« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »

2011年5月1日 - 2011年5月7日

ヒーローズ銀座最終日&後藤翔太トークライブのお知らせ

7日の土曜日も、NPO法人ヒーローズの「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 今こそラグビー精神だ!震災支援チャリティーイベント」に行ってきた。5月1日からスタートしたこのイベントも本日が最終日。僕は午後1時からのトークライブに参加させてもらったのだが、昨日とは違う話題をと、林敏之さんの日本代表時代のエピソードや、ノーサイド、イベントのタイトルにもなっている「ONE FOR ALL,ALL FOR ONE」について語ってもらった。

Hayashi

「ONE FOR ALL,ALL FOR ONE」という言葉も、ノーサイド同様、海外では使われず、日本のラグビー界で特に使われている。でも、林さんは言う。「日本の人がラグビーを見たとき、そこに、ONE FOR ALL,ALL FOR ONEが見えたということですよ。だからこの言葉を大事にしてきたんだと思う。それは誇るべき文化だし、自信を持ってアピールしていいと思う」。ノーサイドについては、林さんが日本代表で1980年初頭にニュージーランドに遠征したとき、元オールブラックスの老人に自宅に食事に招かれたときのエピソードを紹介してくれた。

「僕はラグビーでたくさんの思い出がある。勝ったことも、負けたこともある。でも、今は、ただラグビーがある。だから君たちを呼んだ。ラグビーのおかげてこうして巡り会えた。ラグビーの勝利だ」。そんな話を聞きながら、ふと僕の大学の恩師である坂田好弘さんも、素晴らしい試合を見たとき、「きょうはラグビーが勝った」と話されていたのを思い出した。林さんの熱い話を聞きながらとてもいい時間を過ごすことができた。

午後3時にイベントは終了。昨日の日記にも書いた石塚武生さんのネクタイセットは、結局、25万円で落札された。落札した方は大の石塚ファン。そして、このネクタイを、石塚さんの本を書かれた大元よしきさんに託し、今後のチャリティイベントなどで展示してたくさんの方に見ていただきたいと希望された。大元さんはこれをヒーローズに託し、落札された方も了解し、今後のイベントでも展示され、ラグビーを愛した石塚さんの遺志を継いでいくことになった。落札された方の清らかな心に感動した。


同様のイベントが、大阪心斎橋でも開催される詳細は以下の通り。
期間:平成23年5月20日~5月22日
午前11:00~午後7:00(最終日は午後5時)
場所:心斎橋スポニチプラザ
大阪市中央区東心斎橋1の19の11 鰻谷スクエア1階
電話 06-6244-2311
http://www.sponichi.co.jp/osaka/event/forum/plaza.html

大阪緊急トークイベントのお知らせ(満席となりました。ありがとうございます)◎『meme cafe 7周年 TALK LIVE 』~THANK YOU翔太 for R 2011~
日時:2011年5月22日(日)
午後6:00~(開場午後5:00) 
場所:meme cafe
〒550-0012
大阪市西区立売堀1-5-2 立売堀ビル1F5号(赤いテントが目印)
(大阪市営地下鉄四つ橋線本町駅22番、23番出口徒歩5分、御堂筋線本町駅13番出口
徒歩8分)
募集人数:18人(定員になり次第締め切り)
参加費:2,500円(当日受付にて支払い)おやつ、ワンドリンク付き
【ホスト】村上晃一 
【ゲスト】後藤翔太
※募金箱の設置、コベルコスティーラーズの「復興支援チャリティーリストバンド」(300円)、釜石シーウェーブスの応援CD「鉄人賛歌」(1,000円)も販売されます。
◆申し込み方法
以下の必須事項を明記の上、FAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。お申し込みを受け付けましたら、詳細を明記してご返信いたします(参加して頂く方にのみ詳細を返信させて頂きます)。
お問い合わせ:TEL 06-4390-2080
(午後2時~午後7時)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒーローズ銀座イベント

Hiroes1

5日の夜、博多から東京に入り、6日は林敏之さんが理事長を務めるNPO法人ヒーローズの銀座チャリティイベントに参加してきた。午後1時から林敏之さんとさまざまな話をしたのだが、林さんの熱さに胸を打たれつつ、トークライブとしてお客さんも楽しませなければと、完全に進行役に回ってしまった。やっぱり僕は話を聞くのが好きだ。林さんが初めてラグビーで泣いたのは、高校日本代表の遠征初戦のロッカールームだった。そのときの監督は山口良治さんである。僕も山口先生との思い出はたくさんあるので、そんな話をさせていただいた。平日にもかかわらず参加していただいた皆さんありがとうございました。

Heros2

明日も午後1時から、林さんとラグビーの魅力について話をさせていただきます。銀座3丁目のギャラリー、入り口にはこんな目印がある。展示は、スポーツイラストレーターの尾中哲夫さんのイラストや、林敏之さんが日本代表時代に交換した各国代表のジャージ(オールブラックス、フランス、ジンバブエなど)に、英国バーバリアンズクラブ、オックスフォード大学など、貴重なものが揃っていた。

Test

トークの途中では、作家の大元よしきさんが登場して、石塚武生さんの亡くなる前のエピソードを紹介してくださった。ここは涙するお客さんも多く、石塚さんの熱い魂を感じることもできた。石塚さんが生前大切に保管していたネクタイ22本が、オークションにかけられていて、現在22万円の値がついている。もちろん、すべて義援金にあてられる。ご本人が生きていらっしゃったら、きっと何かしたいと思っただろうという親族の方の配慮である。締め切りは明日の午後2時半くらいまで。

Ishiyama

釜石シーウェイブスを支援する「スクラム釜石」の記者会見については、さまざま報道されているがその代表である石山次郎さん(元日本代表プロップ)もギャラリーを訪れられた。釜石V7時代の伝説のプロップの出現に一番感動していたのは、尾中哲夫さん。石山さんと洞口さんを描いた作品が展示されており、ずっと憧れていた存在だったようで、一緒に写真に収まると涙、涙。石山さんと挨拶をかわすファンの方も関係者も、皆さん、顔が石山さんへの尊敬の念にあふれていて、伝説の人に会えた皆さんの様子に感動した。僕も一緒に写真を撮ってもらい、握手もさせていただいた。

石山さんに「スクラム釜石」のことを伺うと、「釜石とラグビー、この2つの言葉で、こんなにもたくさんの人が集まってくれるとは思いませんでした。スクラム釜石は、釜石シーウェイブスのサポーター会員を増やすことが目的です。1万人が会費2,000円を納めてくれれば、クラブの運営費の足りない部分が埋められる。ただただ、応援する会です」と話されていた。

銀座でのイベントは明日が最終日。午後3時まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドユース大会最終日結果

5月5日の最終日。福岡県宗像市のグローバルアリーナは快晴だった。きょうは朝10時から各順位決定戦が行われて熱戦が相次いだ。國學院対決となった久我山と栃木の9,10位決定戦は、前半20分あたりまで久我山がリードしていたが、22分、栃木のFB田村熙(ひかる)が抜け出して、WTB吉岡に絶妙のラストパスで逆転し、そのままリードを広げた。

7,8位決定戦では、佐賀工業がSH荒井のスピーディーなパス回しからBKの展開力で何度もラインブレイクし、徐々に点差を広げた。前日に、福岡の2位チームに負けては佐賀県代表の価値はないと気合いを入れたようで、気迫あるプレーが続いた。5,6位決定戦は東福岡の攻撃力が上回り、LO西のトライで先制すると、FB藤田、WTB藤崎らが次々にトライラインを駆け抜けた。試合終了後は、両チームが交互に並んで礼。この大会は、海外チームも含め、試合後はこうして「お辞儀」するのが慣例になっている。

Sanix2

3,4位決定戦は、南アフリカのパールボーイズの集中力あふれるプレーに感心させられた。防御背後へのキックに4人が一線になって懸命に追いかけたり、桐蔭学園の波状攻撃を低いタックルの連発で防いだり、真面目に動き続けていた。とてもいいチーム。コーチに話を聞いてみたら、約900人の全校生徒のうち、320人がラグビー選手だという。その中から、数日間のセレクションを経てやってきた選手達である。立派な戦いぶりだった。ただ、桐蔭学園の藤原監督も手応えをつかんだ様子。「これまで埋もれていた才能も見ることができたし、面白い選手が出てきましたよ」と勝負の冬に向けて収穫の多い大会だったようだ。

Toin1

選抜大会が中止になっただけに、各高校とも貴重な機会になったことだろう。この大会の日本ラグビーへの貢献度は計り知れない。パールボーイズのコーチが、「震災や原発の問題は不安ではあったが、まったく問題なく、素晴らしい大会に参加できた。南アフリカを代表して、ここに来ることが日本への支援の気持ちを表すことになると思っていた。日本は安全だったと帰国して伝えたい」という言葉は印象的だった。

そして、決勝戦は両国の国歌吹奏から、ハミルトンのハカ(ウォークライ)と、まるでテストマッチのようなセレモニーのあと、激しいコンタクトプレーをともなうハイレベルのゲームとなった。ただ、連戦の疲れが見えるアイヴィーブリッジはやや元気なく、立ち上がりからハミルトンボーイズがスピーディーに連続攻撃を仕掛け、前半2分、PRジョー・ウェルシュが先制トライ。アイヴィーもCTBサミュエル・ヒルらを軸に抵抗したが、ハミルトンのFBジョー・ウェバーの切れ味鋭いライン参加からのトライなどで突き放された。ウェバーは将来、スーパーラグビーで活躍しそうな選手。また、この大会からスター選手が出るかもしれない。

Sanix3

Sanix1

連覇を達成したハミルトンのNO8アレックス・スッティー主将は、「2019年にオールブラックスの一員として日本に来られたら嬉しい」と話していた。たぶん、一人か二人、ここから出るかも。アイヴィーブリッジもU18イングランド代表選手がいたので、2019年のイングランド代表がいるかもしれない。

◎ワールドユース大会最終日結果(5月5日)
決勝戦
アイビーブリッジ●17対35○ハミルトンボーイズ
3,4位決定戦
桐蔭学園●0対43○パールボーイズ
5,6位決定戦
常翔学園●12対38○東福岡
7,8位決定戦
佐賀工業○38対14●筑紫
9,10位決定戦
國學院久我山●19対39○國學院栃木
11,12位決定戦
尾道●15対36○京都成章
13,14位決定戦
関西学院●12対○17三好
15,16位決定戦
大阪朝鮮●12対17○キョンサン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドユース大会4日の結果

4日は、グローバルアリーナに戻ってサニックスワールドユース交流大会を取材した。注目対決となった東福岡対筑紫は、東福岡が勝ったのだが、筑紫が得意のモール一辺倒ではなく、ボールを動かしながら何度もラインブレイク。西村監督も手応えをつかんだようで、表情は明るかった。この両チームの対決は今後も目が離せない感じである。

Toin

笑顔で集合写真に収まるのは、ハミルトンボーイズ(ニュージーランド)と桐蔭学園の選手達。ハミルトンが前半の猛攻で勝利したが、後半は桐蔭学園がPKからの速攻などで何度も攻め込み、小気味良いラグビーで客席を沸かせた。ハミルトンのカークハムコーチも、「後半の桐蔭のスピーディーな攻撃は素晴らしかった。日本のチームは決して諦めずに立ち向かってきますね」と感心していた。

Youth1

アイヴィーブリッジコミュニティーカレッッジ(イングランド)とパールボーイズ(南アフリカ)は大接戦。最後はゴールライン直前に、パールボーイズがノックオンしてノーサイド。逆転ならずという好ゲームだった。個々のプレーの力強さはアイヴィーブリッジなのだが、パールボーイズのアグレッシブに前に出るプレーは素晴らしかった。明日の決勝戦は、ハミルトンボーイズ対アイヴィーブリッジ。凄まじい試合になりそうだ。

Sanixt

こちら、福岡サニックスブルースのチャリティTシャツ。きょうから発売です。

今日の結果は以下の通り。
◎1位~4位決定戦・準決勝
ハミルトンボーイズ○52対16●桐蔭学園
アイヴィーブリッジ○19対15●パールボーイズ
◎5位~8位決定戦
佐賀工業●14対19○常翔学園
筑紫●25対45○東福岡
◎9位~12位決定戦
國學院久我山○27対19●尾道
京都成章●12対46○國學院栃木
◎13位~16位決定戦
大阪朝鮮●15対22○関西学院
キョンサン●15対31○三好

5月5日のカードは以下の通り。
7,8位決定戦
10:00~佐賀工業 対 筑紫
5,6位決定戦
11:20~常翔学園 対 東福岡
3,4位決定戦
12:40~桐蔭学園 対 パールボーイズ
決勝戦
14:15~アイビーブリッジ 対 ハミルトンボーイズ
15,16位決定戦
10:00~大阪朝鮮 対 キョンサン
13,14位決定戦
11:20~関西学院 対 三好
11,12位決定戦
10:00~尾道 対 京都成章
9,10位決定戦
11:20~國學院久我山 対 國學院栃木

16

3日に博多入りし、JSPORTSのWEBの取材で、フランス菓子16区を訪問した。この企画は、ラグビー経験者で企業のトップで活躍する人を紹介するインタビューするもの。16区のオーナーシェフであり、パティシエの第一人者・三嶋隆夫さんにお話しを聞いた。

Pati

とにかく何事にも手を抜かず、素材探しから全力を尽くす考え方に感銘を受けた。現在、16区には28名のパティシエのみなさんが働いている。きびきびしていて、ラグビーのチームみたいだった。従業員の方に聞くと、三嶋さんは、「6割キャプテン、4割監督」なのだそうだ。昭和19年生まれながら、朝から晩まで現役で走り続けているのには恐れ入る。撮影のあと、試食させていただいたブルーベリーパイ、最高に美味しかった。

Ahiru

店頭には、あひるのクッキーが。一個300円で、全額が東日本大震災の義援金として寄付される。全額だから、300円以上をお金を入れていく人が多いのだとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カザフ戦メンバー&ワールドユース結果

アジア五カ国対抗の第1戦で香港に勝利した日本代表は、2日、5月7日のカザフスタン代表戦のメンバーを早々に発表した。キャプテンは、PR畠山健介が務める。

◎カザフスタン戦メンバー
1平島久照、2木津武士、3畠山健介、4大野均、5トンプソン・ルーク、6谷口到、7タウファ統悦、8菊谷崇、9田中史朗、10ショーン・ウェブ、11上田泰平、12今村雄太、13平浩二、14アリシ・トゥプアイレイ、15田邉淳/16湯原祐希、17川俣直樹、18ジャスティン・アイブス、19マイケル・リーチ、20日和佐篤、21ジェームス・アレジ、22立川剛士

○ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ
「次のカザフスタン戦では、前の試合から先発メンバーが10人変わっていますが、HSBCアジア五カ国対抗は全員に出場機会を与える段階と考えています。もちろんカザフスタン代表が勝負の相手ですが、試合を通じて今の日本代表のレベルをしっかり見極めたいと思います。今回、畠山選手をゲームキャプテンとしたのは、日本代表チームを彼がリードし先頭に立って戦う姿で、グラウンド上からも勇気を、東日本大震災で被災された方々に届けたいと考えたからです」

○畠山健介ゲームキャプテン
「キャプテン経験はあまりないですが、これまで大学、社会人、日本代表と、いろいろなキャプテンの皆さんを見てきて、どれだけ大変な仕事か認識しています。まずは、自分自身に求められる責務を果たし、プレーで自分らしさを伝えたいと思います。日本代表は十分な経験と実力を持ったメンバーが揃っているので、持っている力を発揮すれば問題ありません。自分は、体を張って戦うことで、チームを鼓舞させたいです。震災の被害を受けた、私の出身地(宮城県気仙沼市)をはじめ、東北や被災地の皆さんに、勇気を与えられるようなプレーをしたいと思います。個人でできることは限られているので、自分はラグビーを通して、メッセージを伝えていきます」

5月2日、福岡県宗像市のグローバルアリーナでは、ワールドラグビーユース大会の順位決定戦が行われた。東福岡は、南アフリカのパールボーイズを最後に追い込んで同点も、トライ数でパールボーイズが準決勝進出ということに。 結果は以下の通り。

1位~8位トーナメント1回戦
ハミルトンボーイズ○75対12●佐賀工業
常翔学園●26対29○桐蔭学園
アイヴィーブリッジ○27対14●筑紫
パールボーイズ△24対24△東福岡

9位~16位トーナメント1回戦
國學院久我山○43対3●大阪朝鮮
関西学院●33対38○尾道
京都成章○39対0●キョンサン
國學院栃木○31対21●三好

この結果、5月4日の組み合わせは以下の通りになった。優勝争いに国内の高校で唯一勝ち残ったのは桐蔭学園。そして、筑紫対東福岡の福岡対決も実現。楽しみな戦いである。

1位~4位決定戦・準決勝
13:40 ハミルトンボーイズ 対 桐蔭学園
15:00 アイヴィーブリッジ 対 パールボーイズ
5位~8位決定戦
11:00 佐賀工業 対 常翔学園
12:20 筑紫 対 東福岡
9位~12位決定戦
13:40 國學院久我山 対 尾道
15:00 京都成章 対 國學院栃木
13位~16位決定戦
11:00 大阪朝鮮 対 関西学院
12:20 キョンサン 対 三好  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒーローズ銀座イベント始動

元日本代表の名LO林敏之さんが理事長を務めるNPOヒーローズが銀座3丁目のギャラリー青羅で、「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 今こそラグビー精神だ!震災支援チャリティーイベント」を、5月1日からスタートさせた(7日まで)。

ラグビーの絵画(スポーツイラストレーター尾中哲夫さん)や、ラグビーメモリアルグッズ、キッズラグビーフォトコンテスト応募作品、ヒーローズの活動の様子などが展示されているのだが、連日、林敏之さんがゲストとのトークイベントなど行う。

初日の1日は、13時から林理事長が挨拶、スポーツイラストレーターの尾中哲夫さん、作家の大元よしきさん等とのトーク、そして、16時からは、きたかたよしろうさんと林さんがフォークソングを唄った。僕も6日、7日に参加させてもらうのだが、何を話すかは流れのままに。

2日以降の予定は以下の通り。予定は変更になる場合もあり。

◎5月2日:林敏之DAY「ONE FOR ALL ALL FOR ONEを語る」
13時~  16時30分~
◎5月3日:同志社DAY「林敏之が母校同志社ラグビーを語る」
13時~  16時30分~
◎5月4日:新日鉄釜石DAY「松尾雄治&林敏之のV7トーク」
釜石シーウエーブスの高橋善幸GMも来場。
13時~
◎5月5日:トップリーグDAY「トップリーグ部門長・稲垣純一&林敏之、トップリーグを語るク」
16時30分~
◎5月6日:ノーサイドDAY「林敏之&村上晃一、ノーサイドの意味などラグビー談義」
13時~ ※夕方は「スクールサミット」と称してラグビースクール指導者の集まりを予定。
◎5月7日:ONE FOR ALL ALL FOR ONE DAY「林敏之&村上晃一がラグビーについて、震災支援などについてトーク」
13時~

主催:NPO法人ヒーローズ
後援:日本ラグビーフットボール協会・毎日新聞社
東京銀座チャリティーイベント
期間 平成23年5月1日~5月7日
午前11:00~午後6:00(最終日は午後4時)
場所:銀座ギャラリー青羅
東京都中央区銀座3-10-19 美術家会館 1階
HP http://www.hi-ginza.com/seira/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドユース一次リーグ終了

日曜日はどこに取材に行かず、長年使ってついに壊れたプリンターを買い換えたり、今後の取材の準備に時間を使った。僕の場合、準備を入念にするときは仕事からの逃避傾向である。取材を終えているところから、書き始めなきゃなぁ。

5月1日のサニックスワールドユースは、一次リーグ最終日が行われた。各プールの最終順位は以下の通り。

プールA=1位ハミルトンボーイズ(ニュージーランド)、2位東福岡、3位國學院久我山、4位三好

プールB=1位常翔学園、2位筑紫、3位関西学院、4位キョサン(韓国)

プールC=1位アイヴィーブリッジコミュニティーカレッッジ(イングランド)、2位桐蔭学園、3位京都成章、4位尾道

プールD=1位パールボーイズ(南アフリカ)、2位佐賀工業、3位國學院栃木、4位大阪朝鮮

この結果、2日の順位決定トーナメントの組み合わせは以下のようになった。1日を観戦した人の話では、ハミルトンボーイズは調子を上げているし、アイヴィーブリッジも丁寧に戦っていたようだ。日本勢がどこまで迫り、あるいは倒すことができるのか。常翔学園と桐蔭学園も注目カードである。

1位~8位トーナメント1回戦
11:00~ハミルトンボーイズ 対 佐賀工業
12:20~常翔学園 対 桐蔭学園
13:40~アイヴィーブリッジ 対 筑紫
15:00~パールボーイズ 対 東福岡

9位~16位トーナメント1回戦
11:00~國學院久我山 対 大阪朝鮮
12:20~関西学院 対 尾道
13:40~京都成章 対 キョサン
15:00~國學院栃木 対 三好

こちら、グローバルアリーナ内で販売されている「ラグビーボールパン」。

Bread

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表、香港戦結果

30日は、ワールドユース大会はお休み。僕はJSPORTSでスーパーラグビーを解説するために、29日夜に東京へ。30日の夕方は、香港で行われた日本代表対香港代表戦を東京のスタジオで収録した。この日は男女ともにテストマッチが行われ、まずは、女子日本代表が15-0で勝利。男子も、45-22で勝った。

男子日本代表はワールドカップイヤーの初陣となったが、攻撃がつながらず、生命線であるラックからの素速い展開も数えるほどしかなかった。ラインアウトも不安定で、30度近い気温に汗が噴き出す湿度の高さという悪条件はあったが課題の多すぎる内容だった。

キックオフ直後から香港はブレイクダウン(ボール争奪局面)で激しくファイトし、日本の早いテンポを乱すことに成功した。日本はこれをはねのけられなかった。前半11分、ゴール前のスクラムからNO8ホラニ龍コリニアシが先制トライ。WTBトゥプアイレイ、小野澤のトライで点差はつけたが、初先発のSH日和佐が快適にボールをさばき続けるところもまでは至らなかった。

例年、最初の試合は苦しむのだが、今春はワールドカップまで時間があることもあって、宮崎合宿でも戦術や基礎スキルの確認が主。いつもよりゆっくり調整していることも影響したかもしれない。次の試合は、5月7日、対カザフスタン戦(タイ・バンコクにて)。日本のファンの皆さんを安心させる試合をしてほしいなぁ。

◎日本代表対香港代表戦結果
4月30日 香港フットボールクラブ
女子日本代表○15-0●女子香港代表(前半15-0)
男子日本代表○45-22●男子香港代表(前半31-3)   
                       

| | コメント (6) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »