« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011年7月17日 - 2011年7月23日

吉本新喜劇がラグビーW杯スペシャル企画

JSPORTSと吉本新喜劇のコラボ企画で、9月2日、なんばグランド花月にて、一日限りの公演がある。題して、「ラグビーワールドカップ開幕直前スペシャル!~吉本ラグビー新喜劇~」。ラグビーを軸にしたオリジナルストーリーの喜劇だ。

中川家、ジャルジャル、スリムクラブらラグビーと関わりの深い人気コンビに、ベテランの池乃めだからも出演する。大阪、盛り上がってます!

詳細は下記をご覧ください。
http://ent.pia.jp/yoshimoto2/event.do?eventCd=1132128

公演の様子は、翌日の9月3日19:00~J sports 1でも放送される。

さて、僕はこれからトライネーションズの開幕戦の解説である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サントリー、岩手へ

22日は、夕方から、オールブラックス対フィジー戦を見ていた。オールブラックス相手には、ボールをキープして攻めることの大切さを実感。それもボールを運びどころをしっかり整理しないといけない。スクラムを押し込まれるとしんどいなぁ。

サントリーサンゴリアスから、「東北応援ラグビークリニック in 岩手」が行われるという発表があった。7月29日、30日、岩手県の高校ラグビー部およびラグビースクール等を対象に、岩手県奥州市胆沢川桜つづみ多目的広場にて、ラグビークリニックを開催するとのこと。

当日は、エディー・ジョーンズ監督はじめ、真壁伸弥(宮城県仙台工業高校出身)、OBの北條純一(岩手県盛岡工業高校出身)、川村拓也(岩手県黒沢尻工業高校出身)など東北の出身者のほか、沢木敬介、大久保直弥、パトリック・バイロンのコーチ陣、ピーター・ヒューアット、佐々木隆道、スタッフから坂田正彰、浅田朗、田中澄憲、植田悠太が参加する。

会場までの交通手段確保のため、専用の送迎バスをご用意するほか、Tシャツ計500枚など(アディダス ジャパン協賛)が届けられる。なお、本活動は、東日本大震災の被災地復興のため、サントリーグループが義捐金として積み立てている計約40億円のうち、文化・芸術・スポーツを通じた支援活動の一環として行うものだという。

参加するのは、高校生(黒沢尻工業、黒沢尻北、水沢、水沢工業、釜石、釜石商工)、ラグビースクール(奥州RS、小佐野小学校、北上RS、紫波RS、鹿折RS、横浜RS、※横浜RSは北上RSと合同練習の参加)

7月29日 14:00~16:00 高校生
7月30日 10:00~12:00 ラグビースクール

追記◎最近は散歩が趣味になっている。京都はどこを歩いていても、石碑に遭遇し、そのたび歴史の勉強になる。下鴨神社近辺を歩いていたら、「鯖街道口」に遭遇。出町橋西詰にあって、側面に 「小浜からのいくつもの峠越えの道のうち若狭街道がいつしか鯖街道と呼ばれるようになりました~」と書いてあった。

Saba_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表メンバー&大畑宮古へ

イタリア遠征、ワールドカップ壮行試合の対アメリカ代表戦の日本代表メンバー31名が発表になった。谷口到選手は急性虫垂炎の手術のため、イタリア遠征参加は辞退。パナソニックワイルドナイツ所属のバツベイ、およびサントリーサンゴリアス所属のニコラス両選手は、日本国籍を取得したため、それぞれ名前が変更になっている。ワールドカップ最終登録は30名なので、谷口を含めた31名から、さらに絞り込む。このほか、負傷者なども出る可能性があり、メンバーが固まるのはアメリカ戦後になる。

■FW=17名
PR1平島久照、川俣直樹、HO青木佑輔、堀江翔太、湯原祐希、PR3畠山健介、藤田望、LO大野均、北川俊澄、トンプソン ルーク、ジャスティン・アイブス、FL菊谷崇、マイケル・リーチ、FLバツベイ シオネ、FL西原忠佑、NO8ホラニ龍コリニアシ、谷口到
■BK=14名
SH田中史朗、吉田朋生、日和佐篤、SOジェームス・アレジ、ショーン・ウェブ、マリー・ウィリアムス、CTB今村雄太、ニコラス ライアン、平浩二、アリシ・トゥプアイレイ、WTB小野澤宏時、遠藤幸佑、宇薄岳央、FB有賀剛

◎ジョン・カーワンヘッドコーチ
「パシフィックネーションズカップ(PNC)では、強豪チームのプレッシャーの下、ジャパンのゲームプランを示すことができました。また、課題だった早いゲームプラン、一対一のタックル、ディフェンスラインも成熟してきており、メンバー全員が持っているすべての力を出し切り、最後までアピールしてくれました。特に、若手メンバーにとっては、将来期待できる大きな収穫のあった大会だったと思います。
 さて、今回のイタリア遠征・アメリカ代表戦に向けた日本代表スコッドメンバーは、ワールドカップ本番を見据えた30名です。これまでの戦術を軸に、メンタル面の強化、アタック・ディフェンスともに、よりインテンシティー(強度・激しさ)を引き上げて、後半疲れた状態でも自分たちがやりたいプレーをやり切るため、ジャパンレベルの精度をあげていくことが大きな目的です。
 また本遠征では、地元強豪クラブとのスクラム練習なども予定されており、ワールドカップ本番を意識した、より実践的な練習のなかで、足りない部分を抽出・改善し、より完成度の高いコンディションで、イタリア代表戦、アメリカ代表戦(ワールドカップ壮行試合)に臨んでいきたいです」

◎菊谷崇キャプテン
「内容はともかく、PNCチャンピオンになったことは意義があることだと思っています。PNC初優勝を弾みとして、試合に勝って反省できることを前向きにとらえ、イタリア遠征では足りない部分を練習でしっかり修正し、よりレベルアップしたジャパンとして、イタリア代表戦を戦いたいと思います。そして、ラグビーワールドカップ直前、最後のホームゲームとなるアメリカ代表戦では、強いジャパンを日本の皆さん、ファンの皆さんの前でお見せしたいと思います」

お知らせ◎この度、大畑大介さんが震災復興支援のため、岩手県宮古市を訪問する事なりました。開催日時は7月24日(日)10時から。岩手不惑ラグビークラブが主催。宮古ラグビー協会協賛。宮古高校前の河川敷グラウンドに、皆さん集合しましょう。入場は無料です。

Miyako


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーイベント告知2本

きょうは、8月のラグビー関連イベントのご案内。8月には、このほか、神戸、東京などでもトークイベントが企画されているので、お楽しみに。さて、まずは、元日本代表ロックの林敏之さんが理事長を務めるNPO法人ヒーローズのイベントのご紹介。昨日の神戸製鋼ラグビーフェスティバルでもチラシが配布され、ファンのみなさんに林さん自身が参加を呼びかけていた。

Hayashi

ヒーローズは、震災支援チャリティイベントを、東京銀座、心斎橋などで開催してきたが、今度は規模が大きい。ヒーローズの設立5周年を兼ねて「NPOヒーズ設立5周年記念 ONE FOR ALL ALL FOR ONE 今こそラグビー精神だ! 震災復興からワールドカップへ」なるイベントに、ワールドカップの日本代表キャプテンらがずらり勢揃する。なんとも豪華な2日間である。概要は以下の通り。詳細はコチラ

日時:8月6日(土)12-20時
   8月7日(日)12-17時(18時より別会場にて5周年パーティー)
場所:京阪電鉄中の島線 なにわ橋駅 地下1階「アートエリアB1」
入場は無料。
【イベントプログラム】
8月6日(土) 総合司会&コーディネーター:谷口広明
13:00-13:30 林敏之挨拶
13:30-15:00 スクラムを支えた男たち
石山次郎、藤田剛、大八木淳史、林敏之
17:00-18:00 林敏之講演
18:15-19:45 日本代表キャップホルダーが語る桜の重み
元木由記雄、伊藤剛臣、大畑大介、林敏之

8月7日(日) 
12:00-17:00 総合司会&コーディネーター:子守康範
14:00-15:00 林敏之講演
15:15-16:45 歴代ラグビーワールドカップキャプテン会議
薫田真広、アンドリューマコーミック、箕内拓郎、平尾誠二(ビデオ出演)、林敏之
18:00-5周年パーティー
天満橋八軒家浜・クロッシングガーデン(会費6,000円)
※パーティーへのご参加にはお申込が必要です、 info@npo-heroes.com 

【展示】
スポーツイラストレーター 尾中哲夫原画展
ラグビーメモリアルグッズ(各国代表ラグビージャージ、記念品等の展示)
過去のワールドカップ映像等の上映
尾中デザイン復興支援Tシャツ等の販売
定員:イベント会場は自由席(200席、参加無料、申込不要・当日先着順)
主催:NPO法人ヒーローズ、京阪電気鉄道㈱
後援:日本ラグビーフットボール協会、毎日新聞社


続いては、同日8月6日、東京・新宿でのトークライブのお知らせ。

向風見也出版記念トークライブ
『ジャパンのために 日本ラグビー9人の肖像』
ラグビーワールドカップ2011まで2ケ月を切った今、ラグビーライター向風見也氏が現役のラグビー日本代表選手、および代表候補選手9名に深く切り込んだ評伝ノンフィクション集を発表! これを記念してトークライブを開催。ゲストはパナソニック ワイルドナイツのWTB山田章仁選手。

日時:8月6日(土)午後5時開演(午後4時半開場)
会場:道楽亭 03-6457-8366
   新宿区新宿2-14-5坂上ビル1F
   http://www.ryus-dourakutei.com/pctop.html
パーソナリティ:向風見也(ラグビーライター)
1982年生まれ。都立狛江高校ラグビー部で主将を務め、2006年より現職。『ラグビーマガジン』などに寄稿する。2011年春より『ラグビーリパブリック』記者も務める。日本代表選手への取材は国内外の試合前後のインタビューなどを継続的に行ってきた。今回が初めての著書になる。
ゲスト:山田章仁
1985年福岡県生まれ。YMCAラグビースクール、鞘ケ谷ラグビースクール、小倉高校慶應義塾大学、HONDA HEAT、三洋電機ワイルドナイツ、現在はパナソニック ワイルドナイツでプレー。U17、U19、U23・7's日本代表・関東学生代表・日本選抜
参加費:2,500円
※トークライブ終了後ゲストを囲んでの懇親会あり。
1時間半程度 30名さままで 会費別途2,500円 
※当日は著者、ゲストのサイン入本の販売も!
※ご予約は下記へメールかFAXで。
文鳥舎 佐藤久美子
Email bunchou@jcom.home.ne.jp
Tel&Fax 042-421-0406

| | コメント (0) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸製鋼フェスティバル

18日の月曜日は神戸製鋼の灘浜グラウンドで開催された「コベルコラグビーフェスティバル2011~SMILE AGAIN 神戸から笑顔を届けよう!」と銘打たれたイベントに行ってきた。台風の影響で朝から小雨がちらついていたが、大運動会などを除いて、大部分は決行された。

Hirashima

僕は12時からの日本代表トークイベントと、午後3時15分からの松尾雄治さん、平尾誠二さんのトークイベントの進行役をすることになっていた。日本代表の回は、平島久照、今村雄太、木津武士の3選手(写真:谷口到選手は体調不良で欠席)に、大畑大介さんと僕とでいろいろ話を聞いた。今回も、何度も「大畑選手」と言ってしまった。大畑さんは、「なでしこジャパンのように、あきらめないで自分達がやってきたことを信じて戦えば大丈夫です」と、現在の日本代表は強くなっているし、大丈夫と太鼓判。平島選手は「選手同士で話すのですが、3勝する気持ちは高まっています」と、ポジティブに抱負を語った。

今村選手に、サモア戦のタックルミスを突っ込んだら、「ジャパンとしての資格のないプレーをしてしまい、次の試合まで落ち込みました」と素直に話し、JKにそうとうしぼられたことも明かしていた。ちなみに、パシフィックネーションズ優勝を決めたフィジー戦のトライは、それを取ったら優勝とは知らなかったという。「ただただ勝ちたい一心で攻めていました。終わってから優勝と聞かされて、えっ、そうなのと」。これ、平島選手にも聞いたら、知らなかったそうで、チーム全体、トライ数のことは気にせず、とにかくフィジーに勝つことに集中していたようだ。木津選手は、「僕はまずはメンバーに選ばれるように頑張るだけ」と謙虚に語っていた。

Kobe1

そして、松尾・平尾トークイベントである。雨のため、大運動会が中止になり、その後の天候も不安定だったため、時間を1時半に繰り上げて開催された。松尾雄治と平尾誠二という、日本ラグビー史に一時代を築いた2人が公の場で対談するのは、これが初。僕も少年時代にあこがれた2人なので、気持ちが昂ぶった。

平尾:「いや、実は僕が18歳のとき、初めて日本代表候補合宿に呼ばれて、テレビの企画で松尾さんと対談したことがあるんですよ」
松尾:「覚えてないなぁ(笑)。そのあとは機会がなかったね。ほら、俺たち仲が悪いってうわさされていたからさぁ」(場内爆笑)
村上:「お二人が初めてプレーされたのは、1982年のNZ遠征ですね」
平尾:「松尾さんがいたから、僕はSOをやらせてもらえなくて」
松尾:「違うんですよ。僕と平尾を比べると、平尾のほうが運動能力が高い。体もある、足も速い。だからCTBもできた。僕は運動能力ないからね」
平尾:「何を言ってるんですか。うまうこと言いますなぁ」

平尾さんは、松尾さんを「日本ラグビー史上NO1のSO」と絶賛。「昔の革のボールはパスが難しかった。松尾さんは、それをスナップパス(スピンさせないパス)で第1CTBを飛ばして、第2CTBまでパスできた。あんなスナップパスをできる選手は今はいないですよ」
松尾:「俺、もともとスクラムハーフだからね」
村上:「松尾さんのパスって、音がしなかったですよね。スクラムハーフからのボールがあっという間にセンターに送られていく感じで」
松尾:「タックルされたくないからさぁ、とにかく平尾に渡しとけってね」(笑)

まあ、そんな話から、お互いのV7の話、日本代表でともにプレーした時代の話、現在の日本代表についての感想などいろいろと伺った。松尾さんは、「釜石より、神戸製鋼のほうが、はるかに強い。釜石は職人の集まり、神戸製鋼はポジションに関係なくなんでもできる選手がそろっていた」と持ちあげた。日本代表については、「外国人選手が多すぎる。なでしこジャパンを見てよ」と話したが、平尾さんが、「松尾さんも監督をしたらどうですか。そうも言ってられませんよ」と突っ込み、「外国人選手いっぱい入れちゃったりして」と爆笑をさそっていた。

Kobe2

写真は、チャリティーオークションで2人の写真パネルが出品された一こま。「ちょっと、なんか平尾の写真はかっこいい。俺のと違うじゃない」(松尾)。

Kobe3

松尾さんは、キャプテンを務める「スクラム釜石」の活動にも触れ、「今の釜石、大変な状況です。何か力になりたい。2019年のワールドカップは、釜石で一試合でもできないか、いま、働きかけています」と、東北を元気づけるために、ワールドカップを招致するなどこれからも力を尽くすことを誓っていた。これを受けた平尾さんも、「釜石と神戸製鋼はV7という共通項もあるし、今後も東日本大震災の支援のためにいい関係を作っていきたい。支援は、20年、30年のスパンで考えていかないといけない」と今後も松尾さんはじめ、釜石のみなさんとスクラムを組んでいくことを約束していた。

Kesennnuma

会場を歩いていると、東日本大震災で被災した気仙沼の名産品を売るブースも。売り子はスポーツライターの大友信彦さんではないか。大友さんは気仙沼出身だ。

Nadahama

イベントの終盤には、ダンスパフォーマンスも。女装した大橋選手、濱島選手らがファンを楽しませた。自らの女装を、大橋選手はそうとう気に入っていたみたい。最後は選手全員であいさつ。平島キャプテンが、「神戸製鋼から日本を活気づけていきたい」と元気よく締めくくった。

Fin


| | コメント (3) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山城高校にて

17日、サモア代表がオーストラリア代表から歴史的勝利をあげた(32-23)。サントリーのトゥシ・ピシもSOで活躍したようだ。2週間前に秩父宮ラグビー場で行われた日本代表戦の先発9名が同じ。ここに、クルセイダーズのSHフォトゥアリイ、セールシャークスのFBポール・ウィリアムズら経験豊富な選手を加えての快挙だ。オーストラリアがスーパー15で優勝したレッズのSOクエイド・クーパー、ワラタスのFBカートリー・ビールら主力数名を休ませていることを差し引いても大きな勝利。これでワールドカップの楽しみがまた増えた。

17日の朝は、京都府立山城高校に行って、中学ラグビー部の講習会に参加してきた。京都市立の嘉楽、修学院、上京の三中学が来ていて、練習試合などしたのだが、僕は朝9時前くらいから40分ほど、「理想のラグビー選手」という話をさせてもらった。昨年同様、山城高校ラグビー部の江村監督からの依頼だったのだが、理想のラグビー選手は、「人気のあるラグビー選手」でもあるということで、この角度から話をした。

トライゲッター、タックラー、プレースキッカー、ゲームメイカーと、いくつかのタイプに分けて話した。つまり、すべてチームメート、観客から「信頼される人」につながるということなのだけど。僕が考えるダメなラグビー選手も話した。一つでもみんなの記憶に残っていればうれしい。

Yamashiro

2019年ワールドカップが日本開催、2016年、2020年のオリンピック。そこに出られるように、夢じゃなくて、目標にして努力しようという話をした。「これは、君たちの世代に与えられたチャンスだからね」。グラウンドでの練習試合は、短い時間で行われたのだが、修学院の体の小さな1年生が、大きな選手を倒して、先生に「お前はえらいぞ。ようやった」と頭をなでられていたのが、かわいくて、かわいくて。心洗われる時間を過ごすことができた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大畑大介、男子食堂に登場

土曜日の夜は、母校・大阪体育大学ラグビー部のOB総会だった。長年、この手の会には出席できず、なんの役にも立っていなかったのだが、昨年、京都に帰ってからやっと出席できる機会が増えた。久しぶりに先輩後輩に会って楽しいひとときを過ごした。みんなラグビーに対して純粋で気持ちがよかった。大体大卒の選手ではもっとも日本代表キャップ数の多い菊谷崇選手が骨折したという情報があったが、どうやら、ひどい状態ではなさそうだ。W杯には十分に間に合いそう。

さて、話はかわって情報をひとつ。本日(17日)、午後2時から3時、KKベストセラーズより奇数月の20日に発売されている雑誌『男子食堂』のUstream番組「男子食堂TV」に、大畑大介さんが登場し、料理生放送に初挑戦!
メニューは京都の「あんかけうどん」だそうだ。大畑家のレシピをご覧になりたい方は、以下よりどうぞ。

男子食堂TV
http://www.ustream.tv/channel/%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%A3%9F%E5%A0%82tv

そういえば、大体大のOB総会には、大畑さんがラグビーを始めたきっかけになった、島津哲守くんも来ていた。僕の一学年下なのだが、この島津くんと、大畑少年が銭湯で出会い、そこから大畑さんはラグビーの世界に入るのである。今も2人の交流は続いているみたいだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »