4時)にラグビーのイラストや写真の展示&トークなどのイベントを開催します。期間中は松尾雄治さんらも来場してトークする予定。林敏之さんは、ずっといます。僕も6日、7日には参加させていただきます。

場所=銀座ギャラリー青羅
東京都中央区銀座3-10-19美術家会館 1階
電話03-3542-3481(事務所)
電話03-3542-3473(画廊直通)
HP http://www.hi-ginza.com/seira/

このイベントは、大阪でも開催予定。
「大阪心斎橋チャリティーイベント」
期間 5月20日~5月22日
午前11:00~午後7:00(最終日は午後5時)
場所=心斎橋スポニチプラザ大阪市中央区東心斎橋1の19の11鰻谷スクエア1階
電話 06-6244-2311  
HP http://www.sponichi.co.jp/osaka/event/forum/plaza.html

主催:NPO法人ヒーローズ後援:日本ラグビーフットボール協会・毎日新聞社

続いては、大阪の堺市ラグビーフットボール協会のイベントです。
第五回堺ラグビーカーニバル
開催日=5月3日
場所=堺市金岡公園内 陸上競技場 芝生グラウンド

堺市ラグビーフットボール協会は、平成21年10月30日、堺市内でラグビーフットボール競技を通して、青少年の健全育成、地域社会との連携で、より良い地域社会造りに貢献すること、及び堺市でのスポーツ文化浸透、推進を目的に設立されました。今回は、幼児~高校までのラグビースクール生徒、堺市立中学校、堺市内大阪府立高等学校の部員による各年代別の試合を開催。記念試合は、関西大学Aリーグ校による堺市内で初めての交流試合を予定。詳細は以下の通りです。

9:00 開会式
9:30 幼児・小学生スクール交流試合(富田林RS・SRC堺RS)
11:40 堺市内高等学校交流試合 (鳳高校・堺東高校・泉北高校・府立農芸高校・精華高校・初芝立命館高校・府立工科高校)
13:20 堺市内社会人・クラブチーム交流試合(SRC泉州クラブ・新日鐵堺・堺市役所・関西D,rs)
15:00  記念試合 天理大学 対 大阪体育大学

埼玉県では、毎年行われている「さいたまラグビーフェスティバル」にてチャリティーマッチを開催することが決定。6月5日、神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 埼玉県トップリーグ選抜が実現します。今年は、熊谷ラグビー場開設20周年の節目にもあたり、埼玉県におけるラグビーへの関心をより深めるためにも実施が決まったとのこと。収益の一部を日本赤十字社を通して東日本震災被災地への義援金とされます。詳細は以下の通りです。

「第19回さいたまラグビーフェスティバル」
熊谷ラグビー場開設20周年記念試合 
神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs. 埼玉県トップリーグ選抜
開催日=年6月5日(日)13:00キックオフ
会場=熊谷スポーツ文化公園ラグビー場
神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs. 埼玉県トップリーグ選抜
県内ラグビースクール交流大会 春季社会人大会
※入場料(Aグラウンド、招待試合のみ有料)
中央席 1,500円(前売り1,200円)
一般席 1,000円(前売り800円)
大学生(一般席) 500円
高校生以下は無料

埼玉ラグビーフットボール協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新専務理事&U20&東芝新主将&ジュビロ新戦力

18日の月曜日は、日本ラグビーフットボール協会の新専務理事・矢部達三(やべ・たつぞう)氏の記者会見が日本協会で行われた。矢部専務理事は、埼玉県さいたま市生まれの67歳。埼玉県立浦和高校から早稲田大学ラグビー部に進み、4年生では主将を務めて全公式戦に出場し、大学選手権、日本選手権を制した。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)、ユニオンバンク・オブ・カリフォルニアの在日代表など経て、平成17年度から日本協会の理事・会計役を務めていた。

「情報公開は積極的に行う」とした矢部専務理事は、7人制強化のために来年には、IRBワールドセブンズシリーズの日本開催を実現させたいことや、2012年からは、世界トップ10の国と毎年6月に試合を組むことなど明らかにし、案として、2012年は欧州チームが南半球に行く途中に日本に立ち寄ってもらう。2013年はウエールズ、2014年はフランス、ウエールズ、イングランドのいずれか。2015年はW杯。2016年スコットランド、2017年アイルランド、2018年イタリアと対戦が可能そうだと話した。

紹介するのが遅くなってしまったが、U20日本代表スコッドのスコットランド遠征第2戦(4月16日)の結果は以下の通り。
■試合結果
U20日本代表スコッド 43-5 ウェスト オブ スコットランド(前半15-0)

◎元木由記雄ヘッドコーチ
「最初は相手に合わせてしまっていたが、良くディフェンスをしてくれたと思います。途中からテンポが良くなって、日本のペースで試合ができました。今日はディフェンスが非常に良かったので、選手をほめてあげたいと思います。また、今日の試合会場ではウェスト オブ スコットランドがクラブとして、東日本大震災に対する、募金活動を行ってくれました。そのようなサポートに感謝するとともに、我々もできることでベストを尽くし、日本を代表していることを忘れず、残りの遠征を過ごしていきたいと思います」

トップリーグの東芝ブレイブルーパスは、廣瀬俊朗に代わる新主将に、豊田真人(NO8 東海大卒)を発表。副将は、仙波智裕、スティーブン・ベイツ、スクラムリーダーに猪口拓が就任する。日曜日の支援イベントのとき、廣瀬選手が「新しいキャプテンは、FWの大きな人です」とヒントをくれて,「FWはみんな大きいやんか」と突っ込んでいたのだが、豊田選手だったわけだ。豊田選手といえば、中学1年生から大学4年まで、所属チームの全公式戦に出場した鉄人。東芝では怪我もあったが、精神的には非常に強い選手で巻き返しを期す東芝のリーダーとして期待される。

ヤマハ発動機ジュビロからは、追加の新加入選手の発表があった。元オールブラクスのFW第3列で強力な突破力を持つジェリー・コリンズの加入は大きな戦力アップにつながりそうだ。

フォラウ愛世(LO/FL 埼玉工業大卒 タマリバクラブ)、ジェリー・コリンズ(FL/NO8 オスプリーズ)、遠藤広太(CTB 埼玉工業大卒 タマリバクラブ)、タネ・トィプロトゥ(CTB/WTB トンガカレッジ卒 ニューカッスルファルコンズ)、田中渉太(WTB早稲田大卒)

◎清宮克幸監督
「ヤマハ発動機ジュビロの“日本一への挑戦”に新しく力強い仲間を迎えました。ジェリー・コリンズ、タネ・トィプロトゥの2人には世界トップレベルの激しいプレーを期待しています。フォラウ愛世、遠藤の2人はクラブチーム、タマリバクラブからの移籍です。クラブチームからトップリーグへ。この新しい挑戦はその機会に恵まれなかった選手にとって大きな意味のあるものになると同時に刺激になってくれるでしょう。田中は早稲田大学卒業後、ラグビーから離れていましたが3年ぶりの現場復帰です。少し回り道をしましたが、新たに得たものも多く、チームに貢献してくれるものと確信しています。彼らのそれぞれの想いと熱により、新しい競争が生まれ、より熱いチーム作りができると確信しています」

| | コメント (8) | トラックバック (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

支援イベント案内&プチお答え

日曜日の秩父宮ラグビー場でのイベントには、選手の他にも普段の試合で警備や運営にあたっている会社の方々もボランティアスタッフとして参加。「ノーサイドプロジェクト」の幹事の皆さんも、門の前で募金箱を持つなどイベントを手伝った。みなさん、お疲れさまでした。ノーサイドプロジェクトは、5月21日の日本代表対スリランカ戦後のイベントが中止になってしまったのだが、別のイベントを現在企画中。また、この日記やノーサイドプロジェクトのホームページなどで紹介していきます。

今後も各地でさまざまな支援イベントが予定されている。4月22日の大阪でのイベント(画面左のスケジュール欄で詳細は紹介)の参加選手は、以下の通り決まっている。神戸製鋼コベルコスティーラーズ=濱島悠輔、猿渡知、近鉄ライナーズ=大西将太郎、成昂徳、NTTドコモレッドハリケーンズ=平瀬健志(新キャプテン)、清瀬岳大(新副キャプテン)。平日夜ということで足を運びにくいかもしれませんが、遅れてきても大丈夫ですので、ぜひご参加をお願いします。

5月5日には、秩父宮ラグビー場で全早慶明のチャリティーマッチが行われるが、その前夜(4日)、「がんばろう東北ラグビー! 復興支援の夕べ」~釜石シーウェイブスGM高橋善幸さんを迎えて~が開催されることになった。概要は以下の通り。

5月4日(水)17時~トークイベント開始 18時30分~懇親会
会場:丸ビル8F コンファレンススクエア(東京駅丸の内南口)
高橋善幸さんによる釜石現況報告&チャリティオークション
※当日は新日鐵釜石OBの松尾雄治さんらも駆けつけて、トークイベントを行う予定。
会費:トークイベントのみ参加 3,000円 懇親会込みは5,000円
※会費は実費を除いて全額義援金に拠出。但し、中学生以下は無料。
定員:130名。参加申し込み方法は、4月25日発売のラグビーマガジン6月号で紹介。
問い合わせは、次のメールアドレスまで。
rugbyrugbyjapan@yahoo.co.jp
主催:がんばろう東北ラグビー!実行委員会(発起人・大友信彦/永田洋光)
協賛:三菱地所ビルマネジメント株式会社/国立八大学ラグビー部OB会/ラグビーマガジン

以前、このブログでご紹介した「第28回フットボール道場 ラグビーファンだから出来ること~日本ラグビーの今と未来」(4月24日、17時30分開場、新宿区信濃町スポーツカフェ・ティアスサナ)で、ゲストの変更がありました。林健太郎さんに代わって川合レオさんが登場します。また、当日は釜石シーウェイブス八王子応援団の皆さんが来場し、シーウェイブスサポーター会員入会申込書の配布等も行われます。
イベントの詳細はコチラより。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/yokocom/article/30

プチお答えします◎コメント欄で日本代表のアジア五カ国対抗参加メンバーに「どうして、WTBは2人しか選ばれていないのに、CTBは5人も選ばれているのですか?」というご質問がありました。ポジション名だけで見ると確かにアンバランスですが、今回のCTB陣は、今村、上田、トゥプアイレイらWTBの経験ある選手が多いのでBKラインの組み合わせはいろいろ考えられます。現在の日本代表選手はほとんどの選手が2つ以上のポジションができます。アジア五カ国対抗では確実に優勝すると同時に、ワールドカップに向けて、選手の組み合わせや現在のチームの約束事などがしっかりできているか選手の動きを確認する機会でもあります。メンバー編成は今後も少しずつ見直されていくと思います。

追記◎本日夜、9時から放送される島田紳助さんの「深イイ~!話し」に被災地宮城県で活動するロシナンテスの川原さんの活動が紹介されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RUGBY:FOR ALL ニッポンのために!開催

日曜日は早朝に京都を発ち、秩父宮ラグビー場に向かった。東日本大震災の被災地、被災者に対する復興支援を目的としたイベント「RUGBY:FOR ALL ニッポンのために!」のためだ。僕は、上田昭夫さん、矢野武さん、花満開さんとともに進行役のお手伝い。日本代表の大野均選手や、キャプテン会議の廣瀬俊朗選手らに話を聞いた。

Shimo

イベントは、12時に日本協会の森喜朗会長の挨拶で始まり、秩父宮ラグビー場のメインスタンド入り口のスペースで、募金活動、カンタベリー社のチャリティTシャツ販売、JA全農による野菜の販売会(産地=福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県)や、子供達の選手の交流スペースなどが設けられ、トークイベントやチャリティーオークションなど盛りだくさん。約3,000名のファンの皆さんが集い、約2時間半、濃密な時間を過ごした。野菜、Tシャツは早々に完売した。

トークの途中には、松葉杖でプレーするアンプティサッカーの日本代表選手も登場し、巧みな走りを披露してくれた。来年は、ワールドカップの日本開催が実現するかもしれなく、一緒に登場した廣瀬選手も「僕より速い。すごく明るくて、元気をもらえますね」と、今後も協力し合いながら共に歩んでいこうと誓い合っていた。

Vege_2

このイベントに参加したラグビー選手は、トップリーグ各チームや、7人制女子日本代表など41名。これに男子7人制日本代表の村田亙監督、そして、大畑大介さん。写真は、チャリティーオークションの様子。大畑さんは、神戸製鋼コベルコスティーラーズの全選手のサイン入りジャージに、日本代表、神戸製鋼選手時代のスーツを出品。

Ohata

パナソニックワイルドナイツの霜村誠一選手は(最初の写真)、まだ新しいジャージができていないこともあって、三洋電機時代のポロシャツとマスコットボールという今となっては貴重な品を出した。この他、昨季のトップリーグ各チームのジャージや、選手のスパイクなどが次々に競り落とされた。村田亙監督は、現役最後の試合ではいたスパイクを出し(下の写真)、東芝の廣瀬俊朗選手にいたっては、慶應大学時代の背番号10のタイガージャージを出して、元慶大監督の上田さんに「いいのかよ、それ!」と突っ込まれる一幕も。自身の宝物を出すところに、このイベントに対する想い、今後の継続した支援への気持ちが感じられた。

Wata

トークコーナーでは、実家が被災し、近しい親戚の方が犠牲になった池田渉選手が気丈にコメントし、大野均選手の実家も酪農業なのだが牛乳が出荷停止になって廃棄処分を続けていることなど明かしてくれた。「トップリーグはふだんは激しく体をぶつけ合っている間柄ですが、これだけのメンバーが集まり、きょうは気持ちが一つになりました。今後も長期的にこうした活動をしていきたい。また、日本代表としてはこれからアジア五カ国対抗が始めるので、圧倒的に力を見せて優勝して帰ってきたいと思います」と、大野選手。キャプテン会議の廣瀬代表は、「復興には10年かかると言われています。FOR ALLの気持ちを大切に、こうした活動をずっと継続していきたい」とイベントを締めくくった。

Last

最後は参加全選手が集まり、この日、釜石シーウェイブスの応援団が大漁旗を持って整列。釜石ラグビー部OBの泉秀仁さんが、たくさんの声援、支援に対し感謝の気持ちを述べた。

この日の募金総額は、2,040,107円となり、日本ラグビー協会を通じて、日本赤十字社に寄付されることになった。オマケの写真は、本日のMC陣。最初に上田昭夫さんが「ブログに載せるから3人撮らせて」と始まり、全員がそれぞれのブログに自分がいない3人の写真を撮影した。ほぼぶっつけ本番の進行だったけど、こちらも皆で助け合った。お疲れさまでした。そして、集まったラグビーファンの皆さん、ボランティアスタッフのみなさん、ありがとうございました。

Mc


| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表メンバー&惑ラグビー

4月23日からアジア各国にて開催される「HSBCアジア五カ国対抗2011」に参加する日本代表メンバーが決定した。初選出は、ジャスティン・アイブス、日和佐篤、上田泰平の3選手。ワールドカップに最終登録される30名については、8月22日が締め切りで、7月のパシフィックネーションズ(PNC)でもメンバーが選び直されるが、今回の30人はワールドカップ出場に大きく近づいたことになる。

◎ジョン・カーワン ヘッドコーチ
「新たにメンバー3名を加え、30名の日本代表を選出できたことを嬉しく思います。宮崎合宿では、新しいアタックプラン、ディフェンスシステムについて、日本独自のゲームスタイルを個人、そしてチーム全体で理解することが大きな目的でした。アジア五カ国対抗では、これらのゲームプランを代表選手たちが実践するための機会にしたいと思います。今回の結果で外れたメンバーは、今後も日本代表のスコッドであることに変わりはありません。今年の最大のターゲットは、ワールドカップで2勝以上することです」

◎菊谷崇キャプテン(トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属)
「まず始めに、このたび東日本大震災でお亡くなりなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。そして、ファンの皆さん、いつも応援して頂きありがとうございます。僕たち日本代表は、4月1日から宮崎の恵まれた環境でラグビーができる機会を頂き、日本代表2011年のスタートを切る事が出来たこと、心から感謝しております。合宿では『選手一人ひとりが力を出す』、『戦術の理解』を徹底的にやってきました。
 これから始まるアジア五カ国では、宮崎合宿で学んだ事を『理解』から『実行』へとレベルを引き上げ、実践での苦しい状況下でのプレーの精度・コミュニケーションと、しっかりと日本代表レベルを高めて、戦い抜きたいと思います。今年のアジア五カ国対抗はホームゲームが行えない環境にあります、応援して頂いている皆さん、ならびに東日本大震災で被災された方々に勇気が与えられるようなニュースをお届けするために、日本代表一丸となって戦いますので、これからもラグビー日本代表を宜しくお願い致します」

■FW=16 人
PR1平島久照、川俣直樹、HO堀江翔太、湯原祐希、木津武士、PR3畠山健介、藤田望、LO大野均、北川俊澄、トンプソン ルーク、ジャスティン・アイブス、FL菊谷崇、タウファ統悦、マイケル・リーチ、NO8ホラニ龍コリニアシ、NO8谷口到
■BK=14人
SH田中史朗、日和佐篤、SOジェームス・アレジ、ショーン・ウェブ、山中亮平、CTB今村雄太、ライアン・ニコラス、平浩二、アリシ・トゥプアイレイ、上田泰平、WTB小野澤宏時、遠藤幸佑、FB有賀剛、田邉淳

Wakuwaku

16日の土曜日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で、第6回関西惑ラグビー大会を取材した。関西協会エリアの40歳以上のチームの交流試合である。26チーム、約500名が集った。紺パンツ(50歳台)、赤パンツ(60歳)が多いのだが、黄色パンツ(70歳)、紫パンツ(80歳)もいらっしゃって、元気に走ったり、タックルしたりしているのには恐れ入った。大阪の惑惑クラブには、元日本代表の長岡法人さんや、浜辺和さんの姿も。あれ?浜辺さんは、常翔クラブで「生涯現役宣言」したのでは? 「惑のチームには入っても二重登録にならないんです。ここ大事なところなんです」と浜辺選手。「10分だけ行ってきます!」とグラウンドに飛び出していった。

Hama

Tomotoe

こちら、自主トレ中の日本代表トンプソンルーク選手とタウファ統悦選手。「新しい日本代表のシステムは、これまでより細かくて難しいんです」と統悦選手。惑ラグビーを横目で見つつ、2人でアタックやディフェンスでの立ち位置の復習をしていた。

夕方は、大阪市の会場に場所を移してレセプション。ここには、林敏之さんや、アンドリュー・マコーミックさんがゲストで登場して、チャリティオークションやウルトラクイズなどで大いに盛り上がった。今大会は、参加各選手にワンコイン(500円)募金などをお願いし、東日本大震災の義援金も集められた。また、林敏之さんが理事長を務めるヒーローズがチャリティTシャツを作成。一枚につき、1000円が寄付されることもあって、レセプションだけで、100枚以上売れていた。ヒーローズのホームページからも買うことができる。

Tshr


| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年4月10日 - 2011年4月16日 | トップページ | 2011年4月24日 - 2011年4月30日 »