« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »

2011年5月15日 - 2011年5月21日

東京、カーディフ、7人制代表ほか

Tsutsuji

土曜日、東京は快晴です。これから、JSPORTSでスーパー15の解説である。ここ数日、旧知のラグビー仲間に会うことが多く、懐かしい話しもできて嬉しいかぎり。さて、今夜はスーパー15のクルセイダーズ対チーフス、シャークス対ブルズなど注目カードに加え、ハイネケンカップの決勝戦(レンスター対ノーサンプトンセインツ)もある。深夜だが、ハイネケンも盛り上がりは見逃せない。知人がカーディフまで見に行っていて写真を送ってくれた。

Cardif1

Cardif2

日本代表対スリランカ戦は、日曜日の録画放送となるが、メンバーに変更があった。HOで先発予定だった木津選手のお父様が亡くなられたようで木津選手は帰国することになり、湯原選手が先発HO。パナソニックの堀江選手は負傷ですでに帰国しているため、トヨタ自動車の上野隆太選手が急きょスリランカに向かった。また、ベンチ入りする予定だったジェームス・アレジ選手も怪我のため、代わって21番に上田泰平選手が入る。

5月29日(日)、東京秩父宮ラグビー場にて行われる「セブンズフェスティバル2011」に出場する男女の7人制日本代表のメンバーが決定した。

男子メンバー=レプハ・ラトゥイラ(近鉄ライナーズ)、山内貴之(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、シオネ・テアウパ(クリーンファイターズ)、ロテ・トゥキリ(日本ラグビーフットボール協会)、荒牧佑輔(九州電力キューデンヴォルテクス)、笹倉康誉(パナソニックワイルドナイツ)、ロトアヘア・ポヒヴァ(埼玉工業大学)、坂井克行(豊田自動織機シャトルズ)、中濱寛造(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、鶴田諒(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)、豊島翔平(東芝ブレイブルーパス)、竹中祥(筑波大学)

女子メンバー=アンジェラ・エルティング(PHOENIX)、辻本つかさ(SCIX)、兼松由香(名古屋レディース)、藤崎朱里(Rugirl-7)、伊藤絵美(名古屋レディース)、大島千佳(PHOENIX)、井上愛美(世田谷レディース)、田坂藍(日本体育大学女子ラグビー部)、鈴木実沙紀(関東学院大学ラグビー部)、三樹加奈(立正大学ラグビー部)

僕は5月22日は、心斎橋のチャリティイベントに行くのだが、京都の吉祥院公園球技場では、京都府中体連ラグビー専門部普及育成部主催の「第2回皐月杯」が開催される。この大会は、試合出場経験の少ない生徒、活躍の機会が少ない生徒、下級生(2年生)などに試合ができる環境を与え、ラグビーをもっと好きになるきっかけとすることを目的として開催される。「みんなが主役」の皐月杯、お時間のある方、ぜひご観戦を。

滋賀県の長浜ドームでは、「関西タグラグビーフェスティバル2011」琵琶湖CUP in 長浜ドームが開催される。64チーム、約500名のエントリーがあり、関西協会管内最大級のタグラグビーイベントだ。詳細は、関西ラグビー協会のホームページをご覧下さい。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカ戦メンバー

Skyt

19日は東京で昔からお世話になっている人に会った。仕事にプライドを持ち、真摯に取り組んでいる人たちに会うと、気持ちがいい。スカイツリーの近くを通りかかったので、写真撮影。

5月21日の対スリランカ代表戦の日本代表出場予定メンバーが発表になった。スリランカのコロンボといえば、僕は2度行っている。1990年だったかなぁ。ラグビーのアジア大会で訪れて、すごくいい国だと思って、もう一度旅行で行った。アジア大会で行ったとき、キャンディという日本でいう京都みたいな街のラグビーチームのクラブハウスに、昔の日本代表の集合写真を発見したときは、すごく嬉しかった。スリランカの子供達とランパスもした。ラグビー文化のある国なのである。夕日が綺麗だったなぁ。

◎対スリランカ代表戦日本代表出場予定メンバー
1畠山健介、2木津武士、3藤田望、4大野均、5トンプソンルーク、6菊谷崇、7タウファ統悦、8谷口到、9田中史朗、10ショーン・ウェブ、11小野澤宏時、12今村雄太、13アリシ・トゥプアイレイ、14宇薄岳央、15立川剛士/16湯原祐希、17川俣直樹、18ジャスティン・アイブス、19マイケル・リーチ、20日和佐篤、21ジェームス・アレジ、22田邉淳

ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ「前回のUAE戦は、チームが目指す、良いパフォーマンスで勝利することができました。アジア五カ国対抗最終戦であるスリランカ戦では、ラグビーワールドカップに向けて大切な選考対象となる試合ですので、選手にはしっかりと結果を出してもらいたいと思います。今年、スリランカ代表は、下部リーグからトップ5に昇格したチームであり注目しています。最終戦では、小さなテクニカルの部分、特にレッグドライブ、ボディポジション、ユニットを重点的に常に意識して、激しいパフォーマンスを見せて欲しいと考えています」

菊谷崇キャプテン「アジア五カ国対抗優勝、4連覇が決まった後の試合なので、チャンピオンとして恥ずかしくない試合を、日本代表としてのプライドを持って、戦いたいと思います。ラグビーワールドカップに向けて、勝ち残るためにも、代表メンバー、一人ひとりが高い意識のもとに、またチームの勝利に貢献できるよう全力でプレーしたいと思います」

5月29日(日)、秩父宮ラグビー場にて開催される「セブンズ フェスティバル 2011」の試合スケジュール及び組み合わせが、決定した。詳細はコチラ。釜石シーウェイブスもやってくる。観戦可能のみなさんは、ぜひ秩父宮ラグビー場へ。

コカ・コーラウエストレッドスパークスが、「山口県招待ラグビーで、ちびっ子ラグビー教室を開催する。

■日時2011年5月22日(日)10:00~11:30
※14:00から早稲田大学対明治大学
■場所 下関市営陸上競技場
■対象 山口県内 小学1年生~中学3年生の少年・少女ラグビー選手約140名
■講師 コカ・コーラウエストレッドスパークス ラグビー部コーチ・選手など9名

| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダン・カーター決断ほか。追記

5月24日~6月5日、グルジア・トビリシにて開催される「IRBジュニアワールドラグビートロフィー(JWRT)2011」に参加するU20日本代表は、17日、日本を発った。当初、発表されていたメンバーから、WTB児玉健太郎選手(慶應義塾大学)が合宿中に脳震盪を起こしたため、遠征は不参加となり、FL辻直幸選手(流通経済大学)もコンディション不良のため17日の出発は見送られている。また、追加選手として、WTB淺井斗頼(大東文化大学所属)が合流している。

18日の朝日新聞朝刊に、釜石シーウェイブスの選手で震災後も現地に残って復興活動を続けた、ピタ・アラティニ選手とスコット・ファーディー選手が、オーストラリア大使館で、マレー・マクラーレン大使からねぎらいを受けたとの記事があった。このファンクションには、元オーストラリア代表キャプテン、ジョン・イールズも来ていた。

今年の9月~10月、ニュージーランドで行われるワールドカップの後、各国の代表選手達は海外クラブとの契約で自国を出る。ニュージーランド代表オールブラックスの選手達も数名が海外に出る。世界最高のSOといわれるダン・カーターも、その動向が注目されていたが、本日、ニュージーランドラグビー協会とクルセイダーズと、2015年までの契約をしたと発表があった。海外からいくつかオファーがあったが、「最終的に僕にとって一番大切なのはオールブラックスのジャージだった」かぁ。カーターが言えばなんでもかっこいい。イングランドのワールドカップまで出るつもりやね。

先日、林敏之さんが理事長を務めるヒーローズの銀座チャリティイベントのことはお伝えしたが、20日~22日は、大阪心斎橋のスポニチプラザで同様のイベントが開催される。
「ONE FOR ALL ALL FOR ONE いまこそラグビー精神だ!ヒーローズ震災支援プロジェクト」。銀座イベント終了時点で集まった義援金約72万円は、全額、釜石シーウェイブスに寄付された。15日の盛岡でのイベントには林敏之さんも参加、シーウェイブスのクラブハウスも訪問したらしく、そんなお話しも聞かせてくれるだろう。

期間中は、ラグビーのイラスト写真や、林さんが日本代表時代に相手チームと交換したジャージなどが展示され、トークイベントも開催される。概要は以下の通り。僕は22日に参加。常翔学園(元・大阪工大高)の野上さんも来てくださるようで、「工大高」の面白いエピソードも聞けそうで楽しみ。詳細はコチラより。

5月20日11時~20時 
林敏之トークイベント 12時~・18時30分~
21日11時~17時 
大八木淳史ほかトークイベント 12時~・15時~
22日11時~17時 
村上晃一ほかゲストによるトークイベント 12時~・15時~

追記◎コメント欄で、1日2回のトークの内容が同じかどうかというご質問がありました。すべて違ったトークになります。21日(土)は、12時からは林さんと大八木さん、15時からは神戸製鋼の正面選手が林さんとトーク。22日(日)の12時は、僕が進行し、林さん、野上さんに伏見工業の高崎監督も来場し、熱い高校ラグビートーク。15時からは、僕と林さんで、ラグビーの熱々トークをします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーストが神経筋疾患に

コメント欄に、元南アフリカ代表SHユースト・ファンデルヴェストハイゼンの病状を心配するコメントがあった。南アフリカ・ラグビー協会のサイトなどを、詳しい方に見ていただいたのだが、ユーストは、神経筋疾患の運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症)と診断されたようだ。

すでに治療を開始しているが、深刻な状況だという。この発表を受けて、5月13日(金)に南アフリカラグビー協会(SARU)のオレガン・ホスキンズ会長が、お見舞いのコメントを出した。「現時点では、報道されている情報しか知りませんが、ユーストの健康に関する報道を聞いて非常に心配しています。ユーストとユーストの最愛のご家族の方々にとっては大変な時期だと思いますが、SARU、スプリングボックス、南アフリカのラグビー界はユーストの身を案じるとともに、状態が良くなることを心より祈っています」

ユーストは、1995年、南アフリカで行われたワールドカップでスプリングボクス優勝の立役者である。フランカーのような体格で、俊敏にボールをさばき、タックルも堅実。2003年ワールドカップを最後に引退した。南アフリカ代表キャップは89。38トライをあげている。あの活力溢れるプレーを知るものとしては、信じがたく、病状が少しでも良くなることを祈るばかり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日いろいろ

土曜、日曜は、JSPORTSでスーパー15の解説だった。ストーマーズ、後半に失速でチーフスが逆転勝利。チーフスWTBシヴィバトゥの突破力、凄まじい。ブルズはレベルズに快勝した。まだ昨季までの強さは感じないが、ようやくプレーオフ進出に向けて力を出しそうな雰囲気になってきた。クルセイダーズは、ダン・カーターが復帰したのにチータースに不覚をとった。一次リーグは、Week18まで。次週が14だから、プレーオフ進出枠のトップ6入りの争いは、ここからが面白い。

というわけで、15日は、国内試合の取材に行けなかったのだが、釜石シーウェイブスの震災後初試合を、NHKのスポーツニュースで取り上げていた。関東学院大学から9トライを奪って、59-17で勝利。応援団の歌がいい。釜石のラグビーは市民の誇りだ。佐伯主将が「僕たちにはラグビーしかできない」とコメント。人々を勇気づけるラグビーができる。それだけで、素晴らしい。

東大阪市の近鉄花園ラグビー場では、第5回関西ラグビーまつりが行われた。注目の大学東西対決の結果は以下の通り。

関西学院大○31-22●慶應義塾大
同志社大●29-59○早稲田大

取材に行っていたラグビーマガジン編集部の森本さんに様子を聞いてみた。関西学院は萩井ヘッドコーチの初采配。今季は素速くボールを動かすラグビーを目指す。慶應は震災で活動のスタートが遅れて、この日が初試合。序盤で失点してしまったようだ。2試合目は点の取り合い。早稲田の辻監督は「取られすぎ」、同志社の宮本監督は「もっと取れた」とコメント。同志社のトライに花園ラグビー場が大いに沸いていたようで、森本さんも、今年の関西大学ラグビーは面白いのでは、と話していた。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »