« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011年12月4日 - 2011年12月10日

TL6節土曜の結果

20111210

土曜日は秩父宮ラグビー場にいた。トップリーグ第6節、パナソニックワイルドナイツ対NTTコミュニケーションズシャイニングアークス、東芝ブレイブルーパス対NECグリーンロケッツの取材だった。第1試合は、パナソニックが終始押し気味に試合を進めた。NTTコムは、FB栗原徹、CTBジェイピー・ネルらが負傷欠場者が多く、攻め手が手薄になっている気がした。守っても、組織を崩されタックルミスも多くなった。それでも、FBに入ったソセネ・アネシが何度もこうタックルを見せていたのはさすが。WTB友井川がインターセプトからトライを返すなどしたが、パナソニックの防御を崩し切るところまでは攻めきれなかった。

パナソニックは、CTB霜村誠一キャプテンを怪我で欠き、トライを捕り切るべき場面でミスもあったが、CTB野口裕也のトライを皮切りに、WTB北川智規、CTBジャック・フーリーらがトライを重ねた。フーリーは、タックルポイントを巧みにずらすランニングを披露。3トライを奪った。パナソニックのキャプテン代行・堀江翔太は有効な攻撃が少なかったことについて、「NTTコムが前半、キック中心だったのを後半ボールキープに変えてきて、チャンスが少なくなった」と話し、「僕らのミスでトライをとられた。詰めることを詰めないと」と気を引き締めていた。中嶋監督によれば、霜村キャプテンの打撲は、あと2週間くらいは回復にかかるのではないか、ということだった。

第2試合は、東芝がいきなり豊田真人キャプテンのトライで先制。その後もマイケル・リーチの大幅ゲインなどでチャンスを作って加点し、一時は19-0までリードを広げたが、NECのFB大東功一に1トライを返されると前半終了間際には、CTB田村優にディフェンスラインを破れられ、WTBネマニ・ナドロにトライを奪われて19-12と迫られた。

後半の序盤はNECが攻め込んだ。6分、HO臼井陽亮がCTB櫻谷勉のパスを受けて左コーナーに飛び込んで、19-17と2点差に詰め寄る。両者一歩も引かないぶつかりあい。そして、18分、WTBナドロがインターセプトから約40mを走り切ってトライ。田村のゴールも決まって、19-24と逆転に成功する。ナドロは、パワフルなプレーで何度も観客席を沸かせた。ここからは、東芝の猛攻をNECが粘って止め続ける。30分のゴール前のピンチも、低いタックルでしのいだ。

しかし、その直後のNECボールのラインアウトを東芝がスチールしたことで、東芝に再びチャンスが訪れる。大野、リーチ、交代出場のCTBブリューらが何度も突進したが、そのたび、NECのタックルが突き刺さった。38分、東芝ノックオン。NECの粘り勝ちだった。東芝の連勝はストップ。

■トップリーグ第6節土曜の結果
パナソニックワイルドナイツ○52-21●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半31-7)
東芝ブレイブルーパス●19-24○NECグリーンロケッツ(前半19-12)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●20-27○福岡サニックスブルース(前半10-22)

| | コメント (7) | トラックバック (3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーター結婚、女子ラグビー他

きょうは、いろいろあります。

明日(金曜日)、オールブラックスのダン・カーターが結婚式をあげる。お相手はニュージーランドのフィールドホッケー代表チーム「ブラック・スティックス」の選手でもあるオナー・ディロンさん。トップアスリート同士の世紀の結婚式。女性ファンはやっぱり悲しいのかな。
http://www.stuff.co.nz/life-style/weddings/6107723/Carter-Dillon-practise-their-vows

日本ラグビー協会は8日、第91回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月7日/大阪・近鉄花園ラグビー場)の開会式後に行われる、女子ユース世代の7人制試合「U18花園女子セブンズ」の参加メンバーを発表した。今回は、昨年までの2チームから、4チーム(ハイパフォーマンスの部:2チーム、普及の部:2チーム)へと参加枠を増やした。
http://sevens.rugby-japan.jp/games/2011/id12091.html

女子ラグビーの話題では、12月10日~12日、「第9回セブンズアカデミー(女子)」が開催される。これは、日本ラグビー協会が「発掘・育成プログラム」の一環として実施しているもの。今回は来春の海外遠征に向けた女子7人制日本代表候補とも合同で練習することになっている。

◎セブンズアカデミー参加者リスト
藤﨑朱里(Rugirl-7)、伊藤絵美(名古屋レディース)、中村知春(PHOENIX)、鈴木彩香(横濱ラグビーアカデミー)、田坂藍(日本体育大学2年)、井上愛美(世田谷レディース/ RKUラグビー龍ヶ崎)、飯田美妃(名古屋レディース)、谷口令子(世田谷レディース)、鈴木実沙紀(関東学院大学1年)、横尾千里(世田谷レディース)、三樹加奈(立正大学1年)、鈴木陽子(横濱ラグビーアカデミー)、山田歩美(神戸甲北高校3年)、大黒田裕芽(市立船橋高校2年)、小出深冬(横濱ラグビーアカデミー)、山本実(田園ラグビースクール)、櫻井綾乃(高崎ラグビースクール)、清水麻有(高崎ラグビースクール)、バティヴァカロ・ライチェル・海遥(戸田RSダンディライオンズ)

◎7人制女子代表候補合宿参加者リスト
辻本つかさ(SCIX)、マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(PHOENIX)、平塚夢乃(流通経済大学ラグビー部)、海老原めぐみ(Rugirl-7)、横山里菜子(戸塚共立メディカルセブンズ)、後藤萌美(名古屋レディース)

昨日(7日)、秩父宮ラグビー場で、第54回全自衛隊ラグビー大会決勝が行われ、船岡自衛隊が52対0で習志野自衛隊に快勝し10連覇を達成した。トップイーストDiv2 に所属する船岡自衛隊は、2011年3月11日から約5ヶ月災害派遣のため練習ができない状態が続いていたが、トップイーストDiv2を戦い抜き、全自衛隊大会に臨んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マア・ノヌー選手に会う

201112071

7日の水曜日はリコーブラックラムズの砧グラウンドに行っていた。マア・ノヌー選手の取材である。これは、日本ラグビー協会のメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。1月下旬発行予定。

4節のコカ・コーラウエスト戦で足を痛め、5節は欠場したノヌー選手だが、練習では走っていたので次は出られそう。オールブラックスでの世界一の感想から日本ラグビーへのアドバイスまで、さまざまに聞いた。短時間だったので、ラグビーの細かい技術の話などは聞けなかった。何時間でも話を聞きたかったなぁ。最初の写真は、表紙撮影の様子。慣れた感じでポーズをとってくれた。

201112072

現在は、クラブハウスの近くに住み、日本の生活を楽しんでいるようだ。いろんなお店で晩御飯を食べたり、コンビニでおにぎりを買ったり、周辺を自転車でめぐるのが好きらしい。ニュージーランドではできなかったことみたいだ。自転車に子供を乗せるシートをつけるのも、ニュージーランドでは珍しいらしく、3歳になる息子さんを乗せて気分よく走っているんだそうだ。お寿司が大好きで、渋谷の立ち食い寿司でも食べたことがあるそう。

ちなみに、あの髪型は10年くらい前からで、それまではショートカットだった。ドレッドヘアにしたのは、あこがれていたタナ・ウマガ選手を真似た。「一番好きなCTB」と話していた。カラフルな髪飾りはジャマイカカラー。ノヌー選手はルーツをたどるとジャマイカに行き着くようだ。ワールドカップのときは、オレンジのスパイクで、今はグリーンのスパイクを履いている。ブルーもあるみたいで、「グラウンドのコンディションで使い分けています」とのこと。最後の写真は、手のひらの撮影。等身大の手を掲載する予定。意外にと言っては失礼ながら、綺麗な手だった。

201112073

お知らせ◎よくトークライブを行っている大阪・北浜の「ラグビー部マーラー」にて忘年会のお知らせです。私(村上晃一)がホストを務めます。主催はNPO法人・大阪ラグビーネットワーク。飲んで食べて楽しくラグビー談議しようという会です。申し込みは以下より。

日時:12月21日(水)19:30~22:00
テーマは『あの時、この時、そんな時。今流行の完全オフレコの会』
食事+飲み放題! ¥3,000  先着20名様
連絡先
ORN(大阪ラグビーネットワーク)イベント担当 加島まで
info@npo-orn.org

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBWボクシングほか

きのう、東京で拙著「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)をお世話になった方に渡したかったのだが、手持ちがなかったため、リブロ青山店で一冊購入。その際、「12月10日に著者の村上さんのサイン会があります。整理券を配布しておりますが」と言われて、思わず、「いりません」と言ってしまった。なんとなく、「本人です」というのも恥ずかしく(汗)。ごめんなさい。

オールブラックスのニュースでは、プロボクサーでもあるソニー・ビル・ウィリアムズが、来年2月8日、ニュージーランドのヘビー級王座に挑戦することになった。SBWは、来年のスーパー15ではチーフスでプレーすることが決まっているが、その直前のボクシング試合となる。

お答えします◎コメント欄にご質問があった、大学選手権の組み合わせ抽選会の件ですが、抽選箱を一回ずつ下げているのは、同一リーグによる対戦を避けるため、抽選番号を限定しているためです。ただ、それを一回ずつ下げることについては誤解を受けるので、やり方の工夫は必要と思います。もう一つ、関西第五代表と天理大学の対戦になったとき、関東の第五代表と入れ替えたのは、抽選方法に「同一リーグの対戦になった場合には、全抽選が終了後、他リーグの同一順位のチームと入れ替わる」という規定があるためです。抽選方法の詳細は、日本協会ホームページにあります。

追記◎博多の知人が「ラグビー部」なる博多とんこつラーメンの話題を送ってくれた。なんと31年前からあるので、知っている人も多いはず。この会社の社長さんは、商品に必ず名前をつける。辛子めんたいにも「味のめんたい 福太郎」と名前をつけた。開発したラーメンにも名前を、ということで、まだ商標がとられていない印象的な名前が頭に中々浮かばずに悩んでいた時、長男(当時12 歳)がラグビーボールを持って帰ってきたという。長男は小学校3 年生から「みのしまラガー」に所属していた。それで名前決定。当時、週刊誌に掲載されて大人気に。いまも、ラグビー好きの方から多くの注文があるという。ネット販売のみ。詳細はコチラより

Rygbybu


| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学選手権組み合わせ決定

201112051

12月5日、日本ラグビー協会会議室で大学選手権の組み合わせ抽選会が行われ、組み合わせ試合会場が決定した。注目の筑波大学は東海大学と、慶應義塾大学は流通経済大学との対戦となった。三連覇を狙う帝京大は、博多で福岡工業大学と対戦することに。岩出監督は、「予想通り」と話したが、スタッフはさっそくホテルの段取りに奔走していた。過去2年は、帝京大が対抗戦4位で注目の存在だったのだが、今回は枠が決まっており、同じリーグの1回戦の対戦は避けることになっているため、岩出監督もいつもより余裕の表情だった気がする。

早稲田大は大阪体育大学と2年連続の対戦。この2チームはよく当たるイメージがある。ただ、大体大の選手たちは早稲田と戦いたかったようで、安田鉄平キャプテンも「狙い通りです」と力強かった。関西1位の天理大は、関東第五代表との対戦。抽選では関西第五代表になったのだが、同じリーグは1回戦で対戦しないという規定で、関東第五代表(法政大対東北学院大の勝者)と入れ替えられた。というわけで、明治大は関西第五代表(関西学院大対朝日大の勝者)との対戦。この勝者は筑波大対東海大の勝者と2回戦で戦うことになり、ここも注目カード。明治の吉田監督は、「まずは1回戦だが、もし、準決勝、決勝と帝京大、早稲田大と当たれば、両方とも一度は負けている相手。そこにリベンジするストーリーが描けますね」と話していた。慶應義塾大と流通経済大の勝者が、天理大と関東第五代表と2回戦で戦うのも興味深い。

組み合わせは以下の通り。1回戦は12月18日。2回戦は12月25日。

◎Aブロック
帝京大 対 福岡工業大 14:00 レベルファイブスタジアム
大東文化大 対 同志社大 12:00 近鉄花園ラグビー場

明治大 対 関西第五代表 14:00 熊谷ラグビー場
筑波大 対 東海大 12:00 秩父宮ラグビー場

◎Bブロック
早稲田大 対 大阪体育大 14:00 瑞穂ラグビー場
立命館大 対 関東学院大 12:00 瑞穂ラグビー場

天理大 対 関東第五代表 14:00 近鉄花園ラグビー場
慶應義塾大 対 流通経済大 14:00 秩父宮ラグビー場

| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[間もなく!] 本日16時より第48回全国大学選手権組み合わせ抽選会を動画配信

秩父宮ラグビー場にある日本ラグビー協会の会議室です。

午後4時から第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会の組み合わせ抽選会です。

JSPORTSでは、これをインターネットのUストリームで動画配信することになりました。

放送日時: (インターネット動画配信サイト【Ustream】上でのライブ中継 動画配信)
12月5日(月)16時00分-17時00分(ライブ中継予定)

アクセスURLはこちら
http://www.ustream.tv/channel/ラグビー全国大学選手権2012-抽選会

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子講習会&大学、TL結果

201112041

日曜日は京都にいた。京都精華女子中学高等学校が女子校では初のラグビー部を創設することは先日の日記に書いたのだが、11月20日に続いて、12月4日、小学生・中学生向けの講習会を開催した(同校・八瀬グラウンドにて)。入学希望ではなくても誰でも参加できるもの。短いレポートをラグビーマガジン2月号に書くことになっている。きょうは30名くらいの女子が参加していた。ほとんどはレディースチームやラグビースクールの経験者で、石川県や大阪からも参加者があった。

約1時間半、楕円球とたわむれた感じだが、見ているとセンスある子もいて、この子、将来大物になりそう、とか思いながら楽しかった。すでに、小学6年生、中学3年生で入学希望者が数名いるようだ。女性がラグビーをする場はすくないので、この女子ラグビー部もうまくいってほしいな、と思う。

というわけで、早明戦やトップリーグは録画でチェックということになった。早明戦は互いに攻め合い、守り合う、なかなか面白い試合だった。勝敗は紙一重。明治のディフェンスはよく粘っていた。勝った早稲田はよく攻めてはいたが、ミスもあった。ちょっと硬かった気もする。前日の帝京対筑波も見たが、このあたりは、再び大学選手権で戦うと、どこが勝つか予想がつかないくらいの差だ。明日(5日)の組み合わせ抽選会が気になるところ。

対抗戦の順位は、1位帝京、2位早稲田、3位明治、4位筑波、5位慶應ということになった。対抗戦の3位、関東大学リーグ戦1部の3位までは入る枠が決まっている。帝京は関西2位の同志社と同じブロック。早稲田はリーグ戦3位の関東学院と、明治はリーグ戦2位の東海、リーグ戦1位の流通経済は関西1位の天理と、それぞれ同じブロックに入った。それぞれ1回戦を突破すれば、25日に対決することになる。

トップリーグは、サントリーの小野澤宏時選手が、ホンダ戦でリーグ100試合出場。前日の中居選手に続いて2人目の快挙を達成した。おめでとうございます! そのサントリーは、45-14と快勝。小野澤選手もトライをあげた。パナソニックとNTTドコモは、点の取り合いとなった。パナソニックの攻撃力が勝ったが、ドコモも4トライのボーナス点をとった。これは残留争いの中で大きなポイントになる。

◎トップリーグ第5節日曜の結果
NTTドコモレッドハリケーンズ●32-57○パナソニックワイルドナイツ(前半13-21)
コカ・コーラウエストレッドスパークス●12-31○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半0-24)
福岡サニックスブルース●0-59○ヤマハ発動機ジュビロ(前半0-28)
ホンダヒート●14-45○サントリーサンゴリアス(前半7-17)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天理大・全勝優勝ほか

土曜日は東大阪市の近鉄花園ラグビー場にいた。関西大学Aリーグの最終戦、天理大学対関西学院大学戦をJSPORTSで解説した。試合前に強い雨が降り注ぎ、濡れた芝生での試合になったが、天理がFB塚本の約80m独走トライなどで、前半10分までに17-3として、優位に試合を進めた。

天理は、CTBアイセア・ハベアが負傷欠場し、本来はSHの井上をSOに、SO立川をインサイドCTBにと、ひとつずつずらした。もっとも、これは昨季もあった布陣で、選手権を前にこれも試しておきたかった編成だった。序盤は、前に出たラックから井上が判断のいいパスでWTB木村、宮前らを走らせた。

関西学院もSO安部が自らのグラバーキックを押さえてトライを返すなど、なんとか離されずについていったが、後半は天理が常に相手陣で戦うことに成功し、立川のロングパスからのトライなどで突き放した。

試合後の天理には笑顔があふれたが、前節に優勝を決めていたこともあって、落ち着いた感じだった。小松節夫監督は「全勝優勝は選手たちがよく頑張った結果です。これから、関東勢に通用する部分、しない部分を見極めて、打倒・関東を目指したいですね」と淡々と語った。

立川キャプテンが、前日誕生日だったこともあって、試合後はサプライズのプレゼントが贈られた。「22歳、おめでとう。これからの飛躍を祈っていますって、刺繍が入っていました」。選手権に向けては、「関西のチームがいい試合をすれば、また関西ラグビーが盛り上がりますから」と関西王者として全力で戦うことを誓っていた。

◎関西大学A最終戦試合結果
天理大学○43-20●関西学院大学(前半22-13)

第48回全国大学ラグビーフットボール選手権大会の組み合わせ抽選会は、12月5日(月)の午後4時から行われるのだが、JSPORTSでは、これをインターネットのUストリームで動画配信することになった。
放送日時: (インターネット動画配信サイト【U stream】上でのライブ中継 動画配信)
12月5日(月)16時00分-17時00分(ライブ中継予定)
アクセスURL:http://www.rugby-japan.jp/またはhttp://www.jsports.co.jp/

トップリーグの土曜日の結果は以下の通り。東芝ブレイブルーパスの中居智昭選手、トップリーグ100試合出場達成、おめでとうございます。そして、現在パナソニックに所属するジャック・フーリー選手が来季から神戸製鋼入りするとの情報。この流れだと、神戸製鋼はもともと決まっていて、パナソニックが日本代表活動期間中のアイブス選手の負傷によって、外国人選手の枠ができたので急きょ獲得したというところか。いずれにしても、フーリーの獲得は大幅な戦力アップになるだろう。

◎トップリーグ第5節土曜の結果
NECグリーンロケッツ○23-8●リコーブラックラムズ(前半13-8)
東芝ブレイブルーパス○45-6●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半12-6)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○29-26●近鉄ライナーズ(前半18-10)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »