« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日

ワールドユース2日目&お知らせ

4月29日もグローバルアリーナにいた。前日と打って変わって、きょうは日向だとポロシャツでも暑いくらいだった。ただし、日陰に入ると冷えるので、今後、観戦に訪れる皆さんは、上に羽織れるものと日射しよけの帽子は必需品かもしれない。

Opening

Bag

大会自体は昨日から始まったが、きょうは休日ということもあって開会式が行われ、恒例のバグパイプの演奏、選手宣誓などが行われた。日本の選手代表は桐蔭学園の濱野大輔主将、海外チームの代表は、イングランドのアイビーブリッジコミュニティーカレッッジのダニエル・リー主将だった。濱野主将の宣誓は、「大会に参加できたことを誇りに思い、多くの方々に支えられていることに感謝し…、僕たちにできることは、被災した仲間のぶんまで精一杯にプレーすること…、互いに絆を深めあい、心を一つに全力で戦うことを誓います」(中略)と力強かった。

Higashi

この日は、海外強豪に東福岡と桐蔭学園という高校王者チームが挑戦することで注目もあつまり、ハミルトンボーイズ(NZ)と東福岡の第1試合はメインスタンドがほぼ満員。前日は、やや動きの悪かったハミルトンだが、この日は前日から大幅にメンバーを入れ替え、立ち上がりから東福岡に圧力をかけ続けた。東福岡もFB藤田のドロップゴールなどで応戦したが、ライン防御が不安定で、チーフス高校代表のFBジョー・ウェバーに走られ、最終的には26失点。攻めてもノートライに抑え込まれた。

ある監督さんがハミルトンを見て、「初日は20%、きょうで50%、最後にはもっともっと強くなりますよ」と話していたが、まさにそんな感じ。ただ、東福岡もまだまだこれから。谷崎監督も「個々が判断して、周りもそれに応じて判断していく。そこは差がありましたね」とハミルトンの力を認めつつ、「去年も最初はこんな感じでしたから。決勝トーナメントで、もう一度戦いたい」と前向きだった。

Toin

桐蔭学園はイングランドのアイビーブリッジコミュニティーカレッッジにチャレンジ。ブレイクダウンに入る素速さでは優っていたが、「頑張っているだけになってましたね」(藤原監督)という言葉通り、ゲームを支配するところまでは行けず、トップリーグ並の大型FWの縦突破、FBサミュエル・ジョーンズのライン参加、カウンターアタックなどで防御を崩され、3-41で完敗した。このジョーンズ選手、まだ17歳になったばかりだが、身長190㎝、体重95㎏のサイズでしなやかなステップワークを披露。イングランドラグビーの選手層の厚さを伺わせるプレーぶりだった。

その他の試合では、南アフリカのパールボーイズに大阪朝鮮が健闘するも、7-33で敗れ、筑紫が韓国のキョサンを57-0で下し、國學院久我山は三好に29-0と完封勝利。国内同士の僅差勝負が予想された京都成章対尾道は、17-5で京都成章が勝ち、佐賀工業は17-12で國學院栃木を下した。昨日筑紫を破った常翔学園は、関西学院を38対19で破っている。選抜大会が中止になったため、各チームにとって全国レベルを実感する貴重が機会になっているようだ。

今大会は、参加16チームを4チームずつ4つのグループに分け、それぞれの上位2チームが1位~8位決定トーナメント、下位2チームが9位~16位決定トーナメントに進む。全チームが同じ試合数をこなし、最終的には全順位を決めることになっている。一次リーグで2位以内であれば優勝の可能性は残されているわけだ。

以下、お知らせ。

お知らせ◎林敏之さんが理事長を務めるNPOヒーローズが東京・大阪でチャリティーイベントを開催します。題して、「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 今こそラグビー精神だ!震災支援チャリティーイベント」。内容は、ラグビーの絵画(スポーツイラストレーター尾中哲夫さん)や、ラグビーメモリアルグッズ、キッズラグビーフォトコンテスト応募作品、ヒーローズの活動等の展示とともに、林敏之さんやその他ゲストのスピーチを毎日行い、ご来場の皆様と対話する。詳しくはヒーローズのホームページを御覧下さい。

主催:NPO法人ヒーローズ
後援:日本ラグビーフットボール協会・毎日新聞社
東京銀座チャリティーイベント
期 間 平成23年5月1日~5月7日
午前11:00~午後6:00(最終日は午後4時)
場 所 銀座 ギャラリー青羅
東京都中央区銀座3-10-19 美術家会館 1階
HP http://www.hi-ginza.com/seira/

大阪心斎橋チャリティーイベント
期 間 平成23年5月20日~5月22日
午前11:00~午後7:00(最終日は午後5時)
場 所 心斎橋 スポニチプラザ
大阪市中央区東心斎橋1の19の11 鰻谷スクエア1階
電話 06-6244-2311
HP http://www.sponichi.co.jp/osaka/event/forum/plaza.html

続いて、5月開催のみなとスポーツフォーラムのご案内。今度の講師は、サントリーサンゴリアスを日本選手権優勝に導いたエディー・ジョーンズさんです。このフォーラムは、日本ラグビー協会と港区との共催事業。5月31日の会は、豊富な経験をもとに、『ラグビーワールドカップで勝つチームの条件』をエディ・ジョーンズさんがたっぷり語ります。
お申込み&詳細はこちら
http://www.rugby-japan.jp/news/2011/id10251.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドユース開幕&各種発表&神戸製鋼リストバンド販売

28日は、福岡県宗像市のグローバルアリーナにいた。「ワールドラグビーユース交流大会」の取材である。体感気温は10度台。晴れていたのだが風は冷たく、日が陰ると寒かった。今大会は、「今こそ、一人はみんなのために、みんなは一人のために」という言葉を掲げ、東日本大震災、ニュージーランドでの震災の被災者を支援する気持ちを表している。メインスタンドには犠牲者への哀悼の意をあらわす半旗が翻っていた。

Sanix1

Haka

今大会は予定されていた海外参加チームのキャンセルが相次ぎ、最終的には海外4チーム、国内12チームでの開催となった。昨年の王者ハミルトン・ボーイズは初日、メインスタンドの開幕試合で國學院久我山と対戦。ド迫力のハカで観客を喜ばせ、昨年ほどの破壊力はなかったもののスピーディーに久我山を翻弄して、45-5で快勝スタートを切った。メインの第2試合では、大阪の常翔学園が地元福岡の筑紫と対戦し個々の突破力で優位に立って29-17と勝利。

Sanix2

この日もっとも観客を驚かせたのは、イングランドのアイビーブリッジコミュニティーカレッジだった。怪我で主力を欠く京都成章相手ではあったが、巨漢CTBサミュエル・ヒルなどU18イングランド代表選手が次々に防御ラインを破り、サポートプレーヤーへのテンポのいいパス回しで得点を重ねた。防御ラインとすれ違いざまの突破といい、ロングパスの飛距離とスピードといい、過去、この大会に参加した海外強豪チームの中でも屈指のハイレベルだと感じた。明日以降に来場される皆さんは、必見だと思う。最終スコアは47-12 。細やかなパス回しと、サポートの速さで何とか対抗した成章もさすがだった。

佐賀工業は南アフリカのパールボーイズと好勝負を繰り広げ、尾道も桐蔭学園に善戦。東福岡は、FB藤田の50m以上の独走トライを皮切りに三好を圧倒したが、三好も攻守に反応が良かった。そして、この日最多得点をしたのは國學院栃木。大阪朝鮮に対して、10トライを奪う猛攻で、66-7という大勝。昨季まで明治大学で活躍したSO田村優の弟、田村熙(ひかる)がFBの位置で自在に動いて、SO尾又、WTB吉岡らとともに次々にラインブレイクを演出した。

各大学の監督も数多く訪れていたが、明治の吉田監督が「選抜大会がなかったから、選手が見られなかったので」と言っていた通り、来年受験予定の選手を実際に見に来ているコーチらも多かった。仮想・選抜大会という感じなのかな。メインスタンドから宿舎に向かう通路には、カンタベリーショップ、シルバーフェーンなどなど買い物スペースも。カンタベリーは30%の割引やってました。

Canter

27日、トップリーグの開幕カードなどが発表になった。ワールドカップ終了後の10月29日開幕。日本代表の香港代表戦(4月30日)のメンバーも発表になっている。詳細は、日本協会のHPなどでご確認いただきたい。LOジャスティン・アイブス、SH日和佐篤、FB上田泰平の3人がテストマッチデビューとなる。

トップリーグのNTTドコモレッドハリケーンズからは、2011年度の追加新加入選手のお知らせがあった。

スティーブン・セテファノ=NO8/FL、1984年8月15日生まれ、192cm、108kg、ロトルアボーイズ高校、U19NZ代表、ワイカト(NPC)、チーフス
シュウペリ ロコツイ=CTB/WTB 1983年5月14日生まれ、186cm、110kg、拓殖大学、NECグリーンロケッツ、7人制日本代表、U23日本代表

神戸製鋼コベルコスティーラーズは、3月11日に発生した東日本大震災被災者の皆さんへのチャリティーを目的として、リストバンドを販売することになった。発表された資料には次のようにある。
《阪神大震災の際、私達は多くの皆様からのご支援をいただいたことで復興を遂げ、笑顔を取り戻すことができました。我々はその時に受けた皆様からのご支援を、今でも決して忘れていません。今度は、東日本大震災で被災された方々に再び笑顔を取り戻してもらえる為に、何かお役に立ちたいと考えました。「被災前の笑顔を取り戻してほしい」リストバンドに刻まれている「SMILE AGAIN」という文字には、選手たちのそういった熱い思いが込められています。販売個数は1万個で、売切れ次第終了となります。尚、本製品の収益金は、日本ラグビーフットボール協会を通じて、日本赤十字社に、震災被害に遭われた方への義援金として寄付致します。販売方法等の詳細は下記の通りです。
【販売開始日】 
:本日よりチームホームページにて販売(4月28日)
URL: http://www.rugbypro-uekado.com/official/index.html 
【販売方法】 
:チームホームページ、試合会場(春の練習試合含む)、
 イベント会場
【価格】:300円

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新体制&ドバイでもチャリティマッチ

トップリーグ各チームから新体制が次々に発表されている。トヨタ自動車ヴェルブリッツは、朽木泰博監督を補佐するFWコーチとして、元オールブラックスのNO8フィロ・ティアティアの就任を発表。ティアティア氏は、2002年から2006年までトヨタでプレー。その後、ウエールズのオスプリーズなどでコーチを務めていた。また、キャプテンは、上野隆太選手に決まった。

リコーブラックラムズは、昨季までのスタッフに加え、ゼネラルマネージャー=福岡進、監督=山品博嗣、ヘッドコーチ=レオン・ホールデン、アシスタントコーチ=月田伸一、アドバイザー=スティーブン・ラーカム、キャプテン=滝澤佳之、バイスキャプテン=小松大祐、採用=神鳥裕之ら新任スタッフを発表。福岡GMは、日体大、リコーで活躍した名CTB。山品新監督はリコーでの現役時代、WTBとして活躍したほか、キャプテンとしてもチームを引っ張った。「リコーは今年、『スピードラグビー』で頂点を目指します。心底熱くなって闘い続けるリコーラグビー部をつくっていきます。応援いただく皆様に、元気と勇気を提供するため日々努めてまいります」

話は変わって、海外でも東日本大震災の被災者を支援する活動がさまざま行われているが、ドバイにあるTOAというクラブが、ニュージーランドのクライストチャーチの震災と、東日本大震災に対する義援金を集めるチャリティーマッチを開催。4月28日にウエールズのオスプリーズと対戦する。

オスプリーズには、アイルランド代表WTBトミー・ボー、ウエールズ代表のFWアラウィン・ジョーンズ、ライアン・ジョーンズ、WTBシェーン・ウィリアムズも含まれている。TOAクラブでは、招待チームを編成。ヤマハ発動機入りが決まっているジェリー・コリンズ、マーティ・ホラーの元オールブラックス勢に、日本から冨岡耕児、セモ・シティティ(NTTドコモレッドハリケーンズ)も参加する。 ドバイ郊外のThe Sevens Groundsにて開催される。

冨岡選手のコメント=「3月11日に震災があって、約1カ月半の間、自分なりにできることはしてきましたが、今の日本には、自分ができること以上のことをする必要があると思っています。また、今回はドバイで行われる世界的なチャリティイベントに参加するチャンスをいただいたので、そこに集まる世界中のみんなには、これまで日本に対して色々なかたちでサポートしてくれたことのお礼を日本を代表してしっかりと伝えてきたいと思います。国と国の問題は色々とあるかもしれないけど、人々はみんな繋がっているということを証明したいし、そのことを伝えたいと思っています」

お知らせ◎タグラグビー大会のご案内。5月21日(土)、滋賀県の長浜ドーム(長浜市)にて、昨年に続いて「関西タグラグビーフェスティバル2011」が開催されます。今回は、小学生部門(経験者・未経験者)とともに、年齢制限を設けないフルオープンの部門を設置。家族チームや指導者チームなどを想定し、子どもだけでなく幅広い世代にタグラグビーが「プレー」できるよう工夫されています。この機会に、初心者の皆さんも楕円球に触れてみてはどうでしょうか。

昨年度の様子は下記「タグラグビー公式サイト」を閲覧ください。
http://www.tagrugby-japan.jp/news/8294.html
申し込み等は、関西ラグビーフットボール協会のホームページにあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スクラム釜石」始動

3月11日の東日本大震災以降、甚大な被害を受けた岩手県釜石市を本拠地とする「釜石シーウェイブスRFC(ラグビーフットボールクラブ)」の選手達が、支援物資の搬送、高齢者の移動など、救援と復興のボランティア活動に尽力したことはさまざま報道されてきた。しかし、このブログでも一度ご紹介したが、今回の震災では、釜石シーウェイブスの活動を支えてきた地元のスポンサー企業、法人サポーター、個人サポーターが被害を受け、今後のチーム運営が厳しい状況にある。

そこで、新日鐵釜石ラグビー部OB有志、釜石シーウェイブスの私設応援団、新日鐵本社ラグビー部など、釜石、岩手、東北のラグビーを愛する人たちが連携して、釜石シーウェイブスの支援を通じて、被災地の復興を応援する活動「スクラム釜石」を立ち上げることになった。キャプテンは、松尾雄治さん、代表は、寡黙なプロップの代表格である石山次郎さんである。

5月4日に記者会見が行われるのだが、そのあと、緊急チャリティイベントが開催される。ラグビーマガジンを発行するベースボール・マガジン社のHPで予約受付中。
http://www.sportsclick.jp/p/seminar/rugby/tohoku_2011/index.html

イベントの詳細は以下の通り。
●緊急チャリティイベント『がんばろう東北ラグビー!復興支援の夕べ~釜石シーウェイブスGM高橋善幸さんを迎えて~』
日時:5月4日(水祝)16時30分開場、17時~トークイベント 18時30分~懇親会
会場:丸ビルホール&コンファレンススクエア 丸ビル8F(東京駅丸の内南口 〒100-6307東京都千代田区丸の内2-4-1)
ゲスト:
釜石シーウェイブス 高橋善幸GM 菅野朋幸選手
「スクラム釜石」 松尾雄治キャプテン 石山次郎代表
司会:四家秀治(テレビ東京アナウンサー)
会費:トークイベントのみ参加3,000円 懇親会込み5,000円(但し、ご同伴の中学生以下のお子様は無料)※会費は実費を除いて全額義援金に拠出します。
主催:がんばろう東北ラグビー!実行委員会
協賛:国立八大学ラグビー部OB会、サントリーホールディングス株式会社、水曜社、チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社、フォート・キシモト、ラグビーマガジン、ラグビーラグビー編集部(50音順)
協力:三菱地所ビルマネジメント株式会社
後援:東京中日スポーツ
定員130名

お知らせ◎水曜日は、日本ラグビー激闘史の16号の発売日。今号は、1995年度。日本代表が大敗した嫌な記憶も蘇るが、サントリーと三洋電機の劇的優勝のあの試合が。日本代表コレクションカードは、林敏之、梶原宏之のハードタックラーコンビ。

16


| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PNCは1試合日本で&日本代表のチャリティマッチ実現

7月上旬、日本での開催が予定されていた「IRBパシフィック・ネーションズカップ2011」は、東日本大震災後、IRB(国際ラグビーボード)と日本協会が協議を続けていたが、最終的に大半の試合がフィジーで行われることになった。7月2日の日本対サモア戦のみ、東京・秩父宮ラグビー場で開催される。当初、IRBは全試合フィジー開催変更を主張していたようなので、ワールドカップに向け、日本国内で日本代表のプレーを披露したい日本協会がなんとか1試合死守したということだと思う。

来日を承諾してくれたサモア代表には感謝しなければいけない。現状、午後6時キックオフではナイター照明の電力が気になるが、秩父宮ラグビー場のナイター設備は自家発電のため、なんとか理解は得られるというところだろう。残る5試合は、フィジーで行われる。

そして、6月24日、「RUGBY:FOR ALL ニッポンのために!」東日本大震災復興支援チャリティーマッチ「日本代表対トップリーグ選抜(仮称)」が開催されることになった。この試合での収益の一部や会場での募金活動で集まった金額は、日本協会を通じ、日本赤十字社に寄付を行い、被災者の援助や復興支援に役立てられる。チケットの発売など詳細は後日発表。

日時=6月26日(日) 15時キックオフ
場所= 秩父宮ラグビー場(東京都・青山)
対戦=日本代表 対 トップリーグ選抜(仮称)

試合日はだんだん先になってしまうが、「第5回関西ラグビーまつり」が、5月15日、近鉄花園ラグビー場で開催される。メインカードは東西大学対抗戦として、以下の2試合が行われる。

12:00 関西学院大学-慶應義塾大学
14:00 同志社大学-早稲田大学

この他、早慶OB戦、ミニラグビー、女子ラグビーなどの試合や各種イベントがある、東本大震災の復興支援活動として、収益の一部を義援金として寄付するほか、会場での募金活動、チャリティーオークションなども実施される。詳細は、関西協会のホームページをご覧下さい。

火曜日は大阪の枚方市にある東海大仰星高校ラグビー部の土井崇司監督にお会いしてきた。大畑大介さんの高校時代のことを伺ったのだが、彼の人としての魅力を物語るエピソードがたくさん聞けて楽しい時間だった。 いま仰星ラグビー部は106名の部員がいるのだが、大畑人気によるところも大きいという。

Mrdoi

もちろん土井監督の工夫を凝らした練習やプレースタイルも魅力。その源泉が東海大時代の和泉監督にあり、和泉さんに連れられて訪問した大西鐵之祐邸で目の当たりにしたラグビー談義だったと知り、感動をおぼえた。毎度のことながら、高校の監督はゼロからチームを作った人が多く、感心させられることが多い。土井監督、貴重な時間をありがとうございました。そうそう、東海大仰星は、5月8日、大阪の高校総体の準決勝で大阪桐蔭と対戦。東花園の東大阪市花園中央公園多目的競技場にて。

プチお答えします◎コメント欄で、トニー・ブラウン選手がパナソニックの所属ながら海外でプレーできるのか?というご質問がありました。クラブの二重登録はできませんので、彼は日本のシーズンが終わった後、いったん三洋電機(現パナソニック)の契約を解除して現地で契約し、スーパーラグビーでプレーしています。またワールドカップのオールブラックスに選出された場合は、国代表ですので所属チームがどこでもOKです。日本のチームに所属する選手でも大丈夫です。ただし、ブラウンは、日本ではコーチ選任ですので、シーズン前の選手登録締め切り時期なども関係ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7人制祭り&大畑大介

ようやく秩父宮ラグビー場でラグビーが見られる! 5月29日、秩父宮ラグビー場にて、7人制ラグビー国内大会「セブンズ フェスティバル 2011」が開催される。この大会は、2016年リオデジャネイロにて行われる夏季オリンピックから正式種目となる「7人制ラグビー」の普及・発展、強化のために昨年度より開催され、今年度で2回目。

今大会は、東日本大震災の復興支援として、「チャリティーマッチ」となる。被害に遭った「釜石シーウェイブスRFC」も参加。男子7人制日本代表、トップリーグ上位、今季かららトップリーグに昇格した、NTTドコモレッドハリケーンズ、そして、女子3チームも参加する。

開催日=2011年5月29日(日)
場所=東京都港区・秩父宮ラグビー場
開催時間 10時~18時
参加チーム=男子:12チーム、女子:3チーム
●男子7人制日本代表
●トップリーグチーム=パナソニックワイルドナイツ、サントリーサンゴリアス、東芝ブレイブルーパス、トヨタ自動車ヴェルブリッツ、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、NECグリーンロケッツ、リコーブラックラムズ、福岡サニックスブルース(TL2010-2011上位8チーム)
関東ラグビー協会会長推薦:釜石シーウェイブスRFC
関西ラグビー協会会長推薦:NTTドコモレッドハリケーンズ
九州ラグビー協会会長推薦:コカ・コーラウエストレッドスパークス
●女子3チーム

Ohata2

月曜日は、JSPORTSのスタジオで大畑大介選手のインタビューをしていた。これは、5月中旬以降に、JSPORTSのWEBサイトで展開される、日本代表への提言や、ラグビーの魅力をアピールするページの企画だ。今週は神戸と東京を4往復するくらい忙しいらしい。ラグビーと魅力と、今秋のワールドカップに向かって注目度を上げていくためには、しばらく大畑さんには忙しくしてもらわなければ。

Ohata1_2

インタビュー中、「大畑選手」と呼びかけては、「大畑さん」と言い直した。目の前にいる人が、引退したラグビー選手とはなかなか思えず、つい選手として話してしまう。ワールドカップへの思いを語れば、熱いものがこみ上げるようで、言葉は立て板に水のごとく。「僕は、2007年のワールドカップに出場できていたら、そこでラグビーをやめようと思ってました。もう、本当にやりきった。もう一度生まれ変わったら、ラグビーをしますか?と聞かれることがありますけど、ぜったいにやらない。もし、やりたい気持ちがあるなら、まだ続けています」。

こんな言葉はなかなか言えない。もちろん、「こんなスポーツは、もうこりごり」ではなく、「ラグビーを愛しているけど、これ以上はできません」という限界を超えたラグビー人生の末の言葉である。そこまで頑張り抜いた人に会うと、若い頃に自ら選手生活から離れた僕なんかは、もう、なんにも言えない。やり切って引退した人へのインタビューが出来る幸せに感謝するのみだ。

23日、日本テレビで始まった大畑さんとブラックマヨネーズ出演のラグビー応援番組「ラグマヨ」は視聴した人には大好評なのだが、放送は関東圏のみ。関西では見ることができない。実はこのことに僕も最近気付いた。お恥ずかしい限りだが、京都と東京を行ったり来たりして、そういう感覚が麻痺していた。いずれ全国ネットで。日テレ様、よろしくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー15&ラグマガ発売日

週末、スーパー15week10が行われた。クルセイダーズは、ハイランダーズに敗北、ウエスタン・フォースがブルズを破るなど波乱も相次いだ。レッズは好調。プレーオフ進出枠の6チームがだんだん見えてきている。クルセイダーズ対ハイランダーズのNZ南島ダービーのハイライトは以下より。トニー・ブラウン、いい感じ。もしかして、ワールドカップのオールブラックスに選ばれて、日本と対戦したりして?

http://www.youtube.com/watch?v=XZPHIdJYGxw

Cover_1106

25日は、ラグビーマガジン、ラグビークリニックの発売日。ラグマガは、もちろん日本代表の特集だが、東日本大震災のレポートもある。これは、ぜひ読んでいただきたいもの。宮城県気仙沼出身の日本代表PR畠山健介選手は、実家が流された。姉は、健介選手の持ち物が持ち出せなかったと、泣いたという。しかし、その後、ドロドロの日本代表ジャージを発見してくれた。でも、畠山選手は、「美談じゃない」と言う。「僕がやれることはラグビー。明るい話題を一つでも増やして、宮城の人が、一瞬でも震災を忘れることができたら」と語る。

気仙沼出身のスポーツライター大友信彦さんによる、釜石のレポートもある。釜石シーウェイブスの高橋善幸GMは言う。「今まではボランティア活動で地元の皆さんに恩返しをしてきたけど、シーウェイブスは本業のラグビーでも元気だ、今年も本気で戦うんだ、という意志を示したい」。

Cover_1106_japan

今号は、日本代表スコッドのプロフィールなどが入った付録付き。日本代表のアジア5カ国対抗の初戦は香港代表戦。

Rugbyclinic_25


ラグビークリニックの特集はブレイクダウン。エディー・ジョーンズさんのインタビューは必読だろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »