« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

今夜のマカウ予想

今夜、オーストラリアのブリスベンでは、トライネーションズ(南半球三カ国対抗)の最終戦、オーストラリア代表ワラビーズ対ニュージーランド代表オールブラックスが行われる。勝ったほうが優勝する大一番だ。

20110825_mccow

これに先だって、ニュージーランド・ヘラルド紙が、額にシダのマークのある牛に勝敗予想をさせる企画を始めた。ワールドカップでもやるみたいだ。

20110825_mccow_milk_bottle

この牛くん、オールブラックスのキャプテンのリッチー・マコウならぬ「リッチー・マカウ」と名付けられ、これから予想屋として活躍することになる。今夜はウォームアップというわけ。マカウくんが選んだ通りに、オールブラックス勝つかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元町トークライブ

金曜日の夜は神戸の元町にいた。JR元町駅で下車し、少し歩くと海の薫りが。中華街の入り口を横目に正面に船が見えてきて、なんだかいつものトークライブに向かう感じと違うぞ~。会場となった、「ROUGH RARE ラフレア」は素敵なお店だった。

Moto1

午後6時、ゲストの横山剛さん(Kiss FM KOBE代表)、神戸製鋼コベルコスティーラーズのチームアドバイザー元木由記雄さん、このイベントを企画運営してくださっているホスピタリティコーディネーター永末春美さんと打ち合わせ。横山さんは滋賀県の高校でプレーされていたのだが、僕とは、どうやら高校時代に練習試合で対戦していたみたいで懐かしいお話もできた。Kiss FM KOBEでは、神戸製鋼の応援番組も放送している。

午後7時キックオフ。まずは、元木さんと僕でラグビーどっぷりのお話を。U20日本代表ヘッドコーチでの苦労話など聞いていったのだが、今の若い選手は「理不尽なことは耐えられない。その代わり、趣旨を理解するとどんなに厳しい練習もがんばれる」と話していて、若いうちから個人としても海外でのプレー経験を積めるように協会をあげて環境を作っていかなくてはいけないと話していた。

Moto2

そのあとは、横山さんと永末さんも入って4人でトーク。永末さんは「ラグビーを見て思いやりを感じた」と魅力を語り、元木さんも、「ラグビーは思いやりのスポーツ。そうしてもらうと、今度は仲間を裏切れなくなる」と共感した。横山さんは5つの会社を経営する。社員を採用するときに、「スターになりそうな人は採用しない」と、まとまり重視するコメントをすると、元木さんが、「僕は世界に勝つことを考えると、スターになるような選手ばかり集めてそれを一つにまとめるのが一番強いと思うんです」と話をつなぐなど、チームワークについて興味深い話が続いた。

Moto3

お客さんは、ラグビーに詳しい人は3分の1くらいで、あとは少し興味はあるけれど詳しくないという人が多かった。今後も、ラグビー外の人たちと、ラグビーをつなぐ、このイベントをこつこつ続けたい。次回の『ラグビートークライブ*プレミアム』は未定だが、今年中にできればいいと思う。

さあ、今夜は高田馬場で「ノーサイドプロジェクト2011夏 W杯直前パーティー」である。

訂正◎JSPORTSの放送で、オーストラリア代表のディグビー・イオアネ選手について、今春、呼称を「アイオネ」に変更しましたが、「イオアネ」に戻すことになりました。当初はチームメートを通じての確認で変更されたのですが、この読み方を巡って意見が分かれており、スタッフが本人と直接連絡をとり再変更となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグマガ10月号

25日はラグビーマガジン10月号の発売日。表紙は、日本代表菊谷崇キャプテンに、NO8ホラニ龍コリニアシ選手。アメリカ代表戦のレポートが間に合っている。僕がラグマガの編集部にいた頃は、21日の試合を25日発売に間に合わせるのは無理だった。本は23日にはできているので、このスピードには驚く。

Cover_1110

さまざまな選手のインタビューがあり、W杯への想いが語られる。ホラニ選手は、トンガ代表と試合したとき、同じ小学校だった相手選手に「お前、ラグビーやってた?」と聞かれたそうだ。そう、ホラニ選手は日本でラグビーを始めた。日本のシステムの中で育った選手なのだ。将来は海外でプロとしてプレーすることを夢見る。「大和魂という言葉が好き」っていいね。

ジョージ・スミス選手のインタビューは必読。第1回全国高校女子7人制大会の全選手の写真名鑑がある。こういうのが普及につながる。いいことです。別冊付録は、ワールドカップ日本代表戦完全観戦ガイド。オールブラックスのリッチー・マコウ、ダン・カーターのストーリーも。

Cover_1110_rwca

お知らせ◎新宿二丁目道楽亭でラグビーワールドカップイベントが開催されます。
9月10日(土)は、早大時代、『プリンス』と呼ばれ華麗なプレースタイルでアカクロの司令塔として活躍した本城和彦さんのトークイベント。題して『ラグビーを愛でる』。
日時:2011年9月10日(土) 13:00(開場12:30)
場所:道楽亭 Ryu's Bar (東京都新宿区新宿2丁目 14-5)
定員:40名、参加費:1500円(1ドリンク代含む) 追加の飲食の注文はご自由に。
■申し込み 下記サイト 予約フォームより
http://dourakut?e.blog55.fc2.co?m/blog-category?-1.html
道楽亭HP http://www.ryus-dourakutei.com/

されに、9月27日(火)はWC一次リーグ総括トークショー
ラグビーマガジン・田村一博編集長をホストにゲスト(調整中)を招き、ジャパンのW杯キャンペーンをレビュー。
日時:2011年9月27日(火) 19:00 (トークショー開始)
場所:道楽亭 Ryu's Bar (東京都新宿区新宿2丁目 14-5)
定員:40名
参加費:1500円(1ドリンク代含む) 追加の飲食の注文はご自由に。
■申し込み 下記サイト 予約フォームより
http://dourakut?e.blog55.fc2.co?m/blog-category?-1.html
道楽亭HP http://www.ryus-dourakutei.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯原選手壮行会&日韓中ジュニア結果

木曜日の早朝、「のぞみ」に乗って東京に向かった。豪雨で徐行運転の区間があったのだが、水槽の中に入っていると感じるほどのところもあった。約1時間遅れて、品川駅は混乱していた。

28日、千葉県印西市で、ワールドカップの日本代表メンバーに選ばれた湯原祐希選手の壮行会が行われることになった。湯原選手は、印西ラグビースクールの出身。流通経済柏高校から流通経済大に進んだ、千葉っ子だ。印西市から初の日本代表でワールドカップ出場である。市をあげて、もりあがっています。

28日午後1時より第1部のセレモニーが始まり、1時45分から第2部で、トークイベント、ラグビー体験会など行う。僕も第2部に進行役で参加します。場所は、印西牧の原駅に隣接する「BIG HOPガーデンモール印西」の公園劇場ステージ

8月22日から28日にかけて愛知県で行われている「第19回日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技、U17日本代表は、2連勝で交流競技会を終えた。この大会は、公益財団法人日本体育協会の交流事業の一つとしてアジア近隣諸国との青少年スポーツ交流を促進し、これを通じて相互理解を深め、競技力向上のため、1993年(平成5年)より日本・韓国・中国による持ち回りで開催されている。

日本代表として参加したのは、U17各ブロックでスタッフがセレクションし、また、7月末日に長野県・菅平高原にて行われた「KOBELCO CUP 2011 第7回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会」にてセレクションされた選手達。

□試合結果
U17日本代表〇33-12●U18韓国代表(前半26-12)
U17日本代表〇84-0●U18中国代表(前半43-0)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神鋼帰化選手&激闘史

24日の朝、京都テレビの「ぽじポジたまご」という情報番組に出たら、出演直後、友人からメールが複数着た。「見たで」。やっぱり京都、見てる人多い。10分ほど、ラグビーワールドカップについて、楽しくしゃべらせてもらった。9月10日の日本代表対フランス代表戦を見てもらえるようにアピール。自分の本(岩波ジュニア新書より、9月17日発売予定)の宣伝もできた。う~ん、こういうとき、京都弁でいくか、標準語か迷う。標準語で行ったつもり。帰りは、ふらっと歩いて帰宅。卒業した高校近くの喫茶店(高校時代はなんとなく入りにくかった)に立ち寄ってみた。ちょっと古いけど、鴨川見渡せていい感じ。高校時代、このあたりで映画の撮影があって、キャンディーズのランちゃんがこの喫茶店に入ったということで見に行ったことがあった。懐かしい。

神戸製鋼コベルコスティーラーズからは、所属選手の日本国籍取得のお知らせが。ネーサン・アンダーソン選手と、パスカ・マパカイトロ選手である。アンダーソン・ネーサン、マパカイトロ・パスカが日本名となる。アンダーソン選手は仙台育英高校から日本に来ているし、マパカイトロ選手も立正大から日本に来ていて、2人とも約10年日本に住んでいる。これで2人は、10月から始まるトップリーグに外国人枠にとらわれるに出場できることになった。

24

水曜日は、「日本ラグビー激闘史」の発売でもあった。今号は、1976年~78年(昭和51、52年度)である。表紙は、釜石、初の日本一。この表紙写真、すごく貴重なものだ。向かって右から、津波で無くなったFL佐野正文さん、日本代表のスーパースターだったSO松尾雄治さん、CTB森重隆さん、そして、佐野さんと双子の兄弟でもあるWTB細川直文さん。釜石の連覇を支えた人たちだ。

ヒーローは藤原優さん。日川高校時代に、日本代表合宿に呼ばれた才能あふれるWTBだった。名門伝説は目黒高校、梅木監督時代は、「泣く子も黙る」と言われた猛練習で、全国大会で優勝5回、準優勝5回。「才能よりも、最後は努力した者が勝つ」が信念だった。天才・松尾雄治さんも目黒高校を卒業している。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都テレビ&PV情報ほか

火曜日、また暑さがぶりかえした。水曜日(24日)の午前10:30から、京都テレビの「ぽじポジたまご」に出演して、ラグビーワールドカップを楽しむ方法について話す予定。ラグビーを知らない人に、ワールドカップを紹介できる機会は嬉しい限り。

26日は元木由記雄さんらの神戸でトークイベント、27日は東京の高田馬場でノーサイドプロジェクトのW杯直前パーティー。日本代表から日和佐篤、青木佑輔(サントリー)の2選手に加えて、大野均、湯原祐希、マイケル・リーチの東芝勢もゲストとして来場。申し込み締め切りは、26日正午まで。申し込みはコチラから。

9月9日に開幕するW杯まであとわずか。各国の最終登録メンバーが次々に発表になっている。オールブラックスは、ホスィア・ギア、シヴィヴァトゥ、メッサム、クロケットらが落選。ワラビーズではマット・ギタウが、イングランドではリキ・フルーティが、ウエールズではベテランFLマーティン・ウィリアムズが選から漏れた。選手選考は、監督の描くチームに合っているかどうかが基準。スター選手にとっても、厳しい現実である。

W杯開催期間中は、日本でもさまざまなパブリックビューイング(PV)が企画されている。東大阪市は、日本対フランス戦、日本対ニュージーランド戦、決勝戦のPVを開催する。東大阪市役所22階にある展望レストラン跡にスポーツバーがオープン。東大阪市役所ラグビーワールドカップ誘致室のワールドカップ応援企画として、3日間限定で営業することが決定。営業日は9月10日(日本対フランス戦)、16日(日本対ニュージーランド戦)、10月23日決勝戦の3回。それぞれ試合開始1時間前から、試合終了1時間後まで楽しめる。会場には100インチの大型プロジェクターと50インチの液晶テレビが設置される予定。入場は無料。会場ではニュージランド料理1品と飲み物のセットが1,500円で販売され、観戦のみも可能。詳細はコチラ

東京でもさまざまなPVが開催されるし、このブログでも紹介してきたが、「スクラム釜石」主催PVも、9月10日、東京は高田馬場で開催することになった。釜石シーウェイブスの会員は、各地でのサポーター募集活動によって着実に増えている。そんな支援もあって、9月11日には、秩父宮ラグビー場で、トップイースト初戦(日野自動車レッドドルフィンズ戦)を迎える。「2019年ラグビーワールドカップを釜石で!」を合言葉に、ますます活動は活発化している。以下、イベントの内容。

【スクラム釜石主催/東北震災復興イベント】
~日本代表vsフランス代表パブリックビューイング~
~2019年ラグビーワールドカップを釜石で!~
日時:2011年9月10日(土)14:30~18:00(受付14:00~)
場所:HUB高田馬場店
(〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-27-3 ニュー竹宝ビルB1)
最寄駅: JR高田馬場駅 徒歩1分
解説・ゲスト:松尾雄治スクラム釜石キャプテン、高橋善幸釜石SW GM他
会費:4,000円(小学生以下は無料) 軽食、フリードリンク付き。
主催=スクラム釜石
◎申し込み方法
募集人数:100名(*定員となり次第締め切りとさせていただきます)
以下のページの登録フォームよりお申し込みください。
http://www.facebook.com/scrumkamaishi2011?sk=app_109770245765922
※チケットは発送されません。
※クレジット決済及び銀行振り込み可能です。当日支払いも可能。詳細は登録フォームのページにてご確認ください。
◎問い合わせ先
スクラム釜石事務局 scrumkamaishi@gmail.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表W杯メンバー

壮行試合のあとは、急ぎの原稿書きがあって速報だけになった。そして、きょうはワールドカップ登録メンバー30名の発表記者会見。まもなくワールドカップ開幕で仕事も慌ただしくなってきた。

W杯メンバー発表だが、日本ラグビー協会の会議室で、午後4時15分から行われた。ジョン・カーワンヘッドコーチ(JK)が一人一人名前を読み上げた。サプライズはなく、ここ数カ月、ともに練習してきたコンビネーションを重視した選考だった。昨日の壮行試合の時点でスコッドは31名だったので、落選は一人。昨日の試合は、FLバツベイと西原の最終セレクションでもあった、そして、残ったのはバツベイだった。「西原は将来有望な選手だと思う。現時点ではバツベイを選んだ。バツベイがいると、ラインアウトのバリエーションも増える」(JK)

報道陣から4年前と比較してチームとして成長した部分を問われ、JKは答えた。「4年目前に比べて完成されたチームになってきている。コンビネーションもよくなり、スタイルも構築できている。強さ、速さも上がった。私のプラン通りに運んでいる。PNCでも優勝できた。しかし、大事なのは本大会で結果を出すことです」

前大会で行った2チーム制についても質問が出たが、「フランス戦にベストメンバーで戦い、試合の結果を見て、NZ戦を考えたい。毎試合、次の試合では誰がベストかということを考えてメンバーを組んでいきたい」と話した。

「フランス、NZと接戦し、トンガ、カナダに勝つ。2015年にはベスト8、2019年には決勝戦の舞台に立つ。日本代表は、そういうチームになっていきたい。今回は、日本の成長を世界に知らしめることで、日本の強化が間違っていなかったという確信を残したい」

メンバーは以下の通り。

◎ラグビーワールドカップ2011 ニュージーランド大会」日本代表メンバー
FW:16名=PR1平島久照、川俣直樹、HO青木佑輔、堀江翔太、湯原祐希、PR3畠山健介、藤田望、LO大野均、北川俊澄、トンプソン ルーク、ジャスティン・アイブス、FL菊谷崇、マイケル・リーチ、バツベイ シオネ、NO8ホラニ龍コリニアシ、谷口到
BK:14名=SH田中史朗、吉田朋生、日和佐篤、SOジェームス・アレジ、マリー・ウィリアムス、CTB今村雄太、ニコラス ライアン、平浩二、アリシ・トゥプアイレイ、WTB小野澤宏時、遠藤幸佑、宇薄岳央、FBウェブ将武、UtilityBK上田泰平

●バツベイシオネ選手のコメント
「ワールドカップメンバーに選ばれたことを嬉しく思います。1戦1戦を大事にしてチームの目標を達成できるようベストを尽くします。日本代表ジャージに袖を通すことは特別な意味を持ちます。日本のみなさんの期待を裏切らないプレーを見せられるよう頑張ります。また、日本代表だった兄の功績を超えられるようチャンスを活かしたいです」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯壮行試合結果

降りしきる雨のなか、12,519人の観衆がW杯前最後のテストマッチに詰めかけた。前半の日本は動きは悪く、ミスボールを拾われて2トライを許したが、後半に入ると、攻撃のテンポを上げ、SH日和佐、FBウェブ、CTB平ら途中交代の選手が勢いを引き出した。NO8菊谷キャプテンのトライとウェブのゴールで逆転すると、25分には、WTB宇薄が突き放すトライをあげ、競り勝った。速報のみにて失礼します。

◎壮行試合結果
日本代表〇20-14●アメリカ代表(前半8-14)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »